PR

RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)遠隔操縦型の高高度無人偵察機

RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)遠隔操縦型の高高度無人偵察機 無人機と偵察機

MQ-9リーパー(Reaper)は、情報収集以外にも様々な用途に使われていますが、RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)は、遠隔操縦型の高高度無人偵察機です。

RQ-4の「R」は、偵察機、「Q」と「4」は遠隔操縦型の航空機システムの4番目であることを意味しています。

ここでは、主に米国空軍のWebサイトの情報からRQ-4グローバルホーク(Global Hawk)についてまとめています。

スポンサーリンク

RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)の用途

RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)は、高高度、長時間の飛行が可能であり、統合化されたセンサーを利用して、全天候型かる昼夜を問わず情報・監視・偵察(ISR:Intelligence, Surveillance and Reconnaissance)能力を備えています。

また、航空自衛隊でも装備されています。

下図は、アイキャッチにも使っているRQ-4グローバルホーク(Global Hawk)です。

RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)

An RQ-4 Global Hawk soars through the sky to record intelligence, surveillence and reconnaissance data. Air Force and Navy officials met to discuss joint training with the RQ-4. (Courtesy photo)

図1-1 RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)(その1)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、2023年5月23日の写真です。

RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)(その2)

Ready for full ops An RQ-4 Global Hawk assigned to the 452nd Flight Test Squadron flies in the skies above Edwards Air Force Base, Calif., May 23, 2023. The 452nd FLTS held a sunsetting event for the RQ-4 flight test program at Edwards AFB, June 9, 2023. The event marked the completion of the squadron’s test campaign for the aircraft. (U.S. Air Force photo by Bryce Bennett)

図1-2 RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)(その2)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)の特徴

RQ-4グローバルホークは、無人機ですが、MQ-9リーパー同様単体では運用できない遠隔操縦型の航空機システムの一部です。

以下のような広範なセンサー群を利用した情報・監視・偵察(ISR:Intelligence, Surveillance and Reconnaissance)能力により、ほぼリアルタイムで様々な情報を収集し、本隊に提供することができます。

  • 画像情報(IMINT:imagery intelligence)
  • 信号情報(SIGINT:signals intelligence)
  • 移動目標表示(MTI:moving target indicator)

RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)の歴史

RQ-4グローバルホークの開発は、1995年に先進概念技術実証から始まり、高高度で長時間にわたるISR能力を戦闘部隊に提供可能な軍事的有用性があると認められ、2001年11月より実践配備されています。

なお、RQ-4の「R」は、偵察機、「Q」と「4」は遠隔操縦型の航空機システムの4番目であることを意味しています。

以下は、2014年現在のシステム構成についての情報です

ブロック10

  • 7機調達されましたが、2011年に退役

ブロック20

  • 当初、画像情報(IMINT:imagery intelligence)のみの機能で実戦投入
  • 3機のブロック20はEQ-4通信中継構成に変更され、戦場空中通信ノード(BACN:Battlefield Airborne Communications Node)を搭載
  • EQ-4の「E」は、BACNを搭載した機体の通信形態を表す。

ブロック30

2011年8月、ブロック30の初期運用能力(IOC)獲得

以下のセンサーからなるマルチ・インテリジェンス・プラットフォームとなっています。

  • 電気光学、赤外線、合成開口レーダー(SAR:synthetic aperture radar)
  • ハイバンドとローバンドの信号情報(SIGINT:signals intelligence)センサー

ブロック40

2013年9月、ブロック40の早期運用能力(EOC)獲得

レーダー技術導入プログラム(RTIP:Radar Technology Insertion Program)により、アクティブ電子スキャンアレイレーダーを搭載し、移動目標表示(MTI:moving target indicator)と合成開口レーダー(SAR:synthetic aperture radar)データを提供します。

