C-17グローバルマスターIII:60トン超の主力戦車M1A2を運べる輸送機

C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIは、米国空軍に導入されている大型の輸送機(cargo aircraft)です。

C-17 Globemaster IIIは、米国陸軍の60トン(60,000kg)超えの主力戦車M1A2エイブラムスを空輸可能で、様々なミッションに使用されます。

輸送機には戦闘機やステルス機の様な外見のスマートさはありませんが、様々なミッションを支える兵站の一翼を支えています。

ここでは、主に米国空軍のWebサイトの情報からC-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIについてまとめています。

スポンサーリンク

C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIの用途

C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIは、60トン(60,000kg)を超える主力戦車M1A2を空輸できる輸送機です。

下図の通り、エンジン4基で胴体が太い大型の機体です。

C-17 Globemaster(グローバルマスター) III

A U.S. Air Force C-17 Globemaster III heavy-lift transport aircraft flies over Travis Air Force Base, Calif., Mar. 27, 2017. This aircraft was developed for the USAF in the 1980s to the early 1990s by McDonnell Douglas. The C-17 carries forward the name of two previous piston-engined military cargo aircraft, the Douglas C-74 Globemaster and the Douglas C-124 Globemaster II. The C-17 commonly performs strategic airlift missions, transporting troops and cargo throughout the world; additional roles include tactical airlift, medical evacuation and airdrop duties.(U.S. Air Force photo/ Heide Couch)

図1 C-17 Globemaster(グローバルマスター) III

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIは、以下に示す戦略的・戦術的な運用(世界中で起こりうる武力紛争、平和維持、人道的任務などへの対応)がなされています。

  • 兵員やあらゆる種類の貨物の輸送(作戦基地や前方基地へなどの戦略的輸送)
  • 戦術的な空輸
  • 空中投下任務
  • 医療に関連する空輸

特に軍事面では、機械化された装備のサイズと重量増に対応できる航空機動性を高める効果があります。

以下、C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIを主な特徴を説明します。

高い信頼性と整備性

C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIは、次の様に信頼性と整備性に優れています。

  • 航空機のミッション完了成功確率92%
  • 飛行時間あたりの航空機メンテナンス工数はわずか20時間
  • 完全なミッションの稼働率は74.7%
  • 部分的なミッションの稼働率は82.5%

大きな機体と工夫されたエンジン

C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIの大きさは、全長53m、主翼幅51.75mです。

搭載されている4機のエンジンの特徴を列挙します。

  • F117-PW-100ターボファン・エンジン 4機搭載
    • ボーイング757に搭載されているプラット・アンド・ホイットニー社のPW2040をベースしている。
    • エンジン推力(1基):18,343kgf
  • スラスト・リバーサー(thrust reverser)を装備
    • 塵や屑を吸い込まないよう、空気の流れを上方や前方に向けることができる。
    • 後方へのタキシング中に機体を反転させるのに十分な推力となる。
    • 最大速度での降下のために飛行中の抗力を発生させることができる。これにより、短い滑走路など条件の厳しい飛行場の利用が可能で、ペイロード(搭載量)を大きくすることができる。
  • 空軍標準のアビオニクスを含め、市販の機器を最大限に利用している。

ミッションによる運用人員

C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIは、3人の乗組員(パイロット、副パイロット、ロードマスター)で運用されます。

貨物等の積載について

C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIの後部には、69トン(69,000kg)のM1A2エイブラムス主力戦車、装甲車、トラック、トレーラーなど、米国陸軍のほぼすべての空輸機材に対応できる大型ランプとドアシステムを装備しています。

貨物フロアにはローラーを装備し、装輪車両やけん引車両に対応するフラットフロアから、パレット積み貨物に対応するローラー付きコンベアへと反転させることができるようになっています。

なお、C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIは、空挺部隊(102人)とそれに付随する装備品を空輸できるように設計されています。

最大積載量や飛行性能

C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIの積載量は、次の通りです。

  • 最大積載量:77,519kg
  • 最大離陸総重量:265,352kg

航続距離は、積載量74,797kg、初期巡航高度8,534mにおいて、

  • 無給油航続距離:約4,444km
  • 巡航速度:905km/h(マッハ0.74)

