F-15Eストライク・イーグル:F-15Cイーグルの後継機

F-15の最新型はF-15EXイーグルIIですが、ここでは、F-15Cの後継となるF-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle)について、米国空軍のWebサイトの情報を主に写真で説明します。

F-15EXイーグルIIは、F-22ラプターよりに設計されたF-15の最新型です。一方、F-15Eストライク・イーグルは、歴史の長いF-15シリーズの延長線上で空対空と空対地にも対応できるよう設計されたF-15だと考えています。

なお、F-15のコンセプトなどについては、ボーイング社の情報を参考にまとめた以下の記事もご参照ください。

スポンサーリンク

最強の戦闘機F-15Eストライク・イーグルとは

F-15Eストライク・イーグルは、空対空と空対地の任務を遂行するために設計されたデュアル・ロール・ファイター(dual-role fighter)です。昼夜間、天候に左右されない戦闘能力を備えています。

これまでのこれまでのF-15は主として空対空戦闘の役割でしたが、F-15Eストライク・イーグルは、空対空と空対地両方のミッションで運用できるデュアル・ロール・ファイターとして設計されています。

パイロットとウェポン・システム・オフィサーの2人乗りで、長距離機動により目標に接近し、敵の地上陣地を破壊し、脱出する戦闘能力があります。

なお、映画「トップガン マーヴェリック」の主役機は、F/A-18スーパーホーネットも同様の任務を遂行できる米国海軍の艦載機です。

F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle)

Strike Eagle over the northeast An F-15E Strike Eagle departs after receiving fuel from a KC-135 Stratotanker, over the northeastern United States, Aug. 24, 2022. The F-15E is a dual-role fighter designed to perform air-to-air and air-to-ground missions with an array of avionics and electronics systems that give it the capability to fight at low altitude, day or night and in all weather. (U.S. Air Force photo by Senior Airman Hiram Martinez)

図1 F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

F-15Eの主な特徴

以下、F-15Eストライク・イーグルの主な特徴を列挙します。

ナビゲーションシステム

F-15Eストライク・イーグルのナビゲーションシステムは、次の様な機能を実現しています。

  • レーザージャイロと全地球測位システムによる機体位置の常時監視
  • パイロットとウェポン・システム・オフィサーの両コックピットのデジタル移動地図などの情報をセントラル・コンピュータなどに提供

APG-70レーダー

APG-70レーダーは、遠距離から地上の目標を探知することができるシステムで、次の様な特徴があります。

  • ターゲットエリアを攻撃(掃射)後、空対地マップの機能を停止し、空からの脅威を排除するために空対空モードに戻す。
  • 空対地武器の準備中、ウェポン・システム・オフィサーが地上目標を指定している間、パイロットは空対空目標を探知、照準、交戦することが可能です。

夜間低高度航法照準赤外線システム(LANTIRN)

夜間低高度航法照準赤外線システム(LANTIRN)は、夜間や天候を問わず低高度を飛行し、様々な精密誘導武器や無誘導武器で地上目標を攻撃することを可能にします。

LANTIRNシステムは、機体の外装に取り付けられた2つのポッドからなり、昼夜や悪天候の中でも比類のない精度で様々な武器を誘導することができます。

ナビゲーションポッド

ナビゲーションポッドには、地形追従レーダーが搭載されており、パイロットはヘッドアップディスプレイに表示される指示に従い超低空を安全に飛行することができます。

また、このシステムは航空機のオートパイロットと連動し、ハンズオフ(hands off、手を放して)での地形追従が可能です。

ターゲット・ポッド

ターゲット・ポッド(targeting pod)には、レーザー・デジグネーター(laser designator)とトラッキング・システム(tracking system)が搭載されており、長射程でターゲットを破壊するためにマーキングします。

追跡を開始すると、自動的にGPSやレーザー誘導弾に照準情報が送信されます。

F-15Eで最も重要な追加装備の1つ(後部コクピット)

