プロフィール

はかせ
はかせ

ezu-ken.com」をご覧いただきありがとうございます。

振動制御を学んだおかげで、実験・計測、モデリングと制御系設計、CAEと幅広く学び、出会いとチャンスにも恵まれ工学博士になりました。CAEが珍しくない今だからこそ、実験やリアルなモノづくりの体験がより重要になっていると考えています。

このブログは、音振の実験とシミュレーションとして、ハンマリング試験、実験モード解析、FEM(固有値解析)から作り始め、制御とモデリングやはかせ工房ではガンプラや電子工作なども紹介しています。

以下、ブログ運営者の「はかせ」のプロフィールを紹介しています。

はかせのプロフィール

大学では修士(大学院)までは進もうと考え、振動制御を専門に選び、出会いとチャンスに恵まれ博士になることができました。

大学の卒業研究は4足歩行ロボットでしたが、大学院で振動制御について本格的に学び、おかげさまで博士号を取ることができました。

その後も振動制御を選んだためだと思っているのですが、音振(おとしん)の計測、実験、モデリングとリアルタイム・シミュレーションと幅広く経験することができました。

仕事では、商品企画や技術サポート、情報システムの開発・運用、品質保証(ISO)など技術(開発)系に加え、品質マネジメントを担当してきました。

参考:ISOについてはこちら

基本的には技術系なので、

専門はなんですか?

と聴かれることがたまにあります。

はかせ
はかせ

振動と騒音、音振(おとしん)と振動制御です。

と、答えています。

音振(おとしん)は何となく伝わるのですが、振動制御については、超高層ビル(ランドマークタワーやスカイツリー)を例に説明することが多いです。

結果として振動制御を仕事にはしてはいませんが、振動制御を学んだことで実験からシミュレーションまで、技術的な基礎を幅広く身につけるためのよい経験となりました。

振動制御についての簡単な紹介

振動制御では、

  • 実験・計測データからモデリング
  • 制御系設計
  • シミュレーション
  • 実験による仮説検証
  • 結果のまとめ、発表と論文投稿

と実験からシミュレーションまで一通り行います。

また、実験装置の製作(モノづくり)、制御用基板作成など浅いながらも一通り経験することができたので、機械から電気まで自分の理解を深めたり説明する際に役立っています。

一方、振動制御はリアルタイム制御が当たり前だったので、リアルタイムの考え方が、計測や音の制御(フィルタリング)では異なることを知ったときは驚きました。

このブログのコンテンツ

このブログのカテゴリー一覧です。

カテゴリーごとの記事の一覧は、「サイトマップ」をご参照ください。

著作

このブログの記事から実験・計測とCAEの入門者向けにAmazonのKindle本を出版しました。

「FreeCADで始めるCAE設計入門」と「ハンマリング試験から始めるモード解析入門」は、技術系の内容ですが数式ほぼなしです。専門書やセミナーは難しいという方や教える立場の方の参考にもなっているようです。

はかせ
はかせ

おかげさまで売れています。どうもありがとうございます。

CAE設計入門はコンスタントに、時々ハンマリングが売れています。

Amazonへ:「FreeCADで始めるCAE設計入門

Amazonへ:「ハンマリング試験から始めるモード解析入門

ハンマリングのKindle出版したおかげで、ISO(品質)についてもKindle出版しました。

Amazonへ:「わかりやすい品質マニュアルの作り方

Amazonへ:「ISO内部監査の取扱説明書

タイトルとURLをコピーしました