戦略爆撃機:2022年5月現在 B-21 Raiderの開発進捗状況は順調な様子

2022年5月現在、米国の最新型戦略爆撃機B-21 Raiderの開発は、順調に進んでいるようです。

主にノースロップ・グラマン社の2022年5月25日のニュース記事「B-21 Raider’s Path to Flight Readiness」から、現在のB-21 Raiderの開発状況についてまとめました。

なお、翻訳にはDeepLを使い私の理解した内容なので、正確な情報はノースロップ・グラマン社の情報をご確認ください。

スポンサーリンク

2022年5月現在のB-21 Raider開発状況

2022年5月上旬、B-21 Raider初号機のノースロップ・グラマン社におけるロード・キャリブレーション・テスト(loads calibration test)は、良好な結果を得られたようです。

ロード・キャリブレーション・テストとは、デジタルモデル(CAEモデル)と実際の初号機に負荷をかけて試験した結果とを比較し、デジタルモデルの信頼性を評価する試験の1つだと私は考えています。

現在初飛行に向け最初の段階における主要な試験の1つがロード・キャリブレーション・テストであり、最も重要な試験でもあります。

ロード・キャリブレーション・テストでは、飛行前の計器類の校正(calibrating instrumentation)と構造的完全性(structural integrity)の確認に重点がおかれています。

初飛行前の準備段階における試験では、様々なストレスへの耐性を確認します。

地上試験項目としては、ロード・キャリブレーション・テストの他、次の様な項目があり、これらの試験を経て初飛行に進むことができます。

  • 機体への電源投入
  • サブシステムでの試験
  • コーティング(表面処理)と渡渉

これらの試験の後、さらに次の試験を行います。

  • エンジン稼働状態での走行
  • 低速飛行試験
  • 高速飛行試験

こうして初飛行への準備を段階的に進めます。

B-21 Raiderの開発は順調に進んでいるようですが、これはノースロップ・グラマン社が設計、開発、製造の段階を通して、リスク低減と生産準備を重視してきたリスクベースのアプローチによるもののようです。

B-21 Raiderの開発予定(目標)

現在、米国空軍は、B-21 Raiderの初飛行は2023年になると予想しています。

ノースロップ・グラマン社は、B-21 Raider初号機の地上試験の1つロード・キャリブレーション・テストが成功したことで、2022年後半のロールアウトと2023年の初飛行に向けて駒を進めています。

いまだ、イラストしか見ることができませんが、B-21 Raider初号機の初飛行が視野に入ってきているようです。最も戦略爆撃機の最新型なので、実機写真を見るのはまだまだ先になりそうですが。

スポンサーリンク

まとめ

2022年5月現在、米国の最新型戦略爆撃機B-21 Raiderの開発は、順調に進んでいるようです。

主にノースロップ・グラマン社の2022年5月25日のニュース記事「B-21 Raider’s Path to Flight Readiness」から、現在のB-21 Raiderの開発状況について以下の項目でまとめました。

  • 2022年5月現在のB-21 Raider開発状況
  • B-21 Raiderの開発予定(目標)
はかせ

モノづくり会社の品証勤務
振動制御で工学博士
実験とCAEの両刀使いでいろいろ経験して半世紀
詳細は「はかせ」をクリック!

はかせをフォローする
戦略爆撃機
スポンサーリンク
はかせをフォローする
実験とCAEとはかせ工房
タイトルとURLをコピーしました