「FreeCAD:FEMもできるオープンソースの3D CAD」

このブログで使っているFreeCADを紹介します。

スポンサーリンク

「FreeCAD」とは

FreeCADはオープンソースの3D CADで、FEM(有限要素法)の機能も含んでいます。

下図は、バットの3Dモデルのメッシュを切った例です。

(FreeCAD Version 0.17を使っています。)

FreeCADによる金属バットのメッシュ例

FreeCADによる金属バットのメッシュ例

FreeCADで固有値解析をやってみるにあたり、ANSYSを使っていたことがあるので固有値解析の流れは知っていたので、触りながらできるだろうと思っていましたが、チュートリアルなどを参考に試行錯誤することになりました。

これだけの機能を無償で使えるとは、良い時代になったものです。

なお、インストール方法やチュートリアルは、ネットで検索すれば出てきますので、今のところこのブログで紹介することは考えていません。

Webサイト(日本語表示)は、以下になります。

FreeCAD: あなたのための 3D パラメトリック・モデラー
FreeCAD, the open source 3D parametric modeler
スポンサーリンク

FreeCAD Version 0.18について

2019年10月にFreeCAD Version 0.18がリリースされています。

FreeCAD Version 0.18の更新情報

FreeCAD Version 0.18の更新情報

バージョンアップ内容の詳細は、以下のリンク先をご参照ください。

参考リンク:Release notes 0.18

見た目が変わった起動画面

早速、インストールして、見た目で変わったところを紹介します。

まず、起動画面が変わりました。

ドキュメントのタブ

FreeCAD Version 0.18のドキュメントのタブ

FreeCAD Version 0.18のドキュメントのタブ

ヘルプのタブ

FreeCAD Version 0.18のヘルプのタブ

FreeCAD Version 0.18のヘルプのタブ

これは便利:ナビゲーション・キューブ

機能追加で「これは便利」と思ったのは、ナビゲーション・キューブの表示追加です。

解析結果の画面表示の状態が分かりやすく、画面表示の切り替えが簡単になりました。

今までは、下図の右下の座標軸だけだったので、ナビゲーション・キューブは、便利だと思います。

FreeCAD Version 0.18のナビゲーション・キューブ

FreeCAD Version 0.18のナビゲーション・キューブ

上図のナビゲーション・キューブの部分を拡大したのが下図です。

私がよいなと感じたのは、次の2点です。

  • 現在表示されているビューがどこなのか目で見て分かる。
  • ビューの切り替えがマウスクリックできる。
FreeCAD Version 0.18のナビゲーション・キューブを拡大

FreeCAD Version 0.18のナビゲーション・キューブを拡大

まとめ

ここでは、FEM解析もできるフリーのFreeCADについて紹介しました。

はかせ

振動制御を学んだおかげで、モデリングと制御系設計、実験・計測、CAEと幅広く学び、出会いとチャンスにも恵まれ工学博士になりました。
CAEが珍しくない今だからこそ、実験やリアルなモノづくりの体験がより重要になっていると考えています。

はかせをフォローする
有限要素法(FEM)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
はかせをフォローする
実験とシミュレーションとはかせ工房
タイトルとURLをコピーしました