PR

AC-130Jゴーストライダー:ガンシップと呼ばれる近接航空支援機

AC-130Jゴーストライダー(Ghostrider) 輸送・空中給油機

AC-130Jゴーストライダー(Ghostrider)は、ガンシップと呼ばれる近接航空支援を主な任務としています。

  • 近接航空支援には、対地攻撃、航空阻止(敵の航空機による脅威から守る)、武装偵察などが含まれます。

AC-130Jゴーストライダーは、その見た目から対地攻撃機とも呼ばれています。

戦闘機はミサイルでピンポイントの攻撃をするイメージですが、AC-130Jゴーストライダーの対地攻撃は、陸軍が使うような火砲(30mm、105mm)を航空機に搭載して射撃するイメージです。

ここでは、主に米国空軍のWebサイトの情報からAC-130Jゴーストライダー(Ghostrider)についてまとめています。

スポンサーリンク

AC-130Jゴーストライダーの用途

AC-130Jゴーストライダー(Ghostrider)は、C-130ハーキュリーズに武装を搭載しており、ガンシップとも呼ばれています。

対地攻撃、航空阻止(敵の航空機による脅威から守る)、武装偵察などの近接航空支援を主な任務としています。

AC-130Jゴーストライダー(Ghostrider)

An AC-130J Ghostrider assigned to the 4th Special Operations Squadron, Hurlburt Field, Fla., flies over Wisconsin during EAA AirVenture Oshkosh 2021, July 30, 2021. The AC-130J is part of a gunship legacy flight which paid tribute to Air Force Special Operations Command’s heritage and showcased its newest gunship to the public. (U.S. Air Force photo by Master Sgt. Christopher Boitz)

図1 AC-130Jゴーストライダー(Ghostrider)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

例えば、次の様な任務(ミッション)があります。

  • 近接航空支援:敵と接触している部隊を航空戦力によるサポート、輸送隊の護衛
  • 航空阻止:後方連絡線上の敵部隊や物資(兵站)の遅滞(補給を遅らせる等)、妨害や撃破
  • 偵察や監視

また、AC-130Jゴーストライダーは、搭載している直射火器を使い、地上目標に対し、継続的かつ精密な対地攻撃が可能です。

C-130ハーキュリーズについては、以下の記事をご参照ください。

AC-130Jゴーストライダーの特徴

AC-130Jは、C-130Jを高度に改良した機体で、最新の機能を数多く搭載しており、精密工が気以下の特徴があります。

  • デジタルアビオニクスが完全に統合された最新の2パイロット・フライトステーション
  • デュアル慣性航法システム及びGPS(全地球測位システム)を完全に統合した航法システムによる極めて正確な航行を実現
  • 航空機防御システム、カラー気象レーダーの統合
  • 空中給油可能。(Universal Air Refueling Receptacle Slipway Installation system)

さらに、AC-130Jの精密打撃パッケージ(the Precision Strike Package)では、以下の改修がなされています。

  • ミッション・マネジメント・コンソール
  • 堅牢(robust)な通信装置
  • 2つの電気光学・赤外線センサー
  • 高度な火器管制装置
  • 精密誘導弾の運搬能力
  • 30mm及び105mm砲による射撃が可能

また、ミッション管理システムにより、センサー、通信、環境、戦況、脅威などの情報を融合した共通の作戦情報画面を提供しています。

AC-130シリーズの歴史

AC-130Jは、老朽化したAC-130U/Wガンシップに替わる、第5世代のガンシップです。

AC-130ガンシップは、トラックなどの輸送車両への攻撃の他、人命救助や近接航空支援に使われ、特殊作戦や通常兵力を支援するため、世界中に配備されてきました。

2012年5月、AC-130Jはゴーストライダーと正式に命名されました。

2015年6月、AC-130J初号機の開発試験・評価を完了しました。

2017年に初期運用能力を達成しており、完全な運用能力の獲得は2025年度と予想されています。

2018年2月、最初のAC-130J飛行隊での運用が開始されました。

写真でみるAC-130Jゴーストライダー

AC-130Jゴーストライダー(Ghostrider)について、米国空軍のWebサイトの写真を使いながら特徴を説明します。

機体形状

まずは、機体形状から見ていきます。

下図のAC-130Jゴーストライダーの左側面から銃身が飛び出ていることが分かります。

AC-130Jゴーストライダー(Ghostrider):左側面

AC-130J Ghostrider The AC-130J is a highly modified C-130J aircraft that contains many advanced features. It contains an advanced two-pilot flight station with fully integrated digital avionics. The aircraft is capable of extremely accurate navigation due to the fully integrated navigation systems with dual inertial navigation systems and global positioning system. (U.S. Air Force photo)