F-15Eで最も重要な追加装備の1つは、ウェポン・システム・オフィサーのいる後部コックピットにあります。

  • 4つのスクリーンにレーダー、電子戦、赤外線センサーからの情報を表示し、航空機や武器の状態、脅威を監視し、ターゲットを選択し、電子ムービングマップ(moving map)を使ってナビゲートすることができます。
  • 2つのハンドコントロール(操作)により、新しいディスプレイに表示するデータを選択し、ターゲット情報を絞り込むために使用されます。
  • 表示内容は、ディスプレイオプションのメニューから選択し、あるスクリーンから別のスクリーンに変更させることができます。

パイロット用コクピット

パイロット席には、3つのスクリーンに加え、パイロットの目の高さに透明なガラス製のヘッドアップディスプレイがあり、重要な飛行・戦術情報を表示します。

パイロットは、武器の状態を確認するためにコックピットのスクリーンに目を落とす必要はありません。

夜間は、前方の赤外線センサーが生成する昼間の視界とほぼ同じ映像を表示するため、このスクリーンの重要性はさらに増します。

F-15Eストライク・イーグルのシミュレータ

141010-F-FM358-058 Retired Lt. Col. Robert Pardo surveys the surrounding area while in the F-15E Strike Eagle simulator at Seymour Johnson Air Force Base, N.C., Oct. 14, 2014. Pardo toured the base during his visit and spoke to the graduating pilots and weapons systems operators of the F-15E Basic Course. (U.S. Air Force photo/Airman 1st Class Ashley J. Thum)

図2 F-15Eストライク・イーグルのシミュレータ

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

搭載エンジン

F-15Eはプラット&ホイットニー社のF100-PW-220または229エンジンを2基搭載しており、次の様な先進のデジタル技術を取り入れることで性能向上を実現しています。

  • デジタル電子エンジン制御システムにより、F-15Eのパイロットはアイドル出力から最大アフターバーニングまで4秒以内に加速することができます。これは、従来のエンジン制御システムに比べ40%の向上となっています。
  • エンジンの加速が速くなれば、離陸も速く、パイロットの操縦に対するレスポンスもよくなります(機動性の向上)。
  • F100-PW-220エンジン推力:2基で22,679kg
  • F100-PW-229エンジン推力:2基で26,308kg

コンフォーマル燃料タンク

F-15Eの胴体を覆う形状で空気抵抗の小さいコンフォーマル燃料タンクには、それぞれ2,839m3の燃料を搭載することができます。

このタンクは、従来の武器ラックではなく短いパイロンに武器を搭載することで、抵抗を減らし、ストライク・イーグルの航続距離をさらに伸ばしています。

武装(空対地、空対空)

空対地任務のために、F-15Eは空軍の保有するほとんどの武器を搭載することができます。

空対空の武器には、AIM-9サイドワインダー(Sidewinder)、AIM-120(advanced medium range air-to-air missiles)高度中距離空対空ミサイル、空対空用のAMRAAMを搭載できます。

F-15Eには、最大500発の弾丸を搭載できる20mm砲を機体内部に装備しています。

写真で見るF-15Eストライク・イーグル

F-15Eストライク・イーグルをUSAF(米国空軍)のWebサイトの写真を使い説明します。

機体形状

F-15Eストライク・イーグルの機体形状を見ていきます。

下図は、機体上方からの写真です。

歴史のある機体であり、戦闘機として見慣れた形状でもあります。

2基のジェットエンジンを備え最強の戦闘機イーグルというのもうなずけます。

F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):上方から

Liberty Wing conducts flying operations An F-15E Strike Eagle assigned to the 492nd Fighter Squadron performs a flight maneuver above RAF Lakenheath, United Kingdom, April 15, 2020. The 492nd FS conducts daily routine training to provide combat capabilities to the region and its allies. (U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Madeline Herzog)

