RG-ν(ニュー)ガンダムで学ぶバンダイの多色成形技術(その2)

これはすごいと感じたモノづくり技術の1つとして、ガンプラに使われている樹脂成形技術について、RG(リアルグレード)シリーズのν(ニュー)ガンダムを例に、バンダイの4色成形機が作り出すイロプラと多重インサート成形については、以下の記事にまとめました。

RG-ν(ニュー)ガンダムで学ぶバンダイの多色成形技術(その1)
ガンプラに使われている樹脂成形技術として、バンダイの4色成形機から作られる4色ランナー(イロプラ)と1枚のランナーに複数の部品を組み合わせて成形しランナーから切り取っただけで動くパーツについて、RGニュー・ガンダムを例に説明しています。

ここでは、バンダイの4色成形機が作り出す、ガンプラの腕や脚の可動について説明します。

下図はガンプラの優秀な可動域を示す1例ですが、RGνガンダムではバックパックのビームサーベルをつかむことができます。

RG(リアルグレード)のνガンダム

RG(リアルグレード)のνガンダム

PG(パーフェクトグレード)のユニコーンガンダムの可動については、以下の記事をご参照ください。

バンダイの多色成形機で作ると、ガンプラの腕も脚もよく曲がる
ガンプラはバンダイ自社開発の4色成形機により作られていますが、その樹脂成型技術はすごいの一言です。ここでは、ガンプラのスナップフィット、PGユニコーンガンダムのイロプラ(4色ランナー)、腕と脚の可動について説明しています。
ガンプラとは、バンダイ製のガンダムのプラモデルのことです。
なお、ここで紹介する内容については、技術的な裏付けがある訳ではなく、あくまでも私の個人的な考えなのでご注意ください。
スポンサーリンク

ガンプラのRG(リアルグレード)と可動

ガンプラのRG(リアルグレード)シリーズを作ってみると、ガンプラとしてのカッコよさやモビルスーツとしての精密さに感動します。

RGシリーズの初期に発売されたガンダムでは、小さな部品がポロリと外れやすく、コアファイターも変形させているうちに壊したこともありましたが、ここで紹介するRGν(ニュー)ガンダム)は、カッコよさと作りやすさのバランスがよいガンプラです。

ガンプラの可動については、PGユニコーンガンダムで紹介しましたが、ここでは、RGν(ニュー)ガンダムを例に紹介します。

PGが1/60スケールに対し、RGは1/144スケールとずいぶんと小さくなり。当然ながら部品も小さくなるのですが、実際に作ってみると思いのほか作りやすく、カッコよさにも大満足でした。

スポンサーリンク

RGν(ニュー)ガンダムの右腕の可動

RGν(ニュー)ガンダムの右腕の可動について、説明します。

下図は、取扱説明書の「右腕の可動」の部分です。

右腕を組み立てた後で、実際に腕を曲げたり伸ばしたりしてスムーズに動くことを確認しておきます。

はかせ
はかせ

全部組み立ててから、腕などの関節部分の動きがスムーズでないことに気づくと、ポージングに苦労します。

RGνガンダムの右腕の可動:取扱説明書

RGνガンダムの右腕の可動:取扱説明書

図1 RGνガンダムの右腕の可動:取扱説明書

実際に、RGνガンダムの右腕を伸ばした状態から、曲げていった時の可動について説明します。

下図は、RGνガンダムの右腕を伸ばした状態です。

  • 肩関節部分の丸い銀色部分には、リアリスティック・シールを貼っています。
  • 装甲部分も1色の白ではなく、別の白色に色分けされています。
RGνガンダムの右腕の可動:伸ばした状態

RGνガンダムの右腕の可動:伸ばした状態

図2 RGνガンダムの右腕の可動:伸ばした状態

下図は、RGνガンダムの右腕を90度曲げた状態です。

  • 右肘の肘を曲げた時に出てくる三角形の銀色の部分には、リアリスティック・シールを貼っています。
RGνガンダムの右腕の可動:90度曲げた状態

RGνガンダムの右腕の可動:90度曲げた状態

図3 RGνガンダムの右腕の可動:90度曲げた状態

下図は、右腕を最大限曲げた状態です。

図2~図4まで、スムーズに腕を曲げたり伸ばしたりすることができます。

RGνガンダムの右腕の可動:目一杯曲げた状態

RGνガンダムの右腕の可動:目一杯曲げた状態

図4 RGνガンダムの右腕の可動:目一杯曲げた状態

スポンサーリンク

RGν(ニュー)ガンダムの左腕のビームサーベル取り出し

RGν(ニュー)ガンダムの左腕も右腕同様スムーズに動きます。

左腕にはビームサーベルが収納されていて、左腕の装甲部分が動くことでサーベルを取り出すことができます。

図4の上図がビームサーベル収納時、下図がサーベル取り出し時の状態です。

サーベルと取り出す場合、サーベルが収納されている黒っぽく見えている装甲のパーツを図の左方向にスライドさせると、サーベルが図の上方向に持ち上がります。

RGνガンダムの左腕の可動:サーベル取り出し

RGνガンダムの左腕の可動:サーベル取り出し

図5 RGνガンダムの左腕の可動:ビームサーベル取り出し

スポンサーリンク

RGν(ニュー)ガンダムの装甲が連動する脚の可動

RGν(ニュー)ガンダムの右脚の可動について、説明します。

下図は、取扱説明書の「右脚の可動」の部分です。

  • 右脚を組み立てた後で、実際に脚を曲げたり伸ばしたりしてスムーズに動くことを確認しておきます。
  • 脚を曲げたり伸ばしたりすると装甲(下図ではフレーム)も連動して動きます。
RGνガンダムの右脚の可動:取扱説明書

RGνガンダムの右脚の可動:取扱説明書

図6 RGνガンダムの右脚の可動:取扱説明書

RGνガンダムの右脚を伸ばした状態から、曲げていった時の可動について説明します。

脚を曲げていくと装甲(下図で白やグレーぶ部分)も連動してスムーズに動きます。

  • 図7の中央の図よりも脚を深く曲げると、装甲部分も一緒に動き始めます。
  • 図7の左側の図から脚を伸ばしていくと完全ではありませんが、装甲部分も連動して元の位置に戻ります。

図7 RGνガンダムの右脚の可動(装甲が連動)

まとめ

ここでは、ガンプラに使われている樹脂成形技術として、バンダイの4色成形機が作り出す、ガンプラの腕や脚の可動について、RGニュー・ガンダムを例に紹介しました。

なお、内容については技術的な裏付けがある訳ではなく、あくまでも私の個人的な考えなのでご注意ください。

ここで説明した主な項目は次の通りです。

  • ガンプラのRG(リアルグレード)と可動
  • RGν(ニュー)ガンダムの右腕の可動
  • RGν(ニュー)ガンダムの左腕のサーベル取り出し
  • RGν(ニュー)ガンダムの装甲が連動する脚の可動
はかせ

振動制御を学んだおかげで、モデリングと制御系設計、実験・計測、CAEと幅広く学び、出会いとチャンスにも恵まれ工学博士になりました。
CAEが珍しくない今だからこそ、実験やリアルなモノづくりの体験がより重要になっていると考えています。

はかせをフォローする
ガンプラに学ぶ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
はかせをフォローする
実験とシミュレーションとはかせ工房
タイトルとURLをコピーしました