U-2ドラゴンレディ:見た目は黒いグライダーみたいな高高度偵察機

高高度偵察というとSR-71が思い浮かびますが、U-2 Dragon Lady(ドラゴンレディ)は、単座で単発(エンジン1基)の高高度偵察・監視用の航空機です。

偵察・監視は、様々な信号(signals)、画像(imagery)、電子計測データを収集して行う偵察・監視、いわゆる諜報活動(MASINT:Measurement and Signatures intelligence)に使われます。

機体形状も独特ですが、技術的にも、運用面においてもユニークな特徴を持つ航空機です。

ここでは、主に米国空軍のWebサイトからの情報を元にU-2 Dragon Lady(ドラゴンレディ)について説明します。

スポンサーリンク

U-2 Dragon Lady(ドラゴンレディ)とは

偵察機というとSR-71が思い浮かびますが、U-2 Dragon Lady(ドラゴンレディ)は、単座・単発、つまり、1人乗りでエンジン1基の偵察機です。

飛行中のU-2 Dragon Lady(ドラゴンレディ)

FILE PHOTO — The U-2 provides continuous day or night, high-altitude, all-weather, stand-off surveillance of an area in direct support of U.S. and allied ground and air forces. It provides critical intelligence to decision makers through all phases of conflict, including peacetime indications and warnings, crises, low-intensity conflict and large-scale hostilities.The U-2 is a single-seat, single-engine, high-altitude, reconnaissance aircraft. Long, wide, straight wings give the U-2 glider-like characteristics. It can carry a variety of sensors and cameras, is an extremely reliable reconnaissance aircraft, and enjoys a high mission completion rate. Because of its high altitude mission, the pilot must wear a full pressure suit. The U-2 is capable of collecting multi-sensor photo, electro-optic, infrared and radar imagery, as well as performing other types of reconnaissance functions. (Air Force photo)

図1 飛行中のU-2 Dragon Lady(ドラゴンレディ)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

以下の様な諜報活動(MASINT:Measurement and Signatures intelligence)の専用機です。

  • 高高度(21,000メートル以上、宇宙に近い)飛行による監視・偵察
  • 様々な信号(signals)、画像(imagery)、電子計測データを収集・処理

特徴

U-2 Dragon Lady(ドラゴンレディ)の詳細は後述しますが、主な特徴を列挙します。

  • 1956年に初期運用能力を獲得。その後改修を経て、現在はU-2S/TU-2Sとして運用されています。
    • TU-2Sは複座の練習機
  • 高高度(21,000メートル以上、宇宙に近い)における偵察・監視
  • 細長い翼の独特な外観でグライダーのような特性を持つ(ゆっくり長く飛ぶ)
  • 搭載した様々なセンサーにより収集した様々なデータ保存と地上への送信
    • マルチスペクトル(電気・光学)
    • 赤外線
    • 合成開口レーダー
    • 光学カメラによる高解像度で広域の撮影画像は、着陸後に現像・分析
  • 離着陸にも高度なテクニック(操縦技術)と地上からのサポートが必要

この様な特徴を実現するために、以下の制約もあります。

  • U-2のパイロットは、宇宙飛行士が着用するような完全な与圧服を着用する。
  • 航空機の低高度での操縦特性と自転車型着陸装置により、着陸時には正確なコントロール入力が要求される。
  • 機首が長い、テールドラッガー(taildragger)と呼ばれる構造のため、前方視界が制限される。
  • U-2の2人目のパイロットは通常、高性能の車両で着陸毎に追跡し、高度や滑走路の誘導のための無線でパイロットを支援する。