2014年、34.3時間の飛行に成功し、米国空軍機による無給油飛行の最長記録となりました。

RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)のシステム構成

RQ-4グローバルホークは、打ち上げ・回収部隊(LRE:Launch and Recovery Element)とミッション・コントロール部隊(MCE:Mission Control Element)とで運用されます。

打ち上げ・回収部隊(LRE)は、航空機の基地に配置され、パイロットにより目標地域への往復中に航空機を発進・回収します。

ミッション・コントロール部隊(MCE)は、情報・監視・偵察(ISR)任務の大部分において、RQ-4グローバルホークをコントロールします。パイロットと、センサー・オペレーターで運用されます。

写真がみつからなかったのですが、RQ-4グローバルホークのパイロット用ワークステーション(操縦システム)では、機体やセンサーの状態を把握し、飛行経路をコントロールします。また、任務上必要な航空管制、空中管制官、地上管制官、情報・監視・偵察(ISR)のチームとの通信ができます。

センサー・オペレーター用ワークステーション(センサー・システム)では、センサーのキャリブレーションンや条件設定、リアルタイムでの情報収集の計画と実施、センサーの状態把握、監視対象や情報収集の優先順位設定などを柔軟に行うことができます。

写真で見るRQ-4グローバルホーク(Global Hawk)

RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)を写真で見ていきます。

機体形状

下図は、飛行中のRQ-4グローバルホークの写真です。

  • 機体後部にターボファンエンジンを装備し、尾翼はY字型の大きな尾翼と逆ハの字型のフィンが装備されています。
RQ-4グローバルホーク:全体

RQ-4 Global Hawk An RQ-4 Global Hawk soars through the sky to record intelligence, surveillence and reconnaissance data. Air Force and Navy officials met to discuss joint training with the RQ-4. (Courtesy photo)

図2-1 RQ-4グローバルホーク:全体

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、前方から見たRQ-4グローバルホークの写真です。

  • 機体上部に設置されたターボファンエンジンの空気取り入れ口の形状が分かります。
RQ-4グローバルホーク:正面

Global Hawk wet runway testing yields positive results A RQ-4 Global Hawk completes a wet runway test March 12, 2010, at Edwards Air Force Base, Calif. Members of the 452nd Flight Test Squadron will wrap up its Block 20 wet runway testing around the beginning of April. (Courtesy photo)

図2-2 RQ-4グローバルホーク:前方

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、機体後方から見たRQ-4グローバルホークの写真です。

  • Y字型の尾翼、胴体下部に設置された逆ハの字型のフィン形状が分かります。
RQ-4グローバルホーク:後方

An RQ-4 Global Hawk like the one pictured is being used to assist Japan in disaster relief and recovery efforts. (U.S. Air Force photo/Senior Airman Nichelle Anderson)

図2-3 RQ-4グローバルホーク:後方

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、側方から見たRQ-4グローバルホークの写真です。

  • 特徴的な機種の形状が分かります。
  • 主翼のフラップが上がっています。
RQ-4グローバルホーク:側方

RQ-4 2020 rotation of operation in Japan An RQ-4 Global Hawk, assigned to the 319th Operations Group Detachment 1, Andersen Air Force Base, Guam, lands at Yokota Air Base, Japan, May, 30, 2020, for a rotational deployment. The movement maintains operations for Global Hawks during months of inclement weather and other scenarios that have the potential to hinder readiness. (U.S. Air Force photo by Capt. Aaron Church)

図2-4 RQ-4グローバルホーク:側方

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

離陸(発射)

下図は、発射準備中のRQ-4グローバルホークの写真です。

  • 離陸(take-off)ではなく、発射(launch)準備と呼ぶようです。
  • 使っているのは地上テスト・コントローラー(vehicle test controller)です。
RQ-4グローバルホーク:離陸準備

Staff Sgt. Ryan Conversi prepares an RQ-4 Global Hawk for launch using the vehicle test controller while reviewing technical orders May 26, 2010, at Beale Air Force Base, Calif. Sergeant Conversi is a crew chief assigned to the 12th Reconnaissance Squadron. (U.S. Air Force photo/Staff Sgt. Bennie J. Davis III)