図2-1 AC-130Jゴーストライダー(Ghostrider):左側面

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、AC-130Jゴーストライダーの右側面です。

AC-130Jゴーストライダーは、C-130ハーキュリーズに武装を搭載しているので、右側はそっくりです。(当たり前ですが)

AC-130Jゴーストライダー(Ghostrider):右側面

140131-F-GF899-009 The newly created AC-130J Ghostrider takes to the air during its first official sortie Jan. 31 at Eglin Air Force Base, Fla. The Air Force Special Operations Command MC-130J arrived at Eglin in January 2013 to begin the modification process for the AC-130J, whose primary mission is close air support, air interdiction and armed reconnaissance. A total of 32 MC-130J prototypes will be modified as part of a $2.4 billion AC-130J program to grow the future fleet. (U.S. Air Force photo/Sara Vidoni)

図2-2 AC-130Jゴーストライダー(Ghostrider):右側面

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像(加工しています)

下図から、機体下部と後方の形状が分かります。

AC-130Jゴーストライダー(Ghostrider):機体下面及び後方

140305-F-MV531-001 The AC-130J Ghostrider will provide close air support, special operations armed airborne reconnaissance, and ordnance delivery to precise targets in support of ground forces. (Courtesy photo)

図2-3 AC-130Jゴーストライダー(Ghostrider):機体下面及び後方

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像(加工しています。)

機首とエンジン

下図から、エンジンのプロペラ形状が分かりやすいと思います。

AC-130Jゴーストライダー(Ghostrider):機首とプロペラ

140131-F-PT591-000 Capt. Steve Visalli, a flight test engineer with the 413th Flight Test Squadron, boards the newly created AC-130J Ghostrider in anticipation of its first official sortie Jan. 31 at Eglin Air Force Base, Fla. The Air Force Special Operations Command MC-130J arrived at Eglin in January 2013 to begin the modification process for the AC-130J, whose primary mission is close air support, air interdiction and armed reconnaissance. A total of 32 MC-130J prototypes will be modified as part of a $2.4 billion AC-130J program to grow the future fleet. (U.S. Air Force photo/Chrissy Cuttita)

図3 AC-130Jゴーストライダー(Ghostrider):機首とプロペラ

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

空中給油

下図は、KC-135R Stratotankerから空中給油を受けるAC-130Jゴーストライダーです。

AC-130Jゴーストライダー(Ghostrider):空中給油

Emerald Warrior 2017 An MC-130J Commando II receives fuel from a KC-135R Stratotanker during a training sortie in support of Emerald Warrior 17 March 7, 2017. Emerald Warrior is a U.S. Special Operations Command exercise during which joint special operations forces train to respond to various threats across the spectrum of conflict. The MC-130J is assigned to the 9th Special Operations Squadron and the KC135R is assigned to Ohio Air National Guard’s 121st Air Refueling Wing. (U.S. Air National Guard photo/Senior Airman Ashley Williams)

図4 AC-130Jゴーストライダー(Ghostrider):空中給油

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像(加工しています)

火力

最もAC-130らしいのが、搭載武装です。

下図は、AC-130Uですが、陸軍で使用するような火砲(直射火器なのでキャノンまたはカノン砲)が航空機に搭載され、飛行中に射撃できるのですから驚きです。

航空機なのに射撃の反動や衝撃にも耐える構造は、材料や設計、製造方法にも工夫があるのではないでしょうか。

下図が、航空機内の写真だということに驚きます。

図5-1 AC-130Uゴーストライダー(Spooky):カノン砲(その1)

180619-F-UQ958-0546 Aircrew with the 4th Special Operations Squadron conduct a routine training mission in an AC-130U Spooky gunship at Hurlburt Field, Fla., June 19, 2018. The AC-130U gunship’s primary missions are close air support, air interdiction and armed reconnaissance. (U.S. Air Force photo by Senior Airman Joseph Pick)

図5-1 AC-130Uゴーストライダー(Spooky):カノン砲(その1)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像(加工しています)

AC-130Uゴーストライダー(Spooky):カノン砲(その2)

A spooky gunner SOUTHWEST ASIA — Tech. Sgt. Jim Jochum loads a round into a 105 mm cannon onboard an AC-130U Spooky Gunship. The aircraft is also armed with a 25 mm gun and 40 mm cannon. Its primary missions include close-air support for convoys, air interdiction of targets and force protection for base defense. Sergeant Jochum is an aerial gunner assigned to the Air Force Special Operations Detachment at a forward-deployed location and is deployed from Hurlburt Field, Fla. He completed his 150th combat mission on an AC-130U on July 6. (U.S. Air Force photo by Capt. Denise Boyd)

