C-130ハーキュリーズ、戦術輸送機だけでなく多彩な運用に対応

輸送機には戦闘機やステルス機の様な外見のスマートさはありませんが、様々なミッションを支える兵站の一翼を担っています。

大型の輸送機には、空中給油機KC-135ストラトタンカーと主力戦車M1A2を輸送できるC-17グローバルマスターIIIがあります。

C-130ハーキュリーズは、戦術輸送機のベストセラーとも言われ、様々なバリエーションがあります。

ここでは、主に米国空軍のWebサイトの情報からC-130 Hercules(ハーキュリーズ) と最新型C-130J Super Hercules(スーパーハーキュリーズ)についてまとめています。

スポンサーリンク

C-130ハーキュリーズの用途

C-130Hercules(ハーキュリーズ)は、空輸任務の中でも主として戦術的な部分で使われている輸送機です。

下図の通り、6枚羽根のプロペラと組み合わせた4基のターボプロップエンジンを備えた機体です。

C-130Hercules(ハーキュリーズ)

A C-130 Hercules from the 153d Airlift Wing, Wyoming Air National Guard, flies over the state of Wyoming in appreciation for essential personnel on the front lines of COVID-19 on May 15, 2020. Cheyenne, Wyo. The flight was comprised of 2 C-130 Hercules aircrafts and the route included 35 hospitals and clinics throughout the state with only two of those being diverted due to inclement weather. (U.S. Air National Guard photo by Staff Sgt. Jon Alderman)

図1 C-130Hercules(ハーキュリーズ)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

C-130ハーキュリーズは、次の様な運用がされています。

  • 荒れた未舗装路でも離着陸可能であり、敵地に兵員や装備を空輸するための主要な輸送機
  • 米国空軍の様々な部隊で運用され、平時から幅広い作戦任務に対応

また、C-130は基本型の他、特殊な用途に応じた様々な機体が存在しています。

C-130ハーキュリーズの特徴

C-130ハーキュリーズの基本的な特徴を列挙します。

  • ランプ(loading ramp)とドアを使用することで、ヘリコプターや6輪装甲車から標準的なパレット貨物や人員まで、様々な大型貨物を搭載可能
  • 最大42,000ポンドの貨物を空輸可能
  • 高浮力着陸装置(high-flotation landing gear)により、荒れた路面に着陸可能

C-130ハーキュリーズは柔軟な設計により次の様な柔軟な運用を実現しています。

  • 様々な任務に対応できるよう構成されており、1機で多くの役割に対応可能
  • 特殊任務用装備の多くは取り外しが可能であるため、必要に応じて貨物輸送任務に対応可能
  • パレット積機材、床積み機材、空中投下のプラットフォーム、コンテナ配送システム、車両や人員、航空医療搬送など、様々な貨物に合わせて迅速に再構成可能

最新のC-130Jスーパーハーキュリーズ(Super Hercules)の特徴

C-130Jスーパーハーキュリーズ(Super Hercules)は、C-130シリーズの最新型であり、老朽化したC-130Eと老朽化したC-130Hの後継機となっています。

6枚羽根の全複合プロペラを備えた新型ターボプロップエンジンによる性能向上型で、中身(アビオニクス等のシステム)も更新されていますが、外観上は大きな変化はないようです。

C-130Jには最新技術が導入された結果、旧型のC-130と比較して、以下のことを実現しています。

  • 必要人員の削減
  • 運用・サポートコストの低減
  • ライフサイクルコストの削減

C-130Jは、旧型と比較すると、次の様な性能向上型となっています。

  • より速く高く上昇可能
  • より高い高度及び巡航速度でより遠くまで飛行可能
  • より短い距離で離着陸可能

C-130Jの主なシステム面(アビオニクスなど)での改良点を以下に列挙します。

  • 完全統合型デジタルアビオニクス
  • カラー多機能液晶とヘッドアップディスプレイを備えた2パイロットフライトステーション
  • デュアル慣性航法システム及びGPSを含む最新鋭のナビゲーション
  • 完全統合型防御システム
  • 低出力カラーレーダー
  • デジタル移動地図表示
  • デジタルオートパイロット
  • 6枚羽根の全複合プロペラを備えた新型ターボプロップエンジン
  • 燃料、環境、氷からの防護、荷役システムの改善