図3-1 F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):上方から

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、正面からの写真です。

ステルス機と違い直線的なデザインが分かります。

2基のジェットエンジンの空気取り入れ口は、可変タイプです。

機体形状の詳細については、以下の記事をご参照ください。

F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):正面から

Red Flag An F-15E Strike Eagle from the 366th Fighter Wing at Mountain Home Air Force Base, Idaho, taxis in after arriving at Nellis AFB, Nev., Feb 20 for Red Flag 09-3. Red Flag is a multinational exercise providing a realistic environment to practice combat scenarios. (U.S. Air Force photo/Airman First Class Brett C. Clashman)

図3-2 F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):正面から

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は側面の写真です。

空気取り入れ口の横にあるのは、コンフォーマル燃料タンクです。

F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):側面から

An F-15E Strike Eagle assigned to the 492nd Expeditionary Fighter Squadron takes off from Bagram Air Base, Afghanistan. The 492nd EFS is deployed from Royal Air Force Lakenheath, England. F-15Es fly close-air-support missions for Operation Enduring Freedom and contributed to 37 coalition sorties over Afghanistan Aug. 1. (Air Force photo/Staff Sgt. Craig Seals)

図3-3 F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):側面から

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は機体下面の写真です。

主翼と尾翼の形状、空気取り入れ口から真っすぐジェットエンジンへとつながっていることが分かります。

F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):下方から

An F-15E Strike Eagle assigned to the 494th Fighter Squadron flies over Royal Air Force Lakenheath An F-15E Strike Eagle assigned to the 494th Fighter Squadron flies over Royal Air Force Lakenheath, England, during a ‘Furious 48’ exercise Feb.11, 2020. The readiness exercise spans two days and ensures Liberty Wing Airmen remain postured and ready to deliver responsive combat air power capable of dominating any adversary. (U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Madeline Herzog)

図3-1 F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):下方から

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

離陸

F-15Eストライク・イーグルの離陸を見ていきます。

戦闘機の離陸時は攻撃側にとって好機となります。

いち早く離陸するため、離陸時にはアフタバーナーを使用したり、滑走路から車輪が離れるや否や格納し空気抵抗を減らしているそうです。

実践経験からのノウハウだと聞いたことがあります。

-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):上方から

Strike Eagle’s stay postured An F-15E Strike Eagle assigned to the 492nd Fighter Squadron takes off from Royal Air Force Lakenheath, United Kingdom, during routine training Nov. 3, 2020. An array of avionics and electronics systems gives the F-15E the capability to fight at low altitude, day or night and in all weather. (U.S. Air Force photo by Senior Airman Madeline Herzog)

図4 F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):離陸

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

着陸

F-15Eストライク・イーグルの着陸を見ていきます。

機体後方に立ち上がっているのは、エアブレーキです。

他に、寒冷地などの氷結や短距離着陸のためドラッグシュート(機体後部に格納されているパラシュート様のもの)を使うこともあります。

F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):離陸

Red Flag-Alaska 10-2 An F-15E Strike Eagle from Seymour Johnson Air Force Base, N.C., lands at Eielson AFB, Alaska, April 13, 2010, for Red Flag-Alaska 10-2. Red Flag-Alaska allows aircrews to practice large-scale combat missions over the Pacific Alaskan Range Complex with air operations flown out of Eielson AFB and Elmendorf AFB, Alaska. (U.S. Air Force photo/Staff Sgt. Tia Wilson)

図5 F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):離陸

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

空中給油

F-15Eストライク・イーグルの空中給油を見ていきます。

下図は、KC-46から空中給油を受けるF-15Eストライク・イーグルです。

空中給油の詳細は、以下の記事をご参照ください。

KC-135ストラトタンカー、軍用機の運用を変えた空中給油機
空中給油機は輸送機同様平坦を支える重要な役割を果たしています。KC-135ストラトタンカー(Stratotanker)は、空中給油に加え人員や貨物輸送にも使われます。F-22などの最新ステルス機や戦略爆撃機、艦載機F/A-18スーパーホーネットの空中給油を紹介します。
F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):空中給油(その1)

KC-46 refueling F-15E

図6-1 F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):空中給油(その1)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、KC-135 Stratotankerから空中給油を受けているF-15Eストライク・イーグルです。

F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):空中給油(その2)

