F-15EXイーグルIIとF-16ファイティング・ファルコンの夜間飛行訓練

夜間訓練をGoogle先生に聞いてみると、トップガンのF/A-18スーパーホーネットF-14などの空母艦載機の着艦訓練が出てきますが、夜間訓練は艦載機だけではありません。

例えば、車の運転でも昼と夜とでは全く違いますし、夕暮れ時は交通事故が多かったり、夏と冬、雨や雪などの天候によっても運転する環境は大きく異なります。

普段の生活であれば、台風が来ているから運転は避けようといったこともできますが、軍隊の場合はそんなことを言ってはいられませんので、様々な昼と夜だけでなく様々な気象条件における訓練をしています。

ここでは、F-15EXイーグルIIF-16の夜間訓練とF/A-18スーパーホーネットF-35Bの夜間の空母への発艦・着艦について写真を使い説明します。

スポンサーリンク

F-15EXイーグルIIの夜間訓練

2021年2月、F-15EXの初号機がEglin空軍基地に納入され、運用試験が続けられています。

以下の写真は、2022年7月19日の夕暮れ時にEGLIN AFBから離陸するF-15EXイーグルIIの写真です。

F-15EXイーグルII:夕暮れの離陸

Staying proficient An F-EX Eagle II takes off at dusk from Eglin Air Force Base, Fla., July 19, 2022. Members from the 40th Flight Test Squadron and the 85th Test and Evaluation Squadron routinely perform night flying to maintain proficiencies. (U.S. Air Force photo by Master Sgt. John Raven)

図1 F-15EXイーグルII:夕暮れの離陸

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>から。(トリミングしています)

以下の写真は、2022年7月19日の夜間訓練のため離陸準備中の写真です。

F-15EXイーグルII:離陸準備

EX in action Majs. Kevin Fogler and Matthew Sowder from the 85th Test and Evaluation Squadron, prepare their F-15EX Eagle II before takeoff at Eglin Air Force Base, Fla., July 19, 2022. The F-15EX was first delivered to Eglin AFB in February 2021. (U.S. Air Force photo by Master Sgt. John Raven)

図2 F-15EXイーグルII:離陸準備

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>から。(トリミングしています)

F-16ファイティング・ファルコンの夜間訓練

以下の写真は、2022年7月19日の夕暮れ時にEGLIN AFBから離陸するF-16ファイティング・ファルコンの写真です。

F-16:夕暮れの離陸

Fire in the skies A F-16 Fighting Falcon takes off from Eglin Air Force Base, Florida, July 19, 2022. Members from the 40 Flight Test Squadron and 85 Test and Evaluation Squadron routinely preform night flying to maintain proficiencies. (U.S. Air Force photo by Master Sgt. John Raven)

図3 F-16:夕暮れの離陸

出典:USAF(米国空軍)のEGLIN AFBのWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

以下の写真は、2022年7月19日の夜間訓練のため離陸準備中の写真です。

F-16:離陸準備

Fire in the skies Lt. Col. Michael May, an F-16 Fighting Falcon Test Pilot with the 85th Test and Evaluation Squadron, taxies on the ramp at Eglin Air Force Base, Florida, July 19, 2020. The 85 TES routinely preforms night flying to maintain proficiencies. (U.S. Air Force photo by Master Sgt. John Raven)

図4 F-16:離陸準備

出典:USAF(米国空軍)のEGLIN AFBのWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

空母の着艦とNLPについて

空母への艦載機による着艦や発艦については、以下の記事で説明しました。

隠れた最先端技術、米国の航空母艦のカタパルトによる発艦
空母からの戦闘機の発艦はカタパルトによる射出であり、空母への着艦は機体を甲板に叩きつけるようにしてアレスティング・ワイヤで止める荒技でもあるようです。空母からの発艦と着艦について、F/A-18スーパーホーネットとEA-18G Glowlerの写真で説明します。

空母への着艦は、非常に難しいと言われていますが、いきなり空母で訓練するわけではありません。まずは、通常の着陸から訓練し、地上の滑走路を空母甲板として訓練をします。この訓練はFCLP(Field Carrier Landing Practice)といいます。

FCLP:F/A-18スーパーホーネット

220118-N-AC802-0067 VIRGINIA BEACH, Va. (Jan. 18, 2022) An F/A-18E Super Hornet, attached to the “Ragin’ Bulls” of Strike Fighter Squadron (VFA) 37, conducts field carrier landing practice (FCLP) at Naval Auxiliary Landing Field Fentress. FCLP is required flight training which is meant to simulate landing on an aircraft carrier. (U.S. Navy Photo by Mass Communication 2nd Class Megan Wollam)

図5 FCLP:F/A-18スーパーホーネット

出典:US NAVY(米国海軍)のWebサイト<Home > Resources > Photo Gallery>からの画像

着艦訓練の1つに連続離着陸訓練があります。タッチ・アンド・ゴーと呼ばれる訓練では、基地の滑走路のある点を目標にして、機体のタイヤ(主脚)が地面に触れたら即フルスロットルで離陸します。