離着陸性能

C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIは、高揚力翼、スラット及び外部吹き付けフラップにより、小規模で厳しい飛行場での運用ができるよう設計されています。

  • スラット(slat)とは、主翼前面にある高揚力装置のこと

また、短い滑走路(幅27.4m、長さ1,064m)でも離着陸が可能です。

狭い滑走路でも、C-17は3ポイント・スターターン(three-point star turn)とバック機能を使用して旋回できます。

  • 3ポイント・スター・ターンとは、3点ターンのことのようで、Uターンできない場合の旋回方法の様です。

開発経緯

C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIの開発とこれまでの運用について簡単に紹介します。

  • 1991年9月:初飛行
  • 1993年6月:米国空軍への最初の引き渡し
  • 1995年1月:運用開始

当初の購入予定は120機だったが、追加購入が行われ、最終的に223機の航空機が保有されることになった。

写真で見るC-17 Globemaster(グローバルマスター) III

C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIについて、米国空軍のWebサイトの写真を使いながら特徴を説明します。

機体形状

まずは機体形状から見ていきます。

下図の通り巨大な胴体に加え、垂直・水平尾翼も大きな機体です。

C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:上面

A C-17 Globemaster III from the 301st Airlift Squadron, 349th Air Mobility Wing, Travis Air Force Base, Calif., is refueled by a KC-10 Extender, July 20, 2017. The C-17 Globemaster III was conducting a local training mission in Northern Calif. (U.S. Air Force photo Louis Briscese)

図2 C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:上面

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

正面から見ると、胴体とそれを支える大型本車輪がよく分かります。

A C-17 Globemaster III from the 301st Airlift Squadron, 349th Air Mobility Wing, Travis Air Force Base, Calif., is refueled by a KC-10 Extender, July 20, 2017. The C-17 Globemaster III was conducting a local training mission in Northern Calif. (U.S. Air Force photo Louis Briscese)

No beach vacation here A C-17 Globemaster III from the 452nd Air Mobility Wing at March Air Reserve Base, Calif., taxis May 2 at Ramey Field, Puerto Rico, during Patriot Hoover 2009. The exercise is a large-scale air mobility exercise involving units with Air Force Reserve Command, Puerto Rico’s Air National Guard, and units from the FBI. (U.S. Air Force photo/Master Sgt Rick Sforza)

図3 C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:正面

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

横から見ると、垂直尾翼の巨大さが目立ちます。

C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:側面

190927-F-NG306-1013 A C-17 Globemaster III from Dover Air Force Base, Del., takes off during exercise Mobility Guardian 2019 at Fairchild Air Force Base, Wash., Sept. 27, 2019. Mobility Guardian improves the readiness and capabilities of mobility Airmen to deliver rapid global mobility and builds a more lethal, ready Air Force. (U.S. Air Force photo by 1st Lt. Jessica Cicchetto)

図4 C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:側面

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下部から見ると、胴体中央部の車輪が格納されている部分、フラップ部分やウィングレットの形状が分かります。

C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:下面

Pope Field Hosts First All-Female Air Drop Paratroopers from the 82nd Airborne Division descend from a C-17 Globemaster III during Pope Army Airfield’s first all-female airdrop, April 13, 2021. The mission involved two C-17s, one from Joint Base Charleston, S.C., and the other from Joint Base Lewis-McChord, Wash. The all-female, joint aircrew and jumpers were made up of Airmen and Soldiers from four different installations. (U.S. Air Force photo by 2nd Lt. Margaret Burneske)

図5 C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:下面

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

操縦席

下図は、夜間のコクピットの写真です。

旅客機のような2人乗りの操縦席となっています。

前方左右に加え上方の視界を確保する窓も確認できます。

C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:コクピット

816 EAS perform cargo transport operations C-17 Globemaster III crew members assigned to the 816th Expeditionary Airlift Squadron perform routine flight duties during cargo transport operations in the U.S. Central Command area of responsibility, Nov. 30, 2020. The C-17 is capable of rapid strategic delivery of troops and cargo to main operating bases or directly to forward bases in the U.S. CENTCOM area of responsibility. (U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Taylor Harrison) (This image was altered for security purposes)

