戦略爆撃機:B-2 Spiritステルス・ボンバー、無尾翼の戦略爆撃機

2021年現在、米国の爆撃機は、B-52H Stratofortress、可変翼のB-1B Lancer、ここで紹介するステルスで無尾翼のB-2 Spirit、さらに最新型のB-21の開発が進んでいます。

B-2 Spiritは、機体形状に特徴のある無尾翼の戦略爆撃機です。戦略爆撃機近代化により、B-1B Lancerは退役、B-52H StratofortressとB-21による運用になるようです。

ここでは、ステルスで無尾翼の戦略爆撃機B-2 Spiritについて、主に米国空軍とボーイング社のWebサイトからの情報を元に説明します。

スポンサーリンク

写真で見るB-2 Spirit

B-2 Spiritは、通常兵器と核弾頭の両方を搭載できるマルチロール爆撃機です。

その特徴的な外観だけでなく技術的に飛躍的な進歩を遂げたこの戦略爆撃機は、米国の爆撃機近代化計画の中で重要なマイルストーンとなっています。

B-2 Spiritは、短時間で大規模な火力を地球上のあらゆる場所に運べるだけでなく、これまでは侵入できなかった防御網を突破することができます。

まずは、米国空軍のWebサイトからの写真でB-2 Spiritを紹介します。

B-2 Spiritの独創的な機体形状

まずは、B-2 Spiritの特徴的な機体形状から。下図の通り無尾翼機です。

B-2 Spirit

A B-2 Spirit from the 509th Bomb Wing, 13th Bomb Squadron Whiteman Air Force Base, Mo., flies over the Pacific Ocean during a mission exercise. The long-range, strategic bombers are part of the continuous rotating bomber presence deployed to Andersen Air Force Base, Guam. The rotating bomber units promote security and stability in the region as well as provide unique aircrew training opportunities. (U.S. Air Force photo/ Master Sgt. Kevin J. Gruenwald) released

図1 B-2 Spirit

出典:ANDERSEN AIR FORCE BASE(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像(トリミングしています)

B-2 Spiritの機体サイズ:戦略爆撃機や戦闘機との比較

B-2 Spiritの大きさを見ていきます。

下図は、B-2 Spirit、B-52 Stratofortress、B-1 Lancerです。

B-2 Spirit、B-1B LancerとB-52 Stratofortress(Putting on a show)

A B-1 Lancer, B-2 Spirit and B-52 Stratofortress perform a flyover during the 2017 Barksdale Air Force Base air show, May 6, 2017. Air Force pilots flew their combat-capable airframes in honor of the 8th Air Force, as Airmen and their families celebrated the unit’s storied heritage which dates back to 1942. (U.S. Air Force photo/Senior Airman Curt Beach)

図2 B-2 Spirit、B-1B LancerとB-52 Stratofortress

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、B-2 SpiritとB-52 Stratofortressです。

機体形状が大きく違うことが分かります。

B-52 Stratofortressは、大型旅客機や輸送機のイメージがありますが、B-2 Spiritは主翼だけでブーメランの様な形状にも見えます。

B-2 SpiritとB-52 Stratofortress

A B-2 Spirit and B-52 Stratofortress fly in formation over Shreveport, La., May 10 during the open house and air show at Barksdale Air Force Base, La. The air show featured modern day bombers, and commemorated the 75th anniversary of the base. (U.S. Air Force photo/Staff Sgt. Samuel Rogers)

図3 B-2 SpiritとB-52 Stratofortress

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、大きさの違いが分かりませんが、B-2 Spirit、F-15C EagleとF-15E Strike Eaglesです。

B-2 Spirit、F-15C EagleとF-15E Strike Eagles:Air Power

A U.S. Air Force B-2 Spirit bomber assigned to the 509th Bomb Wing, F-15C Eagle, and F-15E Strike Eagles assigned to the 48th Fighter Wing, fly in formation during a Bomber Task force mission over the North Sea, Aug. 25, 2021. U.S. forces routinely operate across the globe to forward locations, remaining flexible and agile for rapid response to changes in the operational environment. (U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Rachel Maxwell)

図4 B-2 Spirit、F-15C EagleとF-15E Strike Eagles

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、ほぼ真上から見た駐機中のB-2 Spirit、左側がF-18 Hornet、右側が2機のF-16 Fighting Falconです。