このタッチ・アンド・ゴーを夜間に行う訓練を、夜間連続着陸訓練といい、NLP(Night Landing Practice)といいます。

空母への着艦、特に夜間の着艦は、非常に高度な技術を必要とするため、これらの訓練を行い、空母に着艦する資格を取得・維持しているそうです。

F/A-18スーパーホーネットとF-35Bの夜間における空母からの発・着艦の写真を以下に紹介します。

夜間のF/A-18スーパーホーネットの発・着艦

下図は、夜間に空母から発艦する直前のF/A-18スーパーホーネットの写真です。

発艦といってもカタパルトで放り出すイメージの方が実際のイメージに近いそうです。

夜間の発艦:F/A-18スーパーホーネット

210923-N-MD461-1262 PHILIPPINE SEA (Sept. 23, 2021) ) An F/A-18F Super Hornet assigned to the Bounty Hunters of Strike Fighter Squadron (VFA) 2 launches from the Nimitz-class aircraft carrier USS Carl Vinson (CVN 70), Sept. 23, 2021. Carl Vinson Carrier Strike Group is on a scheduled deployment in the U.S. 7th Fleet area of operations to enhance interoperability through alliances and partnerships while serving as a ready-response force in support of a free and open Indo-Pacific region. (U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Jeff D. Kempton)

図6 夜間の発艦:F/A-18スーパーホーネット

出典:US NAVY(米国海軍)のWebサイト<Home > Resources > Photo Gallery>からの画像

下図は、夜間に空母に着艦するF/A-18スーパーホーネットの写真です。

夜間の着艦:F/A-18スーパーホーネット

211007-N-MD461-2016 SOUTH CHINA SEA (Oct. 7, 2021) An F/A-18E Super Hornet, assigned to the “Stingers” of Strike Fighter Squadron (VFA) 113, lands on the flight deck of the Nimitz-class aircraft carrier USS Carl Vinson (CVN 70), Oct. 7, 2021. Carl Vinson Carrier Strike Group is on a scheduled deployment in the U.S. 7th Fleet area of operations to enhance interoperability through alliances and partnerships while serving as a ready-response force in support of a free and open Indo-Pacific region. (U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Jeff D. Kempton)

図7 夜間の着艦:F/A-18スーパーホーネット

出典:US NAVY(米国海軍)のWebサイト<Home > Resources > Photo Gallery>からの画像

夜間のF-35Bの発・着艦

下図は、夜間に空母に着艦するF-35B(U.S. Marine)の写真です。

機体の揺れに加え、空母が大きいとは言え海の上に浮かんでいるのですから、甲板上と地上とでは大きく条件が異なることが想像されます。

夜間の着艦(その1):F-35B

220626-M-TU094-1066 PACIFIC OCEAN (June 26, 2022) A U.S. Marine Corps F-35B Lightning II aircraft with Marine Fighter Attack Squadron (VMFA) 121 lands amphibious assault ship USS Tripoli (LHA 7) while underway, June 26, 2022. Tripoli is operating in the U.S. 7th Fleet area of operations to enhance interoperability with allies and partners, and serve as a ready response force to defend peace and maintain stability in the Indo-Pacific region. (U.S. Marine Corps photo by Cpl. Gabriel Durand)

図8 夜間の着艦(その1):F-35B

出典:US NAVY(米国海軍)のWebサイト<Home > Resources > Photo Gallery>からの画像

夜間の着艦(その2):F-35B

220624-M-TU094-1084 PACIFIC OCEAN (June 24, 2022) A U.S. Marine Corps F-35B Lightning II aircraft with Marine Fighter Attack Squadron (VMFA) 121 prepares to land aboard the amphibious assault ship USS Tripoli (LHA 7) while underway, June 24, 2022. VMFA-121 is operating in the U.S. 7th Fleet area of operations to enhance interoperability with allies and partners, and serve as a ready response force to defend peace and maintain stability in the Indo-Pacific region. (U.S. Marine Corps photo by Cpl. Gabriel Durand)

図9 夜間の着艦(その2):F-35B

出典:US NAVY(米国海軍)のWebサイト<Home > Resources > Photo Gallery>からの画像

下図は、昼間のF-35Bの甲板へのアプローチの写真です。

昼間の着艦:F-35B

220610-M-BH827-1145 PHILIPPINE SEA (June 10, 2022) U.S. Marine Corps F-35B Lightning II aircraft with Marine Fighter Attack Squadron (VMFA) 121 approach the amphibious assault carrier USS Tripoli (LHA 7), while underway, June 10, 2022. Marines with VMFA-121, based out of Marine Corps Air Station Iwakuni, Japan, are conducting flight operations in support of a free and open Indo-Pacific. (U.S. Marine Corps photo by Sgt. Jackson Ricker)

図10 昼間の着艦:F-35B

出典:US NAVY(米国海軍)のWebサイト<Home > Resources > Photo Gallery>からの画像

艦載機で頑丈で翼を折れる海軍のF-35Cの場合は、上述のF/A-18スーパーホーネットと同様のイメージですが、垂直離着陸可能なF-35Bも夜間の発艦や着艦も難しそうです。

スポンサーリンク

まとめ

夜間訓練をGoogle先生に聞いてみると、トップガンのF/A-18スーパーホーネットF-14などの空母艦載機の着艦訓練が出てきますが、夜間訓練は艦載機だけではありません。

例えば、車の運転でも昼と夜とでは全く違いますし、夕暮れ時は交通事故が多かったり、夏と冬、雨や雪などの天候によっても運転する環境は大きく異なります。

ここでは、F-15EXイーグルIIF-16の夜間訓練とF/A-18スーパーホーネットF-35Bの夜間の空母への発艦・着艦について写真を使い以下の項目で説明しました。

  • F-15EXイーグルIIの夜間訓練
  • F-16ファイティング・ファルコンの夜間訓練
  • 空母の着艦とNLPについて
    • 夜間のF/A-18スーパーホーネットの発・着艦
    • 夜間のF-35Bの発・着艦
タイトルとURLをコピーしました