図6 C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:コクピット

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

離陸

下図は、離陸時の写真です。

大きな機体と頑丈そうな車輪が目立ちます。

C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:離陸(その1)

AVIANO AIR BASE, Italy — A C-17 Globemaster III takes off from here bound for McChord Air Force Base, Wash., after transiting through Italy. (U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Mitch Fuqua)

図7 C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:離陸(その1)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、横から見た離陸時の写真です。

主翼の大きさはあまり感じませんが、大きな機体と垂直尾翼、片側2基のエンジン、大きな機体を支える車輪が目立ちます。

機体後方の下側の貨物等の搭載口の部分が平面に切り取られた様な形になっていることが分かります。

C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:離陸(その2)

C-17 Demo A C-17 Globemaster III takes off during the Kaneohe Bay Air Show at Marine Corps Base, Hawaii, Aug. 12, 2022. The C-17 from Joint-Base Pearl Harbor-Hickam, Hawaii, was operated by a total force aircrew from the C-17 Demonstration Team and Hawaii Air National Guard throughout the event. The event was held to celebrate the military’s long-standing relationship with the local community and give the public an opportunity to witness the capabilities of the joint force. (U.S. Air National Guard photo by Staff Sgt. John Linzmeier)

図8 C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:離陸(その2)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、いわゆる飛行場の滑走路ではなく、荒れた路面から離陸する写真です。

C-17 Globemaster(グローバルマスター)は、多様な任務に対応するため飛行場の滑走路以外からも離着陸できる様々な機能を持っています。

C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:離陸(その3)

Dusty takeoff A C-17 Globemaster III from the 305th Air Mobility Wing, Joint Base McGuire-Dix-Lakehurst, N.J., takes off at Delamar Dry Lake, Nev., during the U.S. Air Force Weapons School Integration held at Nellis Air Force Base, Nev., Dec. 4, 2021. The C-17 is the most flexible aircraft to enter the airlift force with capabilities for rapid strategic delivery of troops and cargo to main operating bases or directly to forward bases in the deployment area. (U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Zachary Rufus)

図9 C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:離陸(その3)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

着陸

下図は、着陸時の写真です。

着陸時には、搭載した貨物等の荷重も加わるので、短距離で停止するのはなかなか大変です。

C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:着陸(その1)

Airlift Gas-n-Go A C-17 Globemaster III lands at Spangdahlem Air Base, Germany, Wednesday, March 22, 2006. The transport, from McChord Air Force Base, Wash., will receive services from Spangdahlem’s 726th Air Mobility Squadron. (U.S. Air Force photo/Master Sgt. John E. Lasky)

図10 C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:着陸(その1)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、スラスト・リバーサー(thrust reverser)を使用して着陸している写真です。

スラスト・リバーサー(thrust reverser)は、下図の写真でエンジンの中央部分の銀色に見えている部分で、逆噴射に使われています。

C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:着陸(その2)

Testing mobility forces During the short take off and landing phase of the Mobility Air Forces Exercise, a C-17 Globemaster lII lands on a dirt landing zone at the Nevada Test and Training Range near Nellis Air Force Base, Nev. The 29th Weapons Squadron provides advanced tactical training to C-130 Hercules aircrew selected to attend the Weapons School here. The six-month, graduate-level course culminates in a massive airlift mission, called the Mobility Air Forces Exercise. More than 30 airlift assets and hundreds of support personnel from across the Air Force participate in the biannual training exercise. (U.S. Air Force photo/Staff Sgt. Taylor Worley)

図11 C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:着陸(その2)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

空中給油

下図は、C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIが空中給油を受ける写真です。

機首上部の給油口が開いていることを確認できます。

C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:空中給油(その1)