これらの特徴から、U-2は世界で最も飛行が困難な航空機として知られています。

U-2 Dragon Lady(ドラゴンレディ)の開発経緯

U-2 Dragon Lady(ドラゴンレディ)の開発とこれまでの運用について簡単に紹介します。

  • 1955年8月:初飛行
    • U-2Aは、スカンク・ワークスによって完全な機密のもとに製造され初飛行
  • 1950年代後半
    • 米国にソ連(Soviet Union、当時のソビエト連邦)の軍事能力に関する重要な情報を提供した。
  • 1962年10月
    • ソ連がキューバに攻撃用核ミサイルを増強している様子を撮影
  • その後
    • 韓国、バルカン半島、アフガニスタン、イラクでの作戦における情報提供
    • 洪水、地震、森林火災などの災害救援や捜索・救助活動にも要請に応じて情報提供

U-2 Dragon Lady(ドラゴンレディ)の主な改修について簡単に紹介します。

  • 1967年に初飛行したU-2R
    • オリジナルの機体より40%大型化し性能も向上
  • 1981年8月に初飛行した戦術偵察機TR-1Aは、U-2Rと構造的に同じものです。
  • 1989年10月にU-2とTR-1の最後の機体が引き渡し
  • 1992年にはすべてのTR-1とU-2がU-2Rに指定されました。
  • 1994年以降、U-2の機体とセンサーの近代化実施

これらのアップグレードにより、GE F118-101エンジンに移行した結果、すべての米国空軍のU-2は、U-2Sとなりました。

なお、U-2の飛行訓練は、二人乗りのTU-2Sを使って行われています。

写真で見るU-2 Dragon Lady(ドラゴンレディ)

見ためもユニーク(独特)なU-2 Dragon Lady(ドラゴンレディ)を米国空軍のWebサイトの写真を使いながら説明します。

飛行中のU-2

下図は、飛行中のU-2です。

  • U-2の機体形状が分かりやすいと思います。
飛行中のU-2(その1)

FILE PHOTO — An Air Force U-2 Dragon Lady flies a training mission. (U.S. Air Force photo by Master Sgt. Rose Reynolds)

図2 飛行中のU-2(その1)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、高度21,000m(70,000ft)に近づいているU-2です。

  • 宇宙に近いとあって、上空の濃い青色が印象的です。
  • 機体上部の水滴型のポッドは、衛星通信用のようです。(米国空軍のWebサイトで確認はできませんでした。)
  • 操縦席前方の細長い機首形状が分かります。
飛行中のU-2(その2)

A U- 2 Dragon Lady approaches an altitude near 70,000 ft. above California, Mar. 23, 2016. The pilot must wear a full-pressure suit similar to NASA astronaut suits. (U.S. Air Force photo/Staff Sgt. Robert M. Trujillo)

図3 飛行中のU-2(その2)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、機体後方の写真です。

  • 細い胴体と細長い主翼形状と単発エンジンと2つの吸気口による膨らみが分かります。
飛行中のU-2(その3)

A U-2 Dragon Lady flies over the airfield at Beale Air Force Base, California, April 12, 2018. The U-2 was making a pass over to indicate the flight path for a practice formation demonstration with two T-38 talonss for the Beale Air & Space Expo scheduled April 28. (U.S. Air Force photo/ Staff. Sgt. Ramon A. Adelan)

図4 飛行中のU-2(その3)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

離陸時のU-2

離陸時のU-2を写真で紹介します。

下図は、離陸準備完了時の写真です。

  • パイロットが離陸準備が整ったことをハンドサインで知らせています。
離陸するU-2(その1)

Airmen provide intelligence, surveillance, reconnaissance Capt. Peter J. Gryn signals that all systems are good from his U-2 Oct. 4, 2009, prior to his first combat mission. He’s deployed from Beale Air Force Base, Calif. (U.S. Air Force photo/Staff Sgt. J.G. Buzanowski)

図5 離陸するU-2(その1)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、離陸直前に、最後のピンを外している写真です。