Eglin Air Force Base key to Emerald Flag success A 96th Test Wing F-15E Strike Eagle prepares for in-flight refueling from a 155th Air Refueling Wing KC-135 Stratotanker during exercise Emerald Flag over the Gulf of Mexico, Dec. 3, 2020. More than 25 agencies participated in the exercise at Eglin Air Force Base, Fla. The exercise incorporated ground, space, cyberspace and air platforms for joint test and experimentation. (U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Joshua Hoskins)

図6-2 F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):空中給油(その2)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

駐機中

下図は、駐機中のF-15Eストライク・イーグルです。

タラップや安全ピンのフラッグなどを確認できます。

F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):駐機

332d AEW Red Tails Ready! An F-15E Strike Eagle assigned to the 332nd Air Expeditionary Wing sits on the flightine in an undisclosed location in Southwest Asia. (U.S. Air Force photo by Tech. Sgt. Paul Duquette)

図7 F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):駐機

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

搭載武器

F-15Eストライク・イーグルは、ミッションに応じて様々な武器などを搭載します。

以下に武装の搭載例を紹介します。

F-35のビーストモードの例外はありますが、ステルス機は基本機体内に武装を搭載しているのに対し、F-15など主翼下や胴体の下に搭載しています。

-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):武装例(その1)

Feb. 11 airpower summary: F-15Es deter enemy activity The F-15E Strike Eagle underwent development test and evaluation in the late 1980s and was delivered to the combat Air Force in time to play a significant role in the first Persian Gulf conflict. (U.S. Air Force photo/Master Sgt. Daniel Richardson)

図8-1 F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):武装例(その1)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):武装例(その2)

Dec. 14 airpower summary: F-15Es flies combat patrol mission An F-15E Strike Eagle flies a combat patrol mission over Afghanistan recently. The F-15E is from the 391st Expeditionary Fighter Squadron at Bagram Airfield, Afghanistan. (U.S. Air Force photo/Staff Sgt. Aaron Allmon)

図8-2 F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):武装例(その2)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):武装例(その3)

June 29 airpower summary: F-15Es bomb enemy rocket teams An Air Force F-15E Strike Eagle aircraft waits for his wingman after receiving fuel during a mission over Afghanistan. (U.S. Air Force photo/Master Sgt. Andy Dunaway)

図8-3 F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):武装例(その3)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

ミサイル等の発射

F-15Eストライク・イーグルからミサイル等の発射時の写真を紹介します。

下図は、AIM-7スパロー(Sparrow)を発射した直後の写真です。

奥の方のもう1機も同時に発射しています。

AIM-7スパローは、セミアクティブ・レーダー・ホーミング誘導方弾で、歴史の長い空対空誘導弾です。

F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):AIM-7

OVER THE GULF OF MEXICO — Two F-15E from the 90th Fighter Squadron, Elmendorf Air Force Base, Alaska, fire a pair of AIM-7Ms during a training mission. The mission took place over the Gulf of Mexico just off the coast of Florida. (U.S. Air Force photo)

図9-1 F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):AIM-7

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、GBU-27ペイブウェイ(Paveway)を投下した直後の写真です。

GBU-27ペイブウェイは、レーザー誘導爆弾です。

F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):GBU-27

Bombs away FILE PHOTO (AFPN) — An F-15E Strike Eagle drops GBU-27 laser guided bombs over the ranges north of Nellis Air Force Base, Nev., after flying a training mission during the extensive course. (U.S. Air Force photo)

図9-2 F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):GBU-27

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、GBU-28バンカーバスター(Bunker buster)を投下した直後の写真です。

GBU-28バンカーバスターは、レーザー誘導爆弾で、地下壕などの堅固な構造物を破壊するために使われます。

F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):GBU-28

Bunker buster away HILL AIR FORCE BASE, Utah — An F-15E Strike Eagle deployed from the 492nd Fighter Squadron, Royal Air Force Lakenheath, England, releases a GBU-28 “Bunker Buster” laser-guided bomb. The 492nd deployed here for the Air-to-Ground Weapons System Evaluation Program mission commonly known as Combat Hammer. The GBU-28 was designed and first used during the Perisan Gulf War in 1991 to destroy hardened targets such as bunkers and undergorund command centers. (U.S. Air Force photo by Tech. Sgt. Michael Ammons)