C-130シリーズの歴史

C-130の歴史について簡単に説明します。

  • 1951年:米国空軍から設計仕様書が発行
    • 初期生産型はC-130A
    • アリソンT56-A-11又はT56-A-9ターボプロップエンジン4基搭載
    • (Allison社、現ロールス・ロイス社に買収された。)
    • 合計219機が発注された。
  • 1956年12月:納入開始
    • C-130Bは、アリソンT56-A-7ターボプロップエンジン搭載
  • 1959年5月:C-130B、134機が米国空軍に納入された。
  • 1962年8月:C-130E、389機の納入
    • これまでと同じアリソンT56-A-7エンジンを使用しながら、4.88kl(m3)の外部燃料タンク2基と最大離陸重量能力を向上
  • 1974年6月:C-130H、308機納入
    • より強力なアリソンT56-A-15ターボプロップエンジン搭載
    • 外見はC-130Eとほぼ同じですが、機体の性能が大きく向上
  • 1999年2月:C-130Jの納入開始
    • ロールス・ロイス社(Rolls-Royce)製のAE2100D3ターボプロップエンジン
    • 上記エンジンに6枚羽根の複合プロペラを組み合わせ、従来機より大幅な性能向上を実現
    • C-130J-30は、胴体を4.57m延長したストレッチバージョンで、さらに能力が向上

写真で見るC-130ハーキュリーズ

C-130Jスーパーハーキュリーズ(Super Hercules)について、米国空軍のWebサイトの写真を使いながら特徴を説明します。

機体形状

まずは機体形状から見ていきます。

下図の通り、C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIよりは小型の機体ですが、ターボプロップエンジンによるプロペラ機となっています。

C-130Hercules(ハーキュリーズ):上面

190723-F-PM645-3104 A C-130J Super Hercules assigned to the 374th Operations Group flies over Yokota Air Base, Japan during Col. Barry King’s fini-flight, July 23, 2019. For many aircrew, the fini-flight, or final flight, is a way to recognize and honor fellow aviators for their dedication to the mission. (U.S. Air Force photo by Yasuo Osakabe)

図2-1 C-130J Super Hercules:上面

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

正面からみると、翼端の補助翼(ウィングレット)もなく、オーソドックスな設計となっています。

C-130J Super Hercules:正面

19th AW, AMC receive final C-130J A new C-130J Super Hercules arrives at Little Rock Air Force Base, Ark., May 27, 2020. The historic aircraft delivery to Little Rock AFB serves as the final C-130J for the 19th Airlift Wing since it began transitioning from older C-130H cargo aircraft to newer C-130J models in 2004. (U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Jayden Ford)

図2-2 C-130J Super Hercules:正面

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

横からみると、機体後部のランプから水平尾翼にかけて輸送機らしい形状を確認できます。

C-130J Super Hercules:側面

Fuji Flight 2021 An Air Force C-130J Super Hercules flies over Yokota Air Base, Japan, Jan. 5, 2021 during a training mission. The C-130J’s operations including tactical airland and airdrop, as well as aeromedical and distinguished visitor airlift. (U.S. Air Force photo by Yasuo Osakabe)

図2-3 C-130J Super Hercules:側面

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、機体下方からの写真です。

胴体中央部の車輪が格納されている部分、フラップが分かります。

C-130J Super Hercules:下面

180330-F-PM645-3675 A C-130J Super Hercules assigned to the 36th Airlift Squadron flies over Yokota Air Base, Japan, during a training mission March 30, 2018. Sakura trees bloomed at Yokota eight days earlier than last year. (U.S. Air Force photo by Yasuo Osakabe)

図2-4 C-130J Super Hercules:下面

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

操縦席

下図は、C-130J Super Herculesのコクピットの写真です。

旅客機のような2人乗りの操縦席で、前方左右の視界を確保する窓も確認できます。

C-130J Super Hercules:コクピット

180821-F-EQ901-1244 U.S. Air Force Capt. Bryant Bailey, 37th Airlift Squadron pilot, and Lt. Col. Alex Miller, 37th AS director of operations, fly a C-130J Super Hercules aircraft over Romania as Romanian air force Lt. Cmdr. Nicoleta Udrescu, Air Base 90 Otopeni pilot, watches during exercise Carpathian Summer 2018, Aug. 21, 2018. The purpose of the bilateral training exercise is to enhance interoperability and readiness by conducting combined air operations with the Romanian air force. (U.S. Air Force photo by Senior Airman Devin Boyer)

図3 C-130J Super Hercules:コクピット

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

離陸

下図は、離陸時の写真です。

基地の滑走路から離陸した写真です。

頑丈そうな車輪が目立ちます。

C-130J Super Hercules:離陸(その1)

