IchigoJam-SとIchigoJam BASIC 1.4のキーボード切り替え機能を試す

ガンプラの電飾をきっかけに、久しぶりにIchigoJamを触り始めました。

使いたいと思った時にいちいち接続するのが面倒なので、A4のファイルケースにIchigoJam一式を入れているのですが、持っていたIchigoJamは、キーボードのPS2-USB変換コネクタが邪魔になるため、IchigoJam-Sを購入しました。

ここでは、IchigoJam-Sと最新のIchigoJam 1.4で追加されたキーボード切り替え機能について紹介します。

スポンサーリンク

IchigoJam Sとは

下図が、購入したこどもパソコン「IchigoJam S」のはんだ付け済みの完成品です。

IchigoJam S

IchigoJam S

図1 IchigoJam S

下図は、すでに持っていた「IchigoJam U」です。

  • 下図右上の黒い部分がPS/2コネクタです。
    • PS/2コネクタ上の黒い部分はMapleSyrup(めいぷるしろっぷ)に付属していた絶縁用のゴムシールです。
    • CN5コネクタもMapleSyrup付属品です。
  • 4隅のネジとナットは、付属品ではありません。
IchigoJam U

IchigoJam U

図2 IchigoJam U

見て分かる大きな違いは次の3点です。

  • 上図中央のCPUが面実装タイプに変更
  • 上図右上のPS/2キーボード端子が、USBタイプに変更
  • 付属していた圧電サウンダーが、上図の中央上部に実装済みに変更

これ以外の改良点等を列挙します。

  • スライドスイッチの部品を壊れにくいものに変更
  • 大きさやソケット幅は、従来通りでユニバーサル基板に対応
  • MapleSyrupなど既存の拡張ボードも使用可能

注意点としては、

  • PS/2キーボード用のコネクタがUSBになっていますが、USBキーボードは使えません。
  • USB&PS/2キーボードと明記されているキーボードを使います。
スポンサーリンク

IchigoJam BASIC Version 1.4.2

2020年2月18日に、IchigoJam BASIC version 1.4.2がリリースされています。

IchigoJam 1.4については、以下のページをご参照ください。

待ちに待ったIchigoJam BASICバージョン1.4公開
こどもパソコンイチゴジャムのIchigoJamBASICバージョン1.4がリリースされました。フルカラーLEDを使えたりする機能追加ができた理由や、プログラミング教材として開発されたIchigoDyhook(いちごだいふく)を紹介します。

IchigoJamのファームウェアのアップデートについては、以下のページをご参照ください。

IJUtilitiesによるIchigoJamファームウェアアップデート
たまにしかやらないので毎回調べては試行錯誤しながらIchigoJamのファームウェアを更新していました。備忘録を兼ねてIJUtilitiesとUSB-シリアル変換モジュールを使ったファームウェア更新手順と注意点についてまとめています。
スポンサーリンク

日本語キーボードとUSキーボード切替機能

IchigoJam BASIC version 1.4は、日本語キーボードとUSキーボードを切り替えできるようになっています。

IchigoJamのファームウェアには、

  • 日本語キーボード用
  • USキーボード用
  • 日本語キーボード/USキーボード切り替え可能版

があります。

私の場合は、IchigoJamのファームウェアは、

  • ファイル形式は、hex
  • 使用するモニタは、日本なのでNTSC TV(60fps)
  • USキーボードは、US

となるので、

  • ichigojam-ntsc-uskbd.hex

を選びます。

  • bin形式もありますが、私はhex形式を使っています。

購入した「IchigoJam S」は、日本語キーボード/USキーボード切り替え可能版がインストールされていました。

LRUN3

と打ち込むことで、日本語キーボードとUSキーボードを切り替えることができました。

スポンサーリンク

まとめ

A4ファイルケース一体型にしようと思い「IchigoJam S」を購入しました。

ここでは、以下の項目について説明しました。

  • IchigoJam Sとは
  • IchigoJam BASIC Version 1.4.2
  • 日本語キーボードとUSキーボード切替機能
はかせ

振動制御を学んだおかげで、モデリングと制御系設計、実験・計測、CAEと幅広く学び、出会いとチャンスにも恵まれ工学博士になりました。
CAEが珍しくない今だからこそ、実験やリアルなモノづくりの体験がより重要になっていると考えています。

はかせをフォローする
IchigoJam
スポンサーリンク
スポンサーリンク
はかせをフォローする
実験とシミュレーションとはかせ工房
タイトルとURLをコピーしました