戦闘機

戦闘機戦闘機

A-10 F-2 F-14 F-15EX F-15 F-16 F/A-18 EA-18G ステルス機  戦略爆撃機 空母の発艦・着艦

現在の戦闘機は、マルチロール機と呼ばれることが多いようです。

F-15EXの近代化改修(別物ですね)や、トップガンの2作目はF-14からF/A-18スーパーホーネットになったことがきっかけになり、気になる戦闘機についてGoogle先生やDeepLの翻訳に助けられながら調べています。

上記写真の出典は、USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像です。(トリミングしています。)


スポンサーリンク
戦闘機

F-15EXイーグルIIとF-22ラプターのジェットエンジンの違い

航空機の開発は機体とエンジンとに分けられ、開発メーカーは別の場合が多いようです。最強の戦闘機はF-15EXイーグルIIなのかF-22ラプターなのかは単純に比較することが難しいのですが、F-15EXとF-22のエンジンについてまとめています。
戦闘機

トップガン2作目の主役F/A-18スーパーホーネットとSR-71後継?Darkstar

「トップガン マーヴェリック」の主役機はF/A-18スーパーホーネット。空母の発艦・着艦や映画に関連する前作のF-14トムキャット、電子戦機EA-18G Growler、ステルス艦載機F-35CライトニングII、Darkstarと世界最速マッハ3のSR-71について説明します。
戦闘機

F-15EXイーグルIIとF-22ラプターの飛行性能とエンジン回りの設計

最強の戦闘機はF-22ラプターかF-15EXイーグルIIだと私は考えています。F-22ラプター、F-15EXイーグルII、F-35ライトニングII、F-16ファイティング・ファルコンを選び、飛行性能とエンジン回りの設計(レイアウト)をUSAF(米国空軍)の写真から比べてみました。
戦闘機

最強の戦闘機はF-15EXイーグルIIなのかF-22ラプターなのか?

「最強の戦闘機は?」との問いについて考えてみました。空を飛ぶということは、相手も飛んでいて天候や運用(戦い方)でも違います。F-22ラプター、F-15EXイーグルII、F-35ライトニングII、F-16ファイティング・ファルコンの4機を選び最強について考えます。
航空機いろいろ

隠れた最先端技術、米国の航空母艦のカタパルトによる発艦

空母からの戦闘機の発艦はカタパルトによる射出であり、空母への着艦は機体を甲板に叩きつけるようにしてアレスティング・ワイヤで止める荒技でもあるようです。空母からの発艦と着艦について、F/A-18スーパーホーネットとEA-18G Glowlerの写真で説明します。
戦闘機

EA-18G Growler:F/A-18Fスーパーホーネット・ファミリーの電子戦機

EA-18G Growlerは、F/A-18Fスーパーホーネットのファミリー機であり、米国海軍で運用される艦載機であり、電子戦に特化した機体です。主に米海軍のWebサイトからの情報から写真多めにまとめました。
戦闘機

最強のマルチロール戦闘機F-15イーグル(Advanced F-15E)

航空自衛隊にも導入されているF-15イーグルの最新型Advanced F-15Eについてまとめています。2021年2月に初飛行に成功し今後導入が進むと思われます。マルチロール戦闘機として高次元でバランスのとれた新型機になっていると思います。
戦闘機

F-16ベースという割に一回り大きい航空自衛隊のF-2支援戦闘機

ブルー系の配色がきれいなF-2支援戦闘機(F-2 Support Fighter)は、航空自衛隊の多用途戦闘機です。2020年に次期支援戦闘機の開発に着手したこちらも楽しみです。F-2の開発経緯や特長などについて写真を含めて説明しています。
戦闘機

戦闘機界のベストセラー、F-16ファイティング・ファルコン

F-16はF-15に負けず劣らずのライフサイクルでF-15に比べコストパフォーマンスに優れ、世界各国の主力戦闘機として導入され戦闘機界のベストセラーでもあるそうです。ロッキード・マーティン社Webサイトから最新のF-16について説明します。
戦闘機

トップガンと言えば長距離ミサイルと可変翼のF-14トムキャット

F-14トムキャット、2006年には全機退役の古い艦載機ですが、長距離ミサイルのフェニックスに可変翼、メカ的な面も好きなところです。タミヤのプラモデルが出ています。ガンプラの組み立てで精一杯な私は購入してませんが、欲しくなるのがF-14。
スポンサーリンク
はかせをフォローする
タイトルとURLをコピーしました