Refuel A C-17 Globemaster III from Joint Base Lewis-McChord, Wash., receives fuel from a 92nd Air Refueling Wing KC-135 Stratotanker Nov. 12, 2015, over Washington state. During the flight, honorary commanders were able to lie beside Staff Sgt. Gregory Albers, a 93rd Air Refueling Squadron boom operator, during refueling, as well as view another refueling mission from the cockpit of a different KC-135 and C-17. (U.S. Air Force photo/Airman 1st Class Taylor Bourgeous)

図12 C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:空中給油(その1)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、空中給油のブームが接続されていることを確認できます。

夕刻の様ですが、給油口の周囲に緑色の照明(目印)があるので、夜間の空中給油もできるのでしょう。

C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:空中給油(その2)

HIANG practices nighttime refueling A C-17 Globemaster III sits on the parking ramp at the Fort Carson Air Terminal, Colo., before an exercise Cerberus Strike 16-02 mission Sept. 16, 2016. C-Strike was a joint exercise where contingency response forces rehearsed potential real-world situations by training with Army counterparts in cargo uploading and downloading on aircraft, aircraft engine running off-loads, communications, aerial port procedures, and air mobility liaison officer operations with airdrops. (U.S. Air Force photo/Master Sgt. Joseph Swafford)

図13 C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:空中給油(その2)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

空中投下

下図は、C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIからの貨物等の投下です。

投下物にパラシュートが付いています。

C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:空中投下

180608-Z-OZ546-2006 A Boeing C-17 Globemaster III drops equipment for the 173rd Airborne Brigade Combat Team during an airborne insertion exercise at Miroslawiec Air Base, Poland, June 8, 2018. The exercise is in support of Swift Response 18, a joint U.S. Army/Air Force exercise designed to train the U.S. Global Response Force – led by the U.S. Army’s 82nd Airborne Division. (National Guard photo by Pvt. Chris Estrada)

図14 C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:空中投下

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は空挺部隊(落下傘降下部隊)の写真です。

C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:空挺降下

Drop zone U.S. Army paratroopers assigned to the 2nd Infantry Brigade Combat Team, 11th Airborne Division, also known as Arctic Angels, conduct airborne operations at Malemute drop zone after exiting an Air Force C-17 Globemaster III at Joint Base Elmendorf-Richardson, Alaska, Aug. 24, 2022. Training jumps allow the Arctic Angels to stay proficient at their primary function – being a joint forcible entry unit, able to respond and project power across the Pacific within 18 hours. (U.S. Air Force photo by Senior Airman Patrick Sullivan)

図15 C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:空挺降下

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

積載いろいろ

C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIに搭載する様々な貨物などについて写真で見ていきます。

下図は、米国陸軍の主力戦車M1A2 Abrams(エイブラムス)を搭載している写真です。

M1A2 Abramsは、60トン(60,000kg)超、重量だけでなく戦車(装軌車)の自走に耐える機体の設計・製造も目立ちませんが技術力あればこそです。

下図の写真では、砲塔を後方に向けています。

C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:M1A2 Abrams

Heavy cargo U.S. Air Force Airmen assigned to the 816th Expeditionary Airlift Squadron load a U.S. Army M1A2 Abrams into a U.S. C-17A Globemaster III at Ali Al Salem Air Base, Kuwait, Aug. 27, 2022. The 816th EAS conducts rapid global mobility operations vital to the multinational coalition effort dedicated to militarily defeating the Islamic State group of Iraq and Syria. (U.S. Air Force photo by Master Sgt. Matthew Plew)

図16 C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:M1A2 Abrams

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

M1A2 Abramsの諸元については、以下のUnited States Army Acquisition Support Center (USAASC:米国陸軍調達支援センター)のWebサイトをご参照ください。

  • 戦闘重量で、M1A2 SEPv2が71.2(トン)、最新のM1A2 SEPv3では73.6(トン)です。

下図は、パレットに梱包された貨物(数百箱の粉ミルクのパレット積み)を搭載した写真です。

C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:貨物

Ramstein AB Airmen prepare infant formula shipments A C-17 Globemaster III assigned to Joint Base Pearl Harbor-Hickam, Hawaii carries pallets of infant formula at Ramstein Air Base, Germany, May 22, 2022. Hundreds of boxes of infant formula arrived from Switzerland and were unloaded, palletized and loaded on a C-17 for transport during Operation Fly Formula, an operation to quickly import infant formula to the United States that meets U.S. health and safety standards. (U.S. Air Force photo by Staff Sgt. Jacob Wongwai)