戦闘機と比べるとその大きさの違いが分かりやすいと思います。

B-2 Spirit、F-18 HornetとF-16 Fighting Falcon:Joint training at Valiant Shield

Joint training at Valiant Shield A B-2 Spirit, two F-16 Fighting Falcons and an F-18 Hornet sit on the flightline at Andersen Air Force Base, Guam, for Exercise Valiant Shield on Thursday, June 22. The exercise, which concludes June 23, focuses on integrated joint training in a variety of mission scenarios. (U.S. Air Force photo/Staff Sgt. Bennie J. Davis III)

図5 B-2 Spirit、F-18 HornetとF-16 Fighting Falcon

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

B-2 Spiritの機体形状:いろんな方向から

B-2 Spiritをいろいろな方向から見てみます。

まずは、上方からB-2 Spiritの全体から。無尾翼であり、左右の空気取入口やデルタ翼の後ろ側の形状は、ステルス機特有のデザインが見られます。

下図は、1989年のB-2 Spirit初飛行時のものです。

B-2 Spirit:上から全体

B-2 first flight The B-2 stealth bomber completed its first flight at Edwards Air Force Base, Calif., July 17, 1989. (Courtesy photo)

図6 B-2 Spirit:上から全体

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、まるでF-35A Lightning IIを背負っているように見えますが、B-2 Spiritの薄い機体形状や機体表面に突起のないことを確認できます。

B-2 Spirit:横から

A U.S. Air Force B-2A Spirit assigned to the 509th Bomb Wing at Whiteman Air Force Base, Mo., and a Royal Netherlands Air Force F-35A Lightning II conduct aerial operations in support of Bomber Task Force Europe 20-2 over the North Sea, March 18, 2020. Bomber missions provide opportunities to train and work with NATO allies and theater partners in combined and joint operations and exercises. (U.S. Air Force photo by Master Sgt. Matthew Plew)

図7 B-2 Spirit:横から

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

B-2 Spiritの正面全体の画像が見つからなかったので、以下の3枚の図を見比べてみてください。

下図では、機体上面は主翼以外に操縦席と格納庫部分、左右のエンジン部分の他は、突起もなく薄い形状であることが分かります。

B-2 Spirit:正面から(その1)

Air Force officials have awarded a contract to Northrop Grumman Corporation to provide advanced state-of-the-art radar components as part of a radar modernization program for the for the B-2 Spirit bomber. (U.S. Air Force photo/Staff Sgt. Bennie J. Davis III)

図8 B-2 Spirit:正面から(その1)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図から、主翼が非常に薄くなっていること、エンジン部分による盛り上がりを最小限に抑えていることが分かります。

B-2 Spirit:正面から(その2)

A 509th Bomb Wing B-2 Spirit conducts a fly-by during the Scott Air Force Base 2017 air show and open house June 11, 2017, which celebrates the base’s 100th anniversary. The B-2 is a multi-role bomber capable of delivering both conventional and nuclear munitions and represents a major milestone in the bomber modernization program. With a crew of two pilots, this aircraft brings a massive firepower to bear, in a short time, anywhere on the globe through impenetrable defenses. (U.S. Air Force photo by Senior Airman Tristin English)

図9 B-2 Spirit:正面から(その2)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図の左右のエンジン上部に見える、各々2個の情報に開いている部分は、離陸時にも同様に開いている画像があるので空気取入口ではないかと思っています。

B-2 Spirit:正面から(その3)

The B-2 “Spirit of Missouri” taxis on the north ramp Aug. 10 at Whiteman Air Force Base, Mo., as part of the wing’s nuclear operational readiness exercise. The multiple aircraft fly-off tests the skills and operations of the 509th Bomb Wing at Whiteman. (U.S. Air Force photo/Senior Airman Jason Huddleston)

図10 B-2 Spirit:正面から(その3)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図から、左右のエンジン排気口は、機体上面側が開いていることが分かります。

また、主翼のステルス機特有の形状、左右対称、主翼両端の形状、空気取入口や主翼後部のギザギザ形状などを確認できます。

B-2 Spirit:上から

A B-2 Spirit, two F-16 Fighting Falcons and an F-18 Hornet sit on the flightline at Andersen Air Force Base, Guam, for Exercise Valiant Shield on Thursday, June 22. The exercise, which concludes June 23, focuses on integrated joint training in a variety of mission scenarios. (U.S. Air Force photo/Staff Sgt. Bennie J. Davis III)

図11 B-2 Spirit:上から

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像(トリミングしています)