図3-1 RQ-4グローバルホーク:離陸準備

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、離陸したRQ-4グローバルホークの写真です。

  • 写真ではスピード感が分かりませんが、グライダーに近い離陸をするかもしれません。
RQ-4グローバルホーク:離陸準備

Global Hawk’s first flight An RQ-4 Global Hawk takes off Oct. 7, 2010, from Andersen Air Force Base, Guam. This was its first take-off since its arrival Sept. 20, 2010 and it’s the only permanently stationed aircraft on Andersen AFB. (U.S. Air Force photo/Senior Airman Nichelle Anderson)

図3-2 RQ-4グローバルホーク:離陸

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

着陸

下図は、着陸直前のRQ-4グローバルホークの写真です。

  • 主翼がたわんでいるように見えます。
RQ-4グローバルホーク:着陸

An RQ-4 Global Hawk from Andersen Air Force Base, Guam lands at Misawa Air Base, Japan, May 24, 2014. The remotely piloted system supports U.S. intelligence, surveillance, and reconnaissance missions and contingency operations throughout the Pacific theater. The Global Hawk will be temporarily assigned to Misawa AB until October. (U.S. Air Force photo/Staff Sgt. Nathan Lipscomb)

図4-1 RQ-4グローバルホーク:着陸

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、着陸後けん引されているRQ-4グローバルホークの写真です。

RQ-4グローバルホーク:けん引

A hawk for hunters Airmen walk in a RQ-4 Global Hawk after it landed from a 30.5-hour flight at an undisclosed location in Southwest Asia in March 2015. This is a block 20 aircraft that carries the Battlefield Airborne Communication Node payload, which ensures connectivity for warfighters. The BACN system, managed out of Hanscom Air Force Base, Mass., recently achieved 100,000 combat flight hours. (U.S. Air Force photo/Tech. Sgt. Marie Brown)

図4-2 RQ-4グローバルホーク:けん引

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

ハンガー(格納庫)

下図は、格納庫内のRQ-4グローバルホークの写真です。

RQ-4グローバルホーク:ハンガー内

An RQ-4 Global Hawk sits static in a hangar An RQ-4 Global Hawk sits static in a hangar Oct. 25, 2018, at Naval Air Station Sigonella, Italy. The RQ-4 Global Hawk is a high-altitude, long-endurance, remotely piloted aircraft with an integrated sensor suite that provides global all-weather, day or night intelligence, surveillance and reconnaissance. (U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Ramon A. Adelan)

図5 RQ-4グローバルホーク:ハンガー内

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

メンテナンス

下図は、メンテナンス中のRQ-4グローバルホークの写真です。

RQ-4グローバルホーク:ハンガー内

Edwards test squadron test drives Global Hawk Maintainers with the Global Hawk Combined Test Force perform maintenance on a Global Hawk unmanned aircraft system Oct. 24 at Edwards Air Force Base, Calif. As part of the Combined Test Force, members of the 31st Test and Evaluation Squadron test drives the Global Hawk system for the Air Force. (U.S. Air Force photo/Senior Airman Julius Delos Reyes)

図6 RQ-4グローバルホーク:メンテナンス

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

U-2とRQ-4グローバルホーク

下図は、着陸する高高度偵察機U-2ドラゴンレディとRQ-4グローバルホークの写真です。

RQ-4グローバルホーク:U-2との1枚

130917-F-CY182-911 An RQ-4 Global Hawk taxies on the flightline as a U-2 makes its final approach Sept. 17, 2013, at Beale Air Force Base, Calif. The RQ-4 and U-2 are the Air Force’s primary high-altitude intelligence, surveillance and reconnaissance aircraft. (U.S. Air Force photo/Airman 1st Class Bobby Cummings)