最後のピンがどのピンなのかは分かりませんが、パイロット意外に地上からの作業者の支援を受けないと離陸できないようです。

  • 「Airmen quickly remove the final pins」とあるので、主翼中間部に取り付けられた補助輪(ポゴホイール:pogo wheel)を固定しているピンではないかと推測しています。
離陸するU-2(その2)

Airmen provide intelligence, surveillance, reconnaissance Airmen quickly remove the final pins from a U-2 before a flight Oct. 4, 2009. The sortie was Capt. Peter J. Gryn’s first combat mission. The U-2 is the primary source of high-altitude intelligence, surveillance and reconnaissance. Captain Gryn is deployed from Beale Air Force Base, Calif. (U.S. Air Force photo/Staff Sgt. J.G. Buzanowski)

図6 離陸するU-2(その2)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、離陸したU-2です。

  • 空気取り入れ口付近の白い部分には何かのセンサーの様なものが取り付けられているようです。
  • ノーザンエッジ演習(Exercise Northern Edge)のための装備かもしれません。
  • 自転車の様な配置にある主輪と尾輪を確認できます。
離陸するU-2(その3)

Soaring to altitude during exercise Northern Edge A U-2 Dragon Lady from Beale Air Force Base, Calif., departs the runway at Joint Base Elmendorf-Richardson, Alaska, May 3, 2017 during Exercise Northern Edge. Northern Edge is Alaska’s largest and premier joint training exercise designed to practice operations, techniques and procedures as well as enhance interoperability among the services. Thousands of participants from all services, Airmen, Soldiers, Sailors, Marines and Coast Guard personnel from active duty, Reserve and National Guard units?are involved. (U.S. Air Force photo/Master Sgt. John Gordinier)

図7 離陸するU-2(その4)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

着陸時のU-2

着時のU-2を写真で紹介します。

下図は、着陸のため滑走路に進入してきたU-2です。

  • 主翼や垂直尾翼の薄さがよく分かります。
  • 機体中央に前方の車輪が見えます。
  • 機体後方に小さい車輪がありますが、確認できません。
  • 前方投影面積がとても小さいことが分かります(ステルス性が高い)。
着陸するU-2(その1)

U-2 A U-2S from Beale Air Force Base, Calif., prepares to land at Royal Air Force Fairford, England, June 9, 2015. U-2S pilots have a small margin of space to effectively land the plane without causing damage to the aircraft. (U.S. Air Force photo/Staff Sgt. Jarad A. Denton)

図8 着陸するU-2(その1)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、着陸するU-2の機体後方からの写真です。

  • 機体後方のエアブレーキが八の字に開いています。
  • 飛行中のタスクの一部にAIを使用した時の写真です。
着陸するU-2(その2)

AI Copilot: Air Force achieves first military flight with artificial intelligence A U-2 Dragon Lady assigned to the 9th Reconnaissance Wing prepares to land at Beale Air Force, Calif., Dec. 15, 2020. This flight marks a major leap forward for national defense as artificial intelligence took flight aboard a military aircraft for the first time in the history of the Department of Defense. The AI algorithm, developed by Air Combat Command’s U-2 Federal Laboratory, trained the AI to execute specific in-flight tasks that would otherwise be done by the pilot. The flight was part of a specifically constructed scenario pitting the AI against another dynamic computer algorithm in order to prove both the new technology capability, and its ability to work in coordination with a human. (U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Luis A. Ruiz-Vazquez)

図9 着陸するU-2(その2)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、ファイナルアプローチ時の写真です。

U-2の主輪は、自転車の様に前後にあるため、離陸も着陸も大変で、パイロットの技量に加え地上からのサポートが必須です。

着陸時に機体バランスがわずかでも崩れると、左右どちらかに傾き、主翼が滑走路に接触して破損する可能性がある様です。

  • 着陸後のU-2の主翼を3人でを押し下げようとしています。
  • オレンジ色の物が主翼に取り付ける補助輪です。
着陸するU-2(その3)

