戦略爆撃機:B-21 Raider最新の無尾翼ステルス戦略爆撃機

2022年、米国の爆撃機は、B-52H Stratofortress、可変翼のB-1B Lancer、ステルスで無尾翼のB-2 Spirit、さらに最新型のB-21の開発が進んでいます。

戦略爆撃機近代化により、B-1B Lancerは退役、B-52H StratofortressとB-21による運用になるようです。

ここでは、現在開発中の無尾翼ステルス戦略爆撃機B-21 Raiderについて、主に米国空軍Webサイトからの情報を元に説明します。

スポンサーリンク

B-21 Raiderの概要

2022年1月現在、B-21 Raiderについての情報は非常に少なく、写真も公開されていません。最新型の戦略爆撃機でB-2 Spiritの様な無尾翼の機体形状の様です。

なお、B-21という呼称は、レイダーが21世紀最初の爆撃機であることを意味しています。

下図は、B-21 RaiderのCGです。

B-21 Raider

B-21 Raider

図1 B-21 Raider

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像(トリミングしています)

CGとの比較になりますが、下図のB-2 Spiritとよく似た形状で、主翼後端形状が違うようです。

B-2 Spirit

B-2 first flight The B-2 stealth bomber completed its first flight at Edwards Air Force Base, Calif., July 17, 1989. (Courtesy photo)

図2 B-2 Spirit

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像(トリミングしています)

スポンサーリンク

B-21 Raiderの特徴

B-21 Raiderの機体形状が、B-2 Spiritとよく似ていると思われることから、同じような特徴を持つと推測されます。

なお、戦略爆撃機の近代化に伴い、B-1B Lancerは退役、B-52H StratofortressとB-21による運用となります。

B-1B Lancerの退役も進んでおり、以下は、米国空軍のWebサイトのB-1B退役とB-21に関するニュース記事へのリンクです。

AFGSC wraps up divestiture of 17 B-1B aircraft, moves toward B-21

B-21 Raiderの主な特徴を列挙します。

  • 通常弾と核弾の両方を運搬できる攻撃型ステルス爆撃機(penetrating strike stealth bomber)
  • 情報・監視・偵察、電子攻撃、通信などを含む通常の長距離攻撃システムの構成要素となる。
  • 核兵器にも対応し、有人・無人の区別なく運用できるように設計されている。
  • スタンドオフ型と直接攻撃型の弾薬(ミサイルや誘導弾)を幅広く使用できる。
  • 様々な統合リスクを低減し、将来の近代化に対応できるようオープンシステムアーキテクチャで設計され、脅威や環境の変化に応じて航空機を進化させることができる。

開発状況

B-21 Raiderの現在までの開発状況は以下の通りです。

2015年10月27日:発注

  • 米国空軍は、ノースロップ・グラマン社にB-21のエンジニアリングおよび製造開発契約を発注した。
  • ノースロップ・グラマン社のパートナー:プラット・アンド・ホイットニー、ジャニッキー・インダストリーズ、コリンズ・エアロスペース、GKNエアロスペース、BAEシステムズ、スピリット・エアロシステムズなど

2018年:Critical Design Reviewクリア

  • Critical Design Reviewをクリア
  • Critical Design Review:設計の成熟度、安定性、リスクを開発プログラム全体で総合的に評価するウェポン・システムの設計レビューのこと。

2019年:B-21 Raiderの基地を発表

  • 米国空軍は、B-21 Raiderの基地として、Ellsworth Air Force Base(サウスダコタ州)、Whiteman Air Force Base(ミズーリ州)、Dyess Air Force Base(テキサス州)が望ましいことを発表しました。

2021年:B-21 Raiderの基地を決定

米国空軍は、B-21 Raiderの基地をEllsworth Air Force Base(サウスダコタ州)に決定しました。

B-21 RaiderのCGイメージ(Ellsworth Air Force Base)

Artist rendering of a B-21 Raider concept This is an artist rendering of a B-21 Raider concept in a hangar at Ellsworth Air Force Base, S.D. Ellsworth AFB is one of the bases expected to host the new airframe. (Courtesy graphic by Northrop Grumman)

図3 B-21 RaiderのCGイメージ(Ellsworth Air Force Base)

スポンサーリンク

参考リンク

この記事は、主に以下のWebサイトの情報をまとめています。

英文サイトを和訳していることと、私の理解した内容なので正確な情報を知りたい場合には、以下の情報をご参照ください。

  • USAF(米国空軍)のB-21 Raiderの紹介ページ
B-21 Raider
The B-21 Raider will be a dual-capable penetrating strike stealth bomber capable of delivering both conventional and nuclear munitions. The B-21 will form the b...

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像(トリミングしています)

まとめ

2021年現在、米国の爆撃機は、B-52H Stratofortress、可変翼のB-1B Lancer、ステルスで無尾翼の無尾翼のB-2 Spirit、さらに最新型のB-21 Raiderの開発が進んでいます。

機体形状に特徴のあるステルスで無尾翼の戦略爆撃機B-21 Raiderについて、主に米国空軍とボーイング社のWebサイトからの情報を元に以下の項目で説明しました。

ここでは、

  • B-21 Raiderの概要
  • B-21 Raiderの特徴
  • 開発状況
    • 2015年10月27日:発注
    • 2018年:Critical Design Reviewクリア
    • 2019年:B-21 Raiderの基地を発表
    • 2021年:B-21 Raiderの基地を決定
はかせ

振動制御を入り口に実験・計測とCAE、モデリングに制御と幅広く学び、出会いとチャンスにも恵まれ工学博士になりました。
CAEが珍しくない今だからこそ、実験やリアルなモノづくり体験が必要だと考えています。

はかせをフォローする
戦略爆撃機
スポンサーリンク
はかせをフォローする
実験とCAEとはかせ工房
タイトルとURLをコピーしました