B-2 Spiritの機体下部も突起物がないデザインとなっています。

様々な武器は機体内に格納することができます。

B-2 Spirit:下方から

An aircrew flies a B-2 Spirit over the airfield as part of an aerial demonstration for the 2010 Airpower Over the Midwest Air Show Sept. 11, 2010, at Scott Air Force Base, Ill. The B-2 is assigned to Whiteman AFB, Mo. (U.S. Air Force photo/Master Sgt. Scott T. Sturkol)

図12 B-2 Spirit:下方から

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図から、B-2 Spiritのエンジン部分が、胴体中央ぶから主翼へと滑らかにつながる形状となっていることが分かります。

B-2 Spirit:後方から(その1)

A B-2 Spirit flies to the North Pole Oct. 27, 2011, on a test mission from Edwards Air Force Base, Calif. The polar flight helped ensure that the B-2 maintains its global combat power capability in all environments with new computers for future growth and sustained contributions to the greater Air Force mission. (U.S. Air Force photo/Bobbi Zapka)

図13 B-2 Spirit:後方から(その1)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

B-2 Spiritの滑らかな機体形状と、主翼後部の補助翼を確認できます。

B-2 Spirit:後方から(その2)

The B-2 Spirit is a multi-role bomber capable of delivering both conventional and nuclear munitions. A dramatic leap forward in technology, the bomber represents a major milestone in the U.S. bomber modernization program. The B-2 brings massive firepower to bear, in a short time, anywhere on the globe through previously impenetrable defenses. (U.S. Air Force photo)

図14 B-2 Spirit:後方から(その2)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

スポンサーリンク

B-2 Spirit

B-2 Spiritは、有人爆撃機に特有の柔軟性と有効性を備え、21世紀になっても強力で効果的な抑止力と戦闘力を発揮しています。

視認性の低いステルス特性により、発見されることなく敵の防御網を突破し、幾重にも守られた目標に近づくことができます。

B-2 Spiritは、左席にパイロット、右席にミッションコマンダーの2人乗りです。なお、B-1B Lancerは4人乗り、B-52は5人乗りです。

B-2 Spiritの特徴:見つかりにくいため高高度での行動の自由度が高い

B-2 Spiritの特徴の1つは、巨大な機体サイズからは想像できない程の低視認性です。

高高度において自由に行動できるため、長大な航続距離と相まって、搭載している様々なセンサーの視野を広げることができます。

B-2 Spiritの低視認性(見つかりにくさ)は、赤外線、音響、電磁、視覚、レーダーの各信号が低減されていることによるものです。この技術の多くは、当然のことながら機密扱いとなっています。

B-2 Spiritに使われている複合材料、特殊コーティング、無尾翼(飛行翼)のデザインなどは、ステルス性を高めることに役立っています。

はかせ
はかせ

見つかりにくいというと、レーダーを連想しますが、例えレーダーなどで発見できたとしても、迎撃する戦闘機やミサイルがB-2 Spiritを捉えることができなければ、事実上無敵状態になるということかと思います。

B-2 Spiritの特徴:高い空力特性による航続距離

無給油での航続距離は、約6,000海里(9,600km)です。

もちろん、空中給油も可能なので、航続距離による制限は事実上ないと考えることもできます。

はかせ
はかせ

地球の円周が約40,000kmです。地球の反対側までなら20,000km。

戦略爆撃機の航続距離は、「大陸間(Intercontinental)」とされています。

B-2 Spiritの特徴:大量の武器を機体内に搭載

ステルス性を犠牲にすることなく、様々な種類の大量の武器を機体内に搭載できます。

写真で見るB-2 Spiritの特徴:独特な形状の機首

B-2 Spiritの機首と胴体と主翼が一体となった形状を確認できます。

B-2 Spirit:一体化された機首と胴体と主翼

A B-2 Spirit returns to Whiteman Air Force Base, Mo., March 20, 2011, after a mission. (U.S. Air Force photo/Senior Airman Kenny Holston)

図15 B-2 Spirit:一体化された機首と胴体と主翼

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

写真で見るB-2 Spiritの特徴:エンジン部分(空気取入口)

B-2 Spiritのエンジンの主翼に埋まったような形状の空気取入口の形状、操縦席や主翼表面に突起物がない形状であることを確認できます。

はかせ
はかせ

コーションマークなどガンプラみたいです。

実際は逆に、コーションマークを付けることで、ガンプラがリアルに見えるということになります。

B-2 Spirit:エンジン部分(空気取入口)

A 509th Bomb Wing B-2 Spirit flies over the United Kingdom during the Bomber Task Force training exercise, Aug. 29, 2019. Training with partners, allied nations and other U.S. Air Force units contributes to global readiness and strengthens enduring and strategic relationships. (U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Jordan Castelan)