Yokota aids Japan with earthquake relief A C-130 Hercules takes off from Yokota Air Base, Japan, April 18, 2016. The 374th Airlift Wing sent two aircraft in support of the government of Japan in their relief efforts for the series of earthquakes that took place in the Kyushu region recently. The aircraft transported heavy vehicles and personnel from Chitose Air Base, Hokkaido to Kyushu. (U.S. Air Force photo/Yasuo Osakabe)

図4-1 C-130J Super Hercules:離陸(その1)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、いわゆる飛行場の滑走路ではなく、荒れた路面から離陸する写真です。

C-130シリーズは、多様な任務に対応するため飛行場の滑走路以外からも離着陸できます。

C-130J Super Hercules:離陸(その2)

A U.S. Air Force C-130J Super Hercules Aircraft from Dyess Air Force Base, Texas, takes off during Exercise Swift Response 16 at Hohenfels Training Area, Germany, June 17, 2016. Exercise SR16 is one of the premier military crisis response training events for multinational airborne forces in the world, the exercise has more than 5,000 participants from 10 NATO nations. (U.S. Air Force photo by Master Sgt. Joseph Swafford/Released)

図4-2 C-130J Super Hercules:離陸(その2)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

着陸

下図は、いわゆる飛行場の滑走路ではない滑走路に着陸した時の写真です。

着陸時には、搭載した貨物等の荷重も加わるので、短距離で停止するのはなかなか大変です。

C-130J Super Hercules:着陸

140825-F-UE958-034 A C-130J Super Hercules lands on an unimproved runway Aug. 25, 2014, at Powidz Air Base, Poland. Throughout the deployment to Poland, Airmen were able to work with NATO partners to develop and improve forces capable of maintaining regional security. (U.S. Air Force photo/Staff Sgt. Jarad A. Denton)

図5 C-130J Super Hercules:着陸

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

空中給油を受ける

下図は、C-130J Super HerculesがKC-135 Stratotankerから空中給油を受ける写真です。

手前に写っているのがKC-135 Stratotankerの空中給油のブームの先端部分です。

C-130J Super Hercules:空中給油(その1)

Got gas? OVER THE PACIFIC OCEAN — Maj. Jeff Flint prepares to hook up his C-130 Hercules with a KC-135 Stratotanker from the 909th Air Refueling Squadron at Kadena Air Base, Japan. The refueling squadron’s aircrews support peacetime operations and all levels of conflict in the Pacific theater. He is a Hercules pilot with the 1st Special Operations Squadron, also at Kadena. (U.S. Air Force photo by Master Sgt. Val Gempis)

図6-1 C-130J Super Hercules:空中給油(その1)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、KC-135 Stratotankerの空中給油用のフライングブームのオペレーターです。

見ての通り目視での操作であり、燃料を受け取る側の操縦技量と合わせ非常に繊細な作業だそうです。

C-130J Super Hercules:空中給油(その2)

Got gas? OVER THE PACIFIC OCEAN — Staff Sgt. Chris Maleski refuels a C-130 Hercules from the 1st Special Operations Squadron at Kadena Air Base, Japan. He is a KC-135 Stratotanker boom operator from the 909th Air Refueling Squadron, also at Kadena. The refueling squadron’s aircrews support peacetime operations and all levels of conflict in the Pacific theater. (U.S. Air Force photo by Master Sgt. Val Gempis)

図6-2 C-130J Super Hercules:空中給油(その2)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図では、KC-135 Stratotankerの空中給油用のフライングブームの給油口がC-130J Super Herculesの給油口に差し込まれています。

C-130J Super Hercules:空中給油(その3)

Got gas? OVER THE PACIFIC OCEAN — A C-130 Hercules from the 1st Special Operations Squadron at Kadena Air Base, Japan, is refueled by a KC-135 Stratotanker from the 909th Air Refueling Squadron, also at Kadena. The refueling squadron’s aircrews support peacetime operations and all levels of conflict in the Pacific theater. (U.S. Air Force photo by Master Sgt. Val Gempis)

図6-3 C-130J Super Hercules:空中給油(その3)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

接続箇所のアップです。

がC-130J Super Herculesのパイロットの表情まで分かりそうです。

C-130J Super Hercules:空中給油(その4)