Patriot Files: on final approach Airmen push down on the wing of a U-2 after its landing at Royal Air Force Fairford, England, June 9, 2015. If the aircraft lands slightly off balance, it has the potential to tilt to one side or another. (U.S. Air Force photo/Staff Sgt. Jarad A. Denton)

図10 着陸するU-2(その3)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、補助輪(ポゴホイール:pogo wheel)を取り付けている写真です。

  • 離陸直前まで取り付けておき、U-2の長い主翼を支えます。
着陸するU-2(その4)

U-2 maintainers boast streaking hot record Senior Airman Jordan Mihm installs a pogo wheel onto the wing of a U-2 “Dragon Lady” that landed at a forward-deployed location. The wheels support the plane’s long wings as it taxis. Airman Mihm is assigned to the 380th Expeditionary Aircraft Maintenance Squadron and is deployed from Beale Air Force Base, Calif. (U.S. Air Force photo/Tech. Sgt. Andrew Leonhard)

図11 着陸するU-2(その4)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

ハンガー内のU-2

下図は、ハンガー内で飛行準備中のU-2です。

  • 細い胴体と空気取り入れ口の大きさが分かります。
ハンガー内のU-2

190709-F-XK483-1189 A U-2 Dragon Lady sits in a hangar prepared for flight July 9, 2019, at Al Dhafra Air Base, United Arab Emirates. The U-2 flies to heights greater than 70,000 feet using sensors and cameras to gather intelligence. (U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Chris Thornbury)

図12 ハンガー内のU-2

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

衛星通信用の装備

一部の機体は背部にシニア・スパンと呼ばれる衛星通信用ポッドを装備し、得た情報を衛星データリンクでリアルタイムに送信することができる。

  • 下図のU-2の胴体上部にある水滴型の部分は、衛星通信用のポッドです。(米国空軍のWebサイトで確認はできませんでした。)
U-2衛星通信用ポッド(その1)

100 combat missions Maj. William Gottenberg, a pilot with the 99th Expeditionary Reconnaissance Squadron, taxies a U-2 Dragon Lady in after completing his 100th U-2 combat mission from a base in Southwest Asia March 9, 2010. Major Gottenberg is deployed from Beale Air Force Base, Calif. (U.S. Air Force photo/Master Sgt. Scott T. Sturkol)

図13 U-2衛星通信用ポッド(その1)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、U-2を横から見た写真です。

  • 衛星通信用ポッドの大きさが分かります。
  • 主翼前方付近にある主輪と後方の尾輪を確認できます。
  • 主翼を支える補助輪(ポゴホイール:pogo wheel)を確認できます。
図14 U-2衛星通信用ポッド(その2)

U-2 Pilot Final Flight in UAE Capt. Jon, a U-2 Dragon Lady pilot lands on the runway during his final flight with the 380th Air Expeditionary Wing at Al Dhafra Air Base, United Arab Emirates, Oct. 12, 2017. The U-2 brings versatile high altitude intelligence, surveillance and reconnaissance capabilities to Combined Joint Task Force- Operation Inherent Resolve. (U.S. Air Force photo by Tech. Sgt. Anthony Nelson Jr)

図14 U-2衛星通信用ポッド(その2)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

パイロットスーツ(与圧服)

U-2のパイロットスーツの紹介です。

宇宙服は白色のイメージですが、こちらはオレンジ色です。

パイロットスーツ(与圧服)(その1)

191031-F-BN304-0028 A U-2 Dragon Lady pilot poses for a portrait inside a pressure suit at Beale Air Force Base, Calif., Oct. 31, 2019. Pilots who fly into the rim of the atmosphere require a specialized and custom suit fit to their measurements to keep their bodies at a normal altitude while reaching extreme elevations. (U.S. Air Force photo by Tech. Sgt. Alexandre Montes)

図15 パイロットスーツ(与圧服)(その1)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、外からみた操縦席の写真です。