図9-3 F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):GBU-28

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、JDAM(Joint Direct Attack Munition)を投下した直後の写真です。

JDAMは、無誘導の爆弾に誘導できる装置を付加したものです。

F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):JDAM

More strike in the Eagle OVER FLORIDA — Capts. Nikolas Stengle and Chris Auger drop a joint direct attack munition from their F-15E Strike Eagle on June 13. They are assigned to the 336th Fighter Squadron. (U.S. Air Force photo by Capt. Joe Esler)

図9-4 F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):JDAM

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

フレア

F-15Eストライク・イーグルのフレアの写真を紹介します。

フレアは、赤外線誘導弾から逃げる場合に使います。

F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):フレア

190515-F-DN281-286 An F-15E Strike Eagle fighter jet assigned to Strike Aircraft Maintenance Unit shoots out flares during Gunsmoke over the Nevada Test and Training Range, Nev., May 15, 2019. Various aircraft to include the F-15E, F-15C, F-35 Lightning II, F-16 Fighting Falcon, A-10 Thunderbolt II and HH-60 helicopter competed in strafing runs for Gunsmoke. (U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Bryan Guthrie)

図10 F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):フレア

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

エンジン

F-15Eストライク・イーグルのエンジンを排気ノズル側から見てみます。

下図は、機体の後方からの写真で、排気ノズルが開がった状態です。

F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):エンジン(その1)

NORTHERN EDGE 2011 exercise Senior Airman Mitchell Lake conducts preflight checks on an F-15E Strike Eagle June 13, 2011, during the NORTHERN EDGE 2011 exercise at Eielson Air Force Base, Alaska. Airman Lake is a crew chief assigned to the 391st Aircraft Maintenance Unit at Mountain Home Air Force Base, Idaho. (U.S. Air Force photo/Staff Sgt. Christopher Boitz)

図11-1 F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):エンジン(その1)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、離陸時の写真です。

排気ノズルが絞られている様子が分かります。

F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):エンジン(その2)

Eagles in the air at RAF Lakenheath An F-15E Strike Eagle, assigned to the 492nd Fighter Squadron, takes off at RAF Lakenheath, United Kingdom, Oct. 14, 2020. The 48th Fighter Wing engages in daily training to maintain a ready force, able to safeguard U.S. national interests and the collective defense of the NATO alliance. (U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Jessi Monte)

図11-2 F-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle):エンジン(その2)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

F-15イーグルの歴史

F-15は、高いエンジン推力重量比と低い翼面荷重により、優れた操縦性と加速性を実現しています。

これにより、F-15は米国で初めてエンジンの推力が機体重量を上回り、垂直上昇中でも加速できるようになった航空機でもあります。

低翼面荷重(翼面積に対する機体重量の割合)は、操縦(機動)性に重要な要素であり、高い推力重量比と相まって、対気速度を落とさずに機体を旋回させることができます。

F-15の米国空軍への導入状況を列挙します。

1972年7月:F-15A初飛行

  • 1972年7月:F-15Aが初飛行

1974年11月:最初の引き渡しと訓練開始

  • 1974年11月:アリゾナ州ルーク空軍基地の第58戦術戦闘機訓練飛行隊に最初のイーグルが引き渡され、F-15AとBの両機で訓練が開始された。

1976年1月:F-15初号機引き渡し

  • 1976年1月:戦闘飛行隊向けのF-15初号機がバージニア州ラングレー空軍基地の第1戦術戦闘飛行隊に引き渡された。

1979年:F-15C/D納入

  • 1979年には単座型のF-15Cと2座型のF-15Dが空軍に在籍となり、日本の嘉手納基地に最初に納入された。

これらのモデルは、907kgの追加内部燃料、外部コンフォーマル燃料タンクの搭載、最大離陸重量の30,844kgへの増加など、生産型イーグルパッケージの改良が施されていた。