Got gas? OVER THE PACIFIC OCEAN — Maj. Jeff Flint looks up at a KC-135 Stratotanker from the 909th Air Refueling Squadron at Kadena Air Base, Japan. The refueling squadron’s aircrews support peacetime operations and all levels of conflict in the Pacific theater. He is a C-130 Hercules pilot with the 1st Special Operations Squadron, also at Kadena. (U.S. Air Force photo by Master Sgt. Val Gempis)

図6-4 C-130J Super Hercules:空中給油(その4)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

空中給油をする

下図は、C-130J Super Herculesが空中給油をしている写真です。

2基のヘリコプター(HH-60 Pave Hawk)への空中給油のデモンストレーションの写真です。

C-130J Super Herculesの両翼からぶら下がっているのは、シャトルコック型(バトミントンのシャトルの様な形状)のドローグ(drogue)です。

ヘリコプタター側からは、給油ノズルを出して給油を受けます。

C-130J Super Hercules:空中給油

190710-F-XS730-0044 Two HH-60 Pave Hawk helicopters fly in formation with a C-130 Hercules aircraft showcasing a simulated air refueling operation, July 10, 2019, during a Combat Search and Rescue demonstration over the Terrazzo. The demonstration included a showcase of a variety of aircraft including four A-10 Thunderbolts, two HH-60s, a C-130 Hercules and a U-2 flyover. (U.S. Air Force photo by Trevor Cokley)

図7 C-130J Super Hercules:空中給油

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

空中投下:空挺部隊の降下

下図は、陸上自衛隊の空挺部隊の降下訓練の写真です。

機体側面のドアから降下しています。

C-130J Super Hercules:空挺部隊の降下

Airborne 22: US, Japan test interoperability Japan Ground Self-Defense Force paratroopers assigned to the 1st Airborne Brigade jump from a U.S. Air Force C-130J Super Hercules assigned to the 36th Airlift Squadron over Combined Arms Training Center Camp Fuji, Japan, Jan. 25, 2022, during Airborne 22. Airborne 22 involved approximately 540 JGSDF paratroopers, 13 C-130 aircraft and 120 container delivery system bundles. Proper execution of this large-scale ability showcases the strategic importance of engaging in bilateral operations. (U.S. Air Force photo by Senior Airman Brieana E. Bolfing)

図8 C-130J Super Hercules:空挺部隊の降下

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

積載

下図は、エンジン稼働中のC-130 Herculesに、車両がバックで乗り込んでいる写真です。

C-130シリーズの基本設計が優れている点の1つに、車両が乗り込んでいるランプや機体後部の強度設計があると考えています。

C-130 Hercules:積載

190417-F-KU465-1001 Tech. Sgt. Russell Hudson, 39th Aerial Port Squadron air transportation technician, directs a vehicle as it is backed into a C-130 Hercules aircraft during an engine-running onload at Peterson Air Force Base, Colo., April 17, 2019. Hudson is one of six team members representing the 39th APS at the Air Force Reserve Command’s biannual Port Dawg Challenge at Dobbins Air Reserve Base, Ga., April 22-26 (U.S. Air Force photo by Tech. Sgt. Frank Casciotta)

図8 C-130 Hercules:積載

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

フレア

下図は、C-130 Herculesから、フレア(照明弾)を投射している写真です。

C-130 Hercules:フレア(その1)

SSTK21 – Aerial Maneuvers An Air Force C-130 Hercules fires flares during exercise Southern Strike at Camp Shelby Joint Forces Training Center, Miss., April 25, 2021. More than 2,000 service members participated in the annual training exercise designed to increase combat readiness. (U.S. Army photo by Sgt. Jovi Prevot)

図9-1 C-130 Hercules:フレア(その1)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

C-130 Hercules:フレア(その2)

190924-Z-QG327-2311 A C-130 Hercules from the 153rd Airlift Wing, Wyoming Air National Guard, fires off flares over Camp Guernsey Joint Training Center, Wyo., during a training mission Sept. 24, 2019. The 153rd Airlift Wing’s primary mission is to provide combat airlift to the state of Wyoming and the nation. (U.S. Air National Guard photo by Staff Sgt. Jon Alderman)

図9-2 C-130 Hercules:フレア(その2)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

空中消火

下図は空中からの消火訓練の写真です。

C-130J Super Hercules:空中消火訓練

Fire suppression support A California Air National Guard C-130J Super Hercules assigned to the 146th Airlift Wing flies a training route during the 2022 Modular Airborne Firefighting Systems Spring Training in Boise, Idaho, April 29, 2022. The MAFFS units are training to support USDA Forest Service-National Interagency Fire Center requests for fire suppression support. (U.S. Air National Guard photo by Senior Airman Thomas Cox)