図7 RQ-4グローバルホーク:U-2との1枚

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

NASAに移管されたRQ-4グローバルホーク

下図は、NASAに移管されたRQ-4グローバルホークの写真です。

  • NASAには、当初の開発プログラムで製造された1機目と6機目が移管されました。
  • 外見では、機体後方下部の逆ハの字型のフィンがないことが分かります。
RQ-4グローバルホーク:NASA

Global Hawk to NASA Two Global Hawk Advanced Concept Technology Demonstration aircraft were transferred from the U.S. Air Force to NASA’s Dryden Flight Research Center at Edwards Air Force Base, Calif. Initial research activities beginning in 2009 will support NASA’s Airborne Science Program. The ability of the unmanned Global Hawk aircraft brings a new capability to the science community for measuring, monitoring and observing remote locations of the Earth. The two Global Hawks were the first and sixth aircraft built under the original development program, and were made available to NASA when the Air Force had no further need for them. (NASA photo/Tony Landis)

図8 RQ-4グローバルホーク:NASA

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

初飛行

1998年2月28日、RQ-4グローバルホークの初飛行に成功しました。

下図は、開発初期のRQ-4グローバルホーク写真のようです。

RQ-4グローバルホーク:開発初期

RQ-4 Global Hawk demonstration testing The RQ-4 Global Hawk unmanned aerial vehicle completed its first flight on Feb. 28, 1998. Even though the system was still undergoing advanced concept technology demonstration testing at Edwards Air Force Base, Calif., the RQ-4 was deployed to support operations in Afghanistan after the terrorist attacks of Sept. 11, 2001. (Courtesy photo)

図9 RQ-4グローバルホーク:開発初期

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)の諸元

RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)は、Northrop Grumman社、Raytheon及びL3 Comm社製です。

主な諸元を以下に列挙します。

  • エンジン(推力):
    • ロールスロイス・ノースアメリカン製F137-RR-100ターボファンエンジン、3447kg(7,600ポンド)
  • 全長:14.5m
  • 全高:4.7m
  • 主翼幅:39.8m
  • 重量:6,781kg
  • 最大離陸重量:14,628kg
  • 燃料容量:7,847kg
  • ペイロード(積載重量):1,360kg
  • 速度:574km/h
  • 高度:18,288m
  • 航続距離:22,779km
  • 連続飛行時間(Endurance):34時間以上
  • 武装:なし
  • 運用人員:3名(LREパイロット、MCEパイロット、センサーオペレーター)
  • 初期運用能力獲得(Initial operating capability):
    • ブロック30:2011年
    • ブロック40:2015年

参考リンク

米国空軍のWebサイトから、RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)のリンクを紹介します。

このページの情報を主に本記事をまとめています。

スポンサーリンク

まとめ

MQ-9リーパー(Reaper)は、情報収集以外にも様々な用途に使われていますが、RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)は、遠隔操縦型の高高度無人偵察機です。

ここでは、主に米国空軍のWebサイトの情報からRQ-4グローバルホーク(Global Hawk)について以下の項目で紹介しました。

  • RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)の用途
    • RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)の特徴
    • RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)の歴史
      • ブロック10
      • ブロック20
      • ブロック30
      • ブロック40
    • RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)のシステム構成
  • 写真で見るRQ-4グローバルホーク(Global Hawk)
    • 機体形状
    • 離陸(発射)
    • 着陸
    • ハンガー(格納庫)
    • メンテナンス
    • U-2とRQ-4グローバルホーク
    • NASAに移管されたRQ-4グローバルホーク
    • 初飛行
  • RQ-4グローバルホーク(Global Hawk)の諸元
  • 参考リンク
はかせ

サイト管理人で記事も書いているモノづくり会社の品証の人。
振動制御で工学博士なれど、いろいろ経験して半世紀。
はかせの詳細は「はかせ」をクリック

はかせをフォローする
無人機と偵察機
スポンサーリンク
シェアする
はかせをフォローする
実験とCAEとはかせ工房
タイトルとURLをコピーしました