1988年4月:F-15Eの量産初号機納入

F-15Eの最初の量産機は、1988年4月にアリゾナ州ルーク空軍基地、第405戦術訓練飛行隊に納入された。

1989年9月:初期運用能力獲得

1989年9月に、初期運用能力を獲得しました。

F-15Eストライク・イーグルの諸元

米国空軍のWebサイトの情報から主要諸元を下表に示します。

全長19.44 m
全高5.6 m
全幅13 m
エンジン
  • P&W製F-100-PW-220 or 229
  • アフターバーナー付ターボファンエンジン
  • 推力:11,339~13,154kgf (1基当たり)
  • 推力:22,679kg~26,308kg (2基)
重量17,010 kg
最大離陸重量36,450 kg
速度3,017 km/h (マッハ2.5以上) 
高度18,288m
航続距離

3,840km

  • コンフォーマル燃料タンクと外部燃料タンク3基を使用した場合のフェリー航続距離
燃料搭載容量

16,125kg

  • 外部タンク3基+コンフォーマル・フューエル・タンク
武装(例)
  • 20mmマルチバレルガン1基を内部に搭載(500発の弾薬)
  • AIM-9サイドワインダー・ミサイル4発、AIM-120 AMRAAMミサイル4発、またはAIM-120 AMRAAMミサイル8発。
  • 空軍が保有するあらゆる空対地武器(核及び通常武器)
乗員パイロットとウェポン・システム・オフィサー

参考リンク

この記事は、主に以下のWebサイトの情報をまとめています。

英文サイトを和訳していることと、私の理解した内容なので正確な情報は、以下の情報をご参照ください。

  • USAF(米国空軍)のF-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle)の紹介ページ
F-15E Strike Eagle
MissionThe F-15E Strike Eagle is a dual-role fighter designed to perform air-to-air and air-to-ground missions. An array of avionics and electronics systems giv...
スポンサーリンク

まとめ

F-15の最新型はF-15EXイーグルIIです。F-15EXイーグルIIは、F-22ラプターよりに設計されたF-15シリーズの最新型です。

一方、F-15Eストライク・イーグルは、歴史の長いF-15シリーズの延長線上で空対空と空対地にも対応できるよう設計されたF-15だと考えています。

ここでは、F-15Cイーグルの後継機であるF-15Eストライク・イーグル(Strike Eagle)について、米国空軍のWebサイトの情報を主に写真を使い以下の項目で説明しました。

  • 最強の戦闘機F-15Eストライク・イーグルとは
    • F-15Eの主な特徴
    • ナビゲーションシステム
    • APG-70レーダー
    • 夜間低高度航法照準赤外線システム(LANTIRN)
    • ナビゲーションポッド
    • ターゲット・ポッド
    • F-15Eで最も重要な追加装備の1つ(後部コクピット)
    • パイロット用コクピット
    • 搭載エンジン
    • コンフォーマル燃料タンク
    • 武装(空対地、空対空)
  • 写真で見るF-15Eストライク・イーグル
    • 機体形状
    • 離陸
    • 着陸
    • 空中給油
    • 駐機中
    • 搭載武器
    • ミサイル等の発射
    • フレア
    • エンジン
  • F-15イーグルの歴史
    • 1972年7月:F-15A初飛行
    • 1974年11月:最初の引き渡しと訓練開始
    • 1976年1月:F-15初号機引き渡し
    • 1979年:F-15C/D納入
    • 1988年4月:F-15Eの量産初号機納入
    • 1989年9月:初期運用能力獲得
  • F-15Eストライク・イーグルの諸元
  • 参考リンク
はかせ

サイト管理人で記事も書いているモノづくり会社の品証勤務。振動制御で工学博士なれど、いろいろ経験して半世紀。
詳細は「はかせ」をクリック!

はかせをフォローする
戦闘機
スポンサーリンク
はかせをフォローする
実験とCAEとはかせ工房
タイトルとURLをコピーしました