図10 C-130J Super Hercules:空中消火訓練

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

C-130ハーキュリーズの諸元

C-130は、Lockheed-Martin Aeronautics Company製です。

主な諸元を以下に列挙します。

  • エンジン(推力)
    • C-130E:アリソン製T56-A-7ターボプロップ4基、3,089kW(4,200hp)
    • C-130H:アリソン製T56-A-15ターボプロップ4機、3,377kw(4,591hp)
    • C-130J:ロールス・ロイス社製AE 2100D3ターボプロップ4機、3,457kW(4,700 hp)
  • 全長:29.3m (C-130J-30:34.69m)
  • 全高:11.9m
  • 主翼幅: 39.7m
  • 貨物室:
    • C-130E/H/J:長さ12.5m、幅3.12m、高さ2.74m、後部ランプ:長さ36.27m、幅3.02m
    • C-130J-30:長さ16.9m、幅3.12m、高さ2.74m、後部ランプ:長さ3.12m、幅3.02m
  • 速度:
    • C-130E::高度6,060mでマッハ0.49(599km/h)
    • C-130H:高度6,060mでマッハ0.52(636km/h)
    • C-130J:高度6,706mでマッハ0.59(722km/h)
    • C-130J-30:高度6,706mでマッハ0.58(710km/h)
  • 高度:
    • C-130J: 8,615m、19,090kg積載時
    • C-130J-30:8,000m、20,227kg積載時
    • C-130H: 7,077m、19,090kg積載時
    • C-130E: 5,846m、19,090kg積載時
  • 最大離陸重量
    • C-130E/H:69,750kg
    • C-130J:74,393kg
  • 最大積載重量
    • C-130E:19,090kg
    • C-130H:19,090kg
    • C-130J:19,090kg
    • C-130J-30:19,958kg
  • 最大標準積載重量
    • C-130E:16,590kg
    • C-130H:16,590kg
    • C-130J:15,422kg
    • C-130J-30:16,329kg
  • 最大標準積載重量時の航続距離
    • C-130E:1,850km
    • C-130H:1,944km
    • C-130J:3,332km
    • C-130J-30:3,147km
  • 15,875kg積載時の航続距離
    • C-130E:2,314km
    • C-130H:2,407km
    • C-130J:2,962km
    • C-130J-30:3,889
  • 乗員数
    • C-130E/H :5名(パイロット2名、ナビゲーター、フライトエンジニア、ロードマスター(loadmaster)各1名)
      • ロードマスター(loadmaster)とは、搭載業務や安全な飛行のために重量バランスなどを管理する。
    • C-130J/J-30:3名(パイロット2名、ロードマスター(loadmaster)1名)
  • 航空医療搬送クルー:航空医療搬送任務の場合、クルーは基本5名(フライトナース2名とメディカルテクニシャン3名)
はかせ
はかせ

馬力(HP)は、「馬力=キロワット×1.3596」で換算しました。

参考リンク:米国空軍のWebサイト

米国空軍のWebサイトから、C-130ハーキュリーズについてのリンクを紹介します。

このページの情報を主に本記事をまとめています。

C-130 Hercules
The C-130 Hercules primarily performs the tactical portion of the airlift mission. The aircraft is capable of operating from rough, dirt strips and is the prime...
スポンサーリンク

まとめ

輸送機には戦闘機やステルス機の様な外見のスマートさはありませんが、様々なミッションを支えています。

戦術輸送機のベストセラーとも言われるC-130ハーキュリーズには、様々なバリエーションがあります。

ここでは、主に米国空軍のWebサイトの情報からC-130 Hercules(ハーキュリーズ) や最新型C-130J Super Hercules(スーパーハーキュリーズ)について以下の項目で説明しました。

  • C-130ハーキュリーズの用途
    • C-130ハーキュリーズの特徴
    • 最新のC-130Jスーパーハーキュリーズ(Super Hercules)の特徴
    • C-130シリーズの歴史
  • 写真で見るC-130ハーキュリーズ
    • 機体形状
    • 操縦席
    • 離陸
    • 着陸
    • 空中給油を受ける
    • 空中給油をする
    • 空中投下:空挺部隊の降下
    • 積載
    • フレア
    • 空中消火
  • C-130ハーキュリーズの諸元
  • 参考リンク:米国空軍のWebサイト
タイトルとURLをコピーしました