B-21 Raider2022年12月の第一週にいよいよお披露目(除幕式)!?

2022年9月20日、米国空軍とノースロップ・グラマン社のWebサイトによると、新型戦略爆撃機B-21 Raderが2022年12月第1週にお披露目になるとのニュース記事が掲載されました。

フル・デジタル・モデルによるB-21 Raderの開発は、計画通りかどうかは分かりませんが順調に進んでいるようです。

ここでは、米国空軍とにノースロップ・グラマン社のWebサイトのニュース記事から、「2022年12月第一週にお披露目」についてまとめています。

なお、翻訳にはDeepLを使い私の理解した内容なので、正確な情報はリンク先を紹介していますので、米国空軍とノースロップ・グラマン社のWebサイトの情報をご確認ください。

スポンサーリンク

B-21 Raderとは

2022年9月現在、B-21 Raderの画像はイメージイラストしか公開されていませんが、B-21 RaderはB-2の様な無尾翼の戦略爆撃機です。

  • B-21 Raderの機能や性能は、B-2をベースに、最新の通信システム、センサー、様々な武器と支援システムが統合されたものになります。
  • 技術的には、B-21 Raderにはオープン・システム・アーキテクチャで設計され、フル・デジタル・モデルを使った開発が行われています。

B-21 Raderは、B-52と組み合わせて今後の米国空軍の戦略爆撃機の基幹として、B-1BやB-2に置き換えられていく計画となっています。

2022年2月の第1週にB-21 Rader公開予定

B-21 Raderの公開について、米国空軍とノースロップ・グラマン社のWebサイトのニュース記事から説明します。

米国空軍のWebサイトのニュース記事から

米国空軍のWebサイトの2022年9月20日掲載のニュース記事によると、2022年2月の第1週に、B-21 Raderが公開される計画となっています。

場所は、ノースロップ・グラマン社のカリフォルニア州パームデールの生産施設で、ノースロップ・グラマン社が主催・後援する除幕式での公開となります。

ノースロップ・グラマン社のWebサイトのニュース記事から

B-21 Raderの開発をしているノースロップ・グラマン社のebサイトの2022年9月20日掲載のニュース記事にも2022年2月の第1週に、B-21 Raderが公開となっています。

現在のB-21 Raderの開発進捗については、以下の通りです。

  • 6機のB-21試験機は、カリフォルニア州パームデールで様々な最終組み立て段階に入っています。
  • ノースロップ・グラマンと米空軍は5月、B-21の初飛行を2023年と予測することを確認しています。
  • 初飛行は、地上試験の結果に基づいて決定されます。
スポンサーリンク

まとめ

2022年9月、米国の最新型戦略爆撃機B-21 Raiderのお披露目が2022年12月第1週になるとの記事が、米国空軍とノースロップ・グラマン社のWebサイトに掲載されています。

現在のB-21 Raiderの2022年12月公開について以下の項目でまとめました。

  • B-21 Raderとは
  • 2022年2月の第1週にB-21 Rader公開予定
    • 米国空軍のWebサイトのニュース記事から
    • ノースロップ・グラマン社のWebサイトのニュース記事から
はかせ
はかせ

どの様な情報が公開されるか分かりませんが2022年12月のB-21 Raiderの除幕式が楽しみです。

はかせ

モノづくり会社の品証勤務
振動制御で工学博士
実験とCAEの両刀使いでいろいろ経験して半世紀
詳細は「はかせ」をクリック!

はかせをフォローする
戦略爆撃機
スポンサーリンク
はかせをフォローする
実験とCAEとはかせ工房
タイトルとURLをコピーしました