図17 C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:貨物

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は、大型車(燃料車両)が自走してC-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIに乗り込んでいる写真です。

C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:大型車両

Dover AFB’s first Multi-Capable Airmen team sinks claws into Razor Talon A fuel truck is loaded onto a Dover Air Force Base C-17 Globemaster III during exercise Razor Talon at Seymour Johnson AFB, North Carolina, March 23, 2021. Mobility Airmen participated in exercise Razor Talon to enhance readiness and assist in implementation of the Agile Combat Employment concept across the Air Force. (U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Faith Schaefer)

図18 C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:大型車両

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

フレア

下図は、C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIから、フレア(照明弾)を投下している写真です。

C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:フレア投下

315th Airlift Wing Flare Drop A C-17 Globemaster III assigned to Joint Base Charleston deploys flares as part of a training event over the Atlantic Ocean in a military operating area outside Charleston, S.C., June 5, 2021. The C-17 is capable of rapidly and strategically delivering troops and all types of cargo to MOAs or forward-operating bases in deployment areas. The C-17 can perform tactical airlift and airdrop missions as well as transport litters and ambulatory patients during aeromedical evacuations. (U.S. Air Force photo by Tech. Sgt. Chris Hibben)

図15 C-17 Globemaster(グローバルマスター) III:フレア投下

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIの諸元

米国空軍のWebサイトの情報によると、C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIの主な諸元は以下の通りです。

  • 推力:18,343kgf(エンジン1基あたり)
  • 主翼幅:51.75m(ウィングレット先端まで)
  • 全長:53m
  • 全高: 16.79m
  • 貨物室:全長26.82m、全幅5.48m、全高3.76m
  • 速度:高度8,534メートル上空でマッハ0.74(905km/h)
  • 高度:13,716m(巡航速度)
  • 航続距離:空中給油可能
  • 乗員数:3名(パイロット2名、ロードマスター(loadmaster)1名)
    • ロードマスター(loadmaster)とは、搭載業務や安全な飛行のために重量バランスなどを管理する。
  • 航空医療搬送クルー:航空医療搬送ミッションの場合、クルーは基本5名(フライトナース2名とメディカルテクニシャン3名)
  • 最大離陸重量: 265,352kg
  • 積載量(例):兵員102人、人員36人、外来患者および付添人54人、貨物77,519kg(パレット18台分)
スポンサーリンク

参考リンク:米国空軍と防衛省のWebサイト

米国空軍のWebサイトから、オスプレイについてのリンクを紹介します。

このページの情報を主に本記事をまとめています。

まとめ

C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIは、米国空軍に導入されている大型の輸送機(cargo aircraft)です。

C-17 Globemaster IIIは、米国陸軍の60トン(60,000kg)超えの主力戦車M1A2エイブラムスを空輸可能で、様々なミッションに使用されます。

ここでは、主に米国空軍のWebサイトの情報からC-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIについて以下の項目でまとめました。

  • C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIの用途
    • 高い信頼性と整備性
    • 大きな機体と工夫されたエンジン
    • ミッションによる運用人員
    • 貨物等の積載について
    • 最大積載量や飛行性能
    • 離着陸性能
    • 開発経緯
  • 写真で見るC-17 Globemaster(グローバルマスター) III
    • 機体形状
    • 操縦席
    • 離陸
    • 着陸
    • 空中給油
    • 空中投下
    • 積載いろいろ
    • フレア
  • C-17 Globemaster(グローバルマスター) IIIの諸元
  • 参考リンク:米国空軍と防衛省のWebサイト
はかせ

サイト管理人で記事も書いているモノづくり会社の品証勤務。振動制御で工学博士なれど、いろいろ経験して半世紀。
詳細は「はかせ」をクリック!

はかせをフォローする
航空機いろいろ
スポンサーリンク
はかせをフォローする
実験とCAEとはかせ工房
タイトルとURLをコピーしました