SR-71もそうですが、見るからに狭く、乗り降りも大変そうです。

パイロットスーツ(与圧服)(その2)

AI Copilot: Air Force achieves first military flight with artificial intelligence Maj. “Vudu”, a U-2 Dragon Lady pilot assigned to the 9th Reconnaissance Wing, prepares to taxi after returning from a training sortie at Beale Air Force, Calif., Dec. 15, 2020. This flight marks a major leap forward for national defense as artificial intelligence took flight aboard a military aircraft for the first time in the history of the Department of Defense. The AI algorithm, developed by Air Combat Command’s U-2 Federal Laboratory, trained the AI to execute specific in-flight tasks that would otherwise be done by the pilot. The flight was part of a specifically constructed scenario pitting the AI against another dynamic computer algorithm in order to prove both the new technology capability, and its ability to work in coordination with a human. (U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Luis A. Ruiz-Vazquez)

図16 パイロットスーツ(与圧服)(その2)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

複座のU-2練習機

下図は、複座のU-2練習機の写真です。

  • 後席が教官用です。
複座のU-2

Beale’s Bovines enjoy our Reconnaissance A U-2 Dragon Lady performs a touch and go Dec. 7, 2018 at Beale Air Force Base, Calif. The U-2 is provides high-altitude Reconnaissance to commanders allowing them to make better warfighting decisions. (U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Tristan D. Viglianco)

図17 複座のU-2

出典:BEALE AFB(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

NASA運用の白いU-2「ER-2」

下図は、NASAで運用する白いU-2、ER-2です。

SR-71でも同様でしたが、高高度の環境はNASAにとっても有益な証ということでしょうか。

NASAのER-2

EC01-0232-6 Lockheed ER-2 #809 high altitude research aircraft in flight. August 1, 2001 NASA Photo / Lori Losey

図18 NASAのER-2

出典:NASAのWebサイト

ER-2
Lockheed ER-2 #809 high altitude research aircraft in flight.

U-2 Dragon Lady(ドラゴンレディ)の諸元

米国空軍のWebサイトの情報によると、U-2 Dragon Lady(ドラゴンレディ)の主な諸元は以下の通りです。

  • エンジン:ゼネラル・エレクトリック社製F118-101エンジン1基
  • 推力: 7,700kg
  • 翼幅:32m
  • 全長: 19.2m
  • 全高: 4.8m
  • 重量: 7,200kg
  • 最大離陸重量:18,000kg
  • 最大搭載重量:2,200kg
  • 速度:659km/h
  • 航続距離:11,000km以上
  • 高度: 21,000メートル以上
  • 乗員:1名(練習機は2名)

参考リンク:米国空軍と防衛省のWebサイト

米国空軍のWebサイトから、オスプレイについてのリンクを紹介します。

このページの情報を主に本記事をまとめています。

まとめ

U-2 Dragon Lady(ドラゴンレディ)は、単座で単発(エンジン1基)の高高度偵察・監視用の航空機です。いわゆる諜報活動(MASINT:Measurement and Signatures intelligence)に使われます。

ここでは、主に米国空軍のWebサイトからの情報を元にU-2 Dragon Lady(ドラゴンレディ)について以下の項目で説明しました。

  • U-2 Dragon Lady(ドラゴンレディ)とは
    • 特徴
    • U-2 Dragon Lady(ドラゴンレディ)の開発経緯
  • 写真で見るU-2 Dragon Lady(ドラゴンレディ)
    • 飛行中のU-2
    • 離陸時のU-2
    • 着陸時のU-2
    • ハンガー内のU-2
    • 衛星通信用の装備
    • パイロットスーツ(与圧服)
    • 複座のU-2練習機
    • NASA運用の白いU-2「ER-2」
  • U-2 Dragon Lady(ドラゴンレディ)の諸元
  • 参考リンク:米国空軍と防衛省のWebサイト
タイトルとURLをコピーしました