図5-2 AC-130Uゴーストライダー(Spooky):カノン砲(その2)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像(加工しています)

AC-130Uゴーストライダー(Spooky):カノン砲(その3)

A spooky gunner SOUTHWEST ASIA — Tech. Sgt. Jim Jochum loads a 40 mm gun on an AC-130U Spooky Gunship. Sergeant Jochum is an aerial gunner assigned to the Air Force Special Operations Detachment at a forward-deployed location. He completed his 150th combat mission on an AC-130U on July 6. The aircraft is armed with a 25 mm gun, 40 mm cannon and a 105 mm cannon. Its primary missions include close-air support for convoys, air interdiction of targets and force protection for base defense. Sergeant Jochum is deployed from Hurlburt Field, Fla. (U.S. Air Force photo by Capt. Denise Boyd)

図5-3 AC-130Uゴーストライダー(Spooky):キャノン砲(その3)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像(加工しています)

フレア

下図は、AC-130H(Spectre)の写真です。

AC-130Jゴーストライダーに限りませんが、近接航空支援をするということは、攻撃を受けた際の対応も当然できるということです。

AC-130H(Spectre):フレア

AC-130H Spectre The AC-130H Spectre gunship’s primary missions are close air support, air interdiction and armed reconnaissance. Other missions include perimeter and point defense, escort, landing, drop and extraction zone support, forward air control, limited command and control, and combat search and rescue. These heavily armed aircraft incorporate side-firing weapons integrated with sophisticated sensor, navigation and fire control systems to provide surgical firepower or area saturation during extended periods, at night and in adverse weather. The sensor suite consists of a low-light-level television sensor and an infrared sensor. Radar and electronic sensors also give the gunship a method of positively identifying friendly ground forces as well as effective ordnance delivery during adverse weather conditions. Navigational devices include an inertial navigation system and global positioning system.

図6 AC-130H(Spectre):フレア

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像(加工しています)

AC-130Jゴーストライダーの諸元

AC-130Jは、C-130ハーキュリーズと同じLockheed-Martin Aeronautics Company製です。

  • エンジン(推力):
    • ロールスロイス社製AE2100D3型ターボプロップエンジン4基
    • エンジン1基あたり3,457kW(4,700hp) ※C-130Jと同じ
  • 全長:29.3m
  • 全高:11.9m
  • 主翼幅:39.7メートルm
  • 速度:670km/h
  • 高度:8,534m
  • 最大離陸重量: 74,389kg
  • 航続距離:4,828km 空中給油を伴う乗員勤務日数による制限あり
  • 乗組数:パイロット2名、戦闘システム士官1名、兵器システムオペレーター1名、センサーオペレーター1名、特殊任務飛行士4名
  • 武装(精密打撃パッケージ):
    • 30mm及び105mmキャノン(カノン砲)
    • スタンドオフ精密誘導弾(GBU-39小口径爆弾、GBU-69小型滑空弾、AGM-114ヘルファイアミサイル、AGM-176グリフィンミサイルなど)
はかせ
はかせ

馬力(HP)は、「馬力=キロワット×1.3596」で換算しました。

参考リンク

米国空軍のWebサイトから、AC-130Jゴーストライダーについてのリンクを紹介します。

このページの情報を主に本記事をまとめています。

スポンサーリンク

まとめ

AC-130Jゴーストライダー(Ghostrider)は、C-130ハーキュリーズに武装を搭載しており、ガンシップとも呼ばれ近接航空支援を主な任務としています。

ここでは、主に米国空軍のWebサイトの情報からAC-130Jゴーストライダー(Ghostrider)について以下の項目で説明しました。

  • AC-130Jゴーストライダーの用途
    • AC-130Jゴーストライダーの特徴
    • AC-130シリーズの歴史
  • 写真でみるAC-130Jゴーストライダー
    • 機体形状
    • 機首とエンジン
    • 空中給油
    • 火力
    • フレア
  • AC-130Jゴーストライダーの諸元
  • 参考リンク
はかせ

サイト管理人で記事も書いているモノづくり会社の品証の人。
振動制御で工学博士なれど、いろいろ経験して半世紀。
はかせの詳細は「はかせ」をクリック

はかせをフォローする
輸送・空中給油機
スポンサーリンク
シェアする
はかせをフォローする
実験とCAEとはかせ工房
タイトルとURLをコピーしました