ステルス機

ステルス機ステルス機

ステルス技術は、世界初のステルス機F-117に始まり、F-22F-35B-1BやB-2などの戦略爆撃機にも応用され、航空戦力の使い方(戦い方)が変わりました。F-15EXイーグルIIなどと共に統合運用されています。

上記写真の出典は、USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からのF-15EXの画像です。(トリミングしています。)


スポンサーリンク
戦略爆撃機

戦略爆撃機:B-2 Spiritステルス・ボンバー、無尾翼の戦略爆撃機

2021年現在、米国の戦略爆撃機は、B-52H Stratofortress、可変翼のB-1B Lancer、ステルスで無尾翼のB-2 Spirit、さらに最新型のB-21が開発中です。機体形状に特徴のあるB-2 Spiritについて、米国空軍とボーイング社のWebサイト情報を元に紹介します。
戦略爆撃機

B-1A:後にB-1B Lancerとなるマッハ2超えの戦略爆撃機

2021年現在米国の戦略爆撃機はB-52H Stratofortress、可変翼のB-1B Lancer、ステルスで無尾翼のB-2、さらに最新型のB-21の開発が進んでいます。B-1Aは、B-52の後継として長距離・高速(マッハ2.2)の戦略爆撃機として試作され、後にB-1B Lancerとなりました。
2021.11.27
戦略爆撃機

戦略爆撃機:B-1B Lancer可変翼ステルスの長距離多目的超音速爆撃機

2021年米国の戦略爆撃機は、B-52H、可変翼のB-1B、無尾翼のB-2、さらに最新型のB-21が開発中です。B-1B Lancerは珍しい可変翼機で様々な誘導・無誘導武器を大量に搭載可能かつステルス性にも優れています。米国空軍とボーイング社の情報から紹介します。
2021.11.27
ステルス機

F-22ラプター:戦域での航空支配という新しい戦い方を実現

F-22ラプターは、ロッキード・マーチン社とボーイング社が共同開発した第5世代のステルス戦闘機です。F-35と比べるとカタログ・スペックでは表せない、使用技術やステルス機としての性能そのものがF-22の方が優れていると考えています。
2021.11.27
飛行機の世界初

世界初のステルス機F-117ナイトホーク(Nighthawk)退役後訓練で運用

2020年代のステルス戦闘機と言えば、F-22ラプターや航空自衛隊にも導入されたF-35が有名ですが、世界初のステルス機として実戦投入されたのがF-117ナイトホークです。平面が際立つ独特の機体形状で正式退役後、訓練で2021年現在運用中。
2021.11.27
ステルス機

ステルス戦闘機F-35は標準型と垂直離着陸型と艦載機の3タイプ

F-35は、第5世代のステルス戦闘機です。空軍向けの基本タイプがF-35A、海兵隊向けに垂直離着力可能なF-35B、そして艦載機としてF-35Cがあります。他の戦闘機や艦船などとの情報網を利用した運用が可能なF-35についてまとめています。
2021.11.27
スポンサーリンク
はかせをフォローする
タイトルとURLをコピーしました