図16 B-2 Spirit:エンジン部分(空気取入口)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

写真で見るB-2 Spiritの特徴:補助翼

B-2 Spiritの主翼後部の補助翼の形状が分かります。

また、操縦席、エンジン、主翼が滑らかにつながった薄い形状を確認できます。

B-2 Spirit:補助翼(その1)

WHITEMAN AIR FORCE BASE A B-2 Stealth bomber returns from a mission March 20, 2011. (U.S. Air Force photo by Senior Airman Kenny Holston)(Released)

図17 B-2 Spirit:補助翼(その1)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

B-2 Spiritの機首から胴体後部への形状、埋め込まれたようなエンジン部分を確認できます。

B-2 Spirit:補助翼(その2)

A B-2 Spirit assigned to Whiteman Air Force Base, Mo., prepares to take off at RAF Fairford, United Kingdom, March 20, 2020. The aircraft is deployed as part of Bomber Task Force Europe, which tests the readiness of Airmen and equipment, and their ability to operate at forward locations. (U.S. Air National Guard photo by Tech. Sgt. Colton Elliott)

図18 B-2 Spirit:補助翼(その2)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

写真で見るB-2 Spiritの特徴:ウェポンベイ

B-2 Spiritの巨大なウェポンベイの扉を確認できます。

白い階段は、搭乗用かと思います。

B-2 Spirit:ウェポンベイ(その1)

A B-2 Spirit deployed from Whiteman Air Force Base, Mo., began flying operations Oct. 16 at Andersen AFB, Guam. The B-2 is a multi-mission capable, state-of-the-art platform equipped with low-observable stealth technology. The stealth bomber Airmen deployed here will be fully integrated with the rest of the 36th Wing to take full advantage of integrated training opportunities. (U.S. Air Force photo/Senior Airman Brian Kimball)

図19 B-2 Spirit:ウェポンベイ(その1)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

虹がかかっているきれいな写真です。

補助翼の様子も確認できます。

B-2 Spirit:ウェポンベイ(その2)

A B-2 Spirit, deployed from Whiteman Air Force Base, Mo., is staged on the flightline at Joint Base Pearl Harbor-Hickam, Hawaii, Jan. 30, 2019. Three B-2s and more than 200 Airmen deployed to JB Pearl Harbor-Hickam in support of U.S. Strategic Command’s Bomber Task Force mission. During the BTF mission, 37 sorties were flown for a total of 171 hours, with eight of the missions including F-22 Raptor integration. (U.S. Air Force photo by Senior Airman Thomas Barley)

図20 B-2 Spirit:ウェポンベイ(その2)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

写真で見るB-2 Spirit:空中給油

KC-135 Stratotankerとの空中給油の写真です。

操縦席後方の給油口は給油時にのみ出てきて、通常はフラットになっています。

B-2 Spirit:空中給油

A KC-135 Stratotanker assigned to the 100th Air Refueling Wing Royal Air Force Mildenhall, England, prepares to transfer fuel to a B-2 Spirit from Whiteman Air Force Base, Mo., off the coast of Spain, June 13, 2017. Two B-2s deployed to the U.K. to participate in theater bomber assurance and deterrence operations. Bomber deployments enhance the readiness and training necessary to respond to any contingency or challenge across the globe. (U.S. Air Force photo/Staff Sgt. Micaiah Anthony)

図21 B-2 Spirit:空中給油

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

写真で見るB-2 Spirit:JDAM

B-2 SpiritからJDAMを投下しています。

ウェポンベイの大きさも分かります。

B-2 Spirit:JDMA投下

HILL AIR FORCE BASE, Utah — A B-2 Spirit drops 32 inert Joint Direct Attack Munitions Aug. 27 at the Utah Testing and Training Range here.

図22 B-2 Spirit:JDMA投下

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

写真で見るB-2 SpiritとF-117

B-2 SpiritとF-117です。

世界初のF-117とは、機体の大きさだけでなく、直線と三角形を基調としたF-117と曲面を中心に構成されたするB-2と、形状も大きく違い、同じステルス性でも設計思想が大きく変わっていることが分かります。

B-2 SpiritとF-117

FILE PHOTO — A B-2 Spirit bomber is followed by two F-117 Nighthawks during a mission. The B-2 is a multi-role bomber capable of delivering both conventional and nuclear munitions. A dramatic leap forward in technology, the bomber represents a major milestone in the U.S. bomber modernization program. The B-2 brings massive firepower to bear, in a short time, anywhere on the globe through previously impenetrable defenses. (U.S. Air Force photo)

図23 B-2 SpiritとF-117

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

スポンサーリンク

B-2 Spiritの歴史

B-2 Spiritの歴史を簡単に紹介します。

1988年11月:初号機公開

カリフォルニア州パームデールにある空軍プラント42の格納庫から運び出されたB-2の初号機が公開されました。

1989年7月:初飛行

カリフォルニア州エドワーズ空軍基地にある空軍飛行試験センターのB-2複合試験部隊は、B-2のエンジニアリング、製造、開発用航空機の飛行試験を担当しています。

1993年12月:初号機納入

初号機「スピリット・オブ・ミズーリ」は1993年12月17日に納入されました。

ミズーリ州ホワイトマン空軍基地は、B-2の唯一の運用基地です。

1997年7月:初期運用能力

1997年7月、初期運用能力を獲得しました。

2003年12月:運用能力獲得

同機は2003年12月に完全な運用能力ステータスを得ました。

2021年現在運用中

2009年2月、空軍の新しい司令部である空軍グローバルストライク司令部が、空軍戦闘司令部からB-2の責任を引き継いでいます。

B-2 Spiritの諸元

B-2 Spiritは、マルチロールの戦略爆撃機です。

米国空軍のWebサイトの情報から主要諸元を下表に示します。

全長20.9 m
全高5.1 m
全幅(翼幅)52.12 m
エンジン
  • GE製F118-GE-100エンジン 4基
  • 7,847 kgf(1基当たり)
重量72,575 kg
最大離陸重量152,634 kg
燃料搭載量75,750 kg
ペイロード18,144 kg(機体内)
速度亜音速
航続距離大陸間(Intercontinental)
巡航高度15,240 m
武装通常兵器または核兵器
乗員
  • 2 名
  • パイロット、ミッションコマンダー

参考リンク

この記事は、主に以下のWebサイトの情報をまとめています。

英文サイトを和訳していることと、私の理解した内容なので正確な情報を知りたい場合には、以下の情報をご参照ください。

  • USAF(米国空軍)のB-2の紹介ページ
B-2 Spirit
The B-2 Spirit is a multi-role bomber capable of delivering both conventional and nuclear munitions. A dramatic leap forward in technology, the bomber represent...
スポンサーリンク

まとめ

2021年現在、米国の爆撃機は、B-52H Stratofortress、可変翼のB-1B Lancer、ここで紹介するステルスで無尾翼のB-2 Spirit、さらに最新型のB-21の開発が進んでいます。

機体形状に特徴のあるステルスで無尾翼の戦略爆撃機B-2 Spiritについて、主に米国空軍とボーイング社のWebサイトからの情報を元に以下の項目で説明しました。

  • 写真で見るB-2 Spirit
    • B-2 Spiritの独創的な機体形状
    • B-2 Spiritの機体サイズ:戦略爆撃機や戦闘機との比較
    • B-2 Spiritの機体形状:いろんな方向から
  • B-2 Spirit
    • B-2 Spiritの特徴:見つかりにくいため高高度での行動の自由度が高い
    • B-2 Spiritの特徴:高い空力特性による航続距離
    • B-2 Spiritの特徴:大量の武器を機体内に搭載
    • 写真で見るB-2 Spiritの特徴:独特な形状の機首
    • 写真で見るB-2 Spiritの特徴:エンジン部分(空気取入口)
    • 写真で見るB-2 Spiritの特徴:補助翼
    • 写真で見るB-2 Spiritの特徴:ウェポンベイ
    • 写真で見るB-2 Spirit:空中給油
    • 写真で見るB-2 Spirit:JDAM
    • 写真で見るB-2 SpiritとF-117
  • B-2 Spiritの歴史
    • 1988年11月:初号機公開
    • 1989年7月:初飛行
    • 1993年12月:初号機納入
    • 1997年7月:初期運用能力
    • 2003年12月:運用能力獲得
    • 2021年現在運用中
  • B-2 Spiritの諸元
はかせ

振動制御を入り口に実験・計測とCAE、モデリングに制御と幅広く学び、出会いとチャンスにも恵まれ工学博士になりました。
CAEが珍しくない今だからこそ、実験やリアルなモノづくり体験が必要だと考えています。

はかせをフォローする
ステルス機戦略爆撃機
スポンサーリンク
はかせをフォローする
実験とCAEとはかせ工房
タイトルとURLをコピーしました