F-15EXイーグルIIから初の実弾AIM-120D空対空ミサイル発射試験成功

2022年1月31日、米国空軍のWebサイトにF-15EX EagleIIが、初のAIM-120Dミサイル実射に成功したとのニュースが掲載されました。

F-15EX イーグルIIは、開発コストや旧型機更新など、技術以外にも難しい問題が多いようですが、運用試験は順調に進んでいるようです。

ここでは、以下の米国空軍のニュースからF-15EX EagleIIの初のAIM-120D実射について写真を使い紹介します。

Eagle II fires first missile during live-fire event
The 40th Flight Test Squadron aircrew and aircraft fired the weapon pursuing a BQM-167 aerial target drone as part of the 53rd Wing’s Combat Archer, an air-to-a...
スポンサーリンク

初めてのAIM-120D実射試験

F-15EXイーグルIIのAIM-120D実射試験を行ったのは、The 40th Flight Test Squadronです。

イーグルIIは、これまでに6か月以上の開発・運用試験を行ってきていますが、今回のAIM-120Dの実射成功は、大きな成果(マイルストーン)だったようです。

イーグルIIの空対空ウェポンシステムの評価プログラム(WSEP:an air-to-air weapons system evaluation program)の1つである戦闘射撃の一部としておこなったAIM-120Dの実射試験です。

AIM-120Dの実弾でドローン(標的機)を射撃して成功しています。

写真で見るAIM-120D実射試験

以下、写真でF-15EXイーグルIIのAIM-120D実射試験の紹介します。

下図は、F-15EXイーグルIIの空対空ウェポンシステムの評価プログラムにおいて、AIM-120D実射試験の出発準備をしている写真です。

F-15EXイーグルIIのAIM-120D初の実射試験準備中

Eagle II fires first missile during live-fire event The 40th Flight Test Squadron’s F-15EX Eagle II prepares to depart for a Weapons System Evaluation Program mission Jan. 25, 2022 at Tyndall Air Force Base, Fla. The aircrew fired an AIM-120 missile during the sortie marking the first live fire from the Air Force’s newest fighter aircraft. The fighter fired the missile at a BQM-167 aerial target over the Gulf of Mexico. (U.S. Air Force photo by 1st Lt. Lindsey Heflin)

図1 F-15EXイーグルIIのAIM-120D初の実射試験準備中

出典:USAF(米国空軍)のWebサイトからの画像

下図は、初のAIM-120Dの実射試験のため飛行中のF-15EXイーグルIIです。

F-15EXイーグルIIのAI-120D初の実射試験(飛行中その1)

Eagle II fires first missile during live-fire event Maj. Benjamin Naumann and Maj. Mark Smith, 40th Flight Test Squadron pilots, fly the F-15EX Eagle II preparing to fire an AIM-120D missile during a Weapons System Evaluation Program mission near Tyndall Air Force Base, Fla., Jan. 25, 2022. This was the first live fire performed from the Air Force’s newest aircraft. (U.S. Air Force photo by Tech. Sgt. John Raven)

図2 F-15EXイーグルIIのAIM-120D初の実射試験(飛行中その1)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイトからの画像

F-15EXイーグルIIのAI-120D初の実射試験(飛行中その2)

Eagle II fires first missile during live-fire event The 40th Flight Test Squadron’s F-15EX Eagle II takes off for a Weapons System Evaluation Program mission at Tyndall Air Force Base, Fla., Jan. 25, 2022 The aircrew aboard fired an AIM-120 missile during the sortie marking the first live firing from the Air Force’s newest fighter aircraft. The fighter fired the missile at a BQM-167 aerial target over the Gulf of Mexico. (U.S. Air Force photo by 1st Lt. Lindsey Heflin)

図3 F-15EXイーグルIIのAIM-120D初の実射試験(飛行中その2)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイトからの画像

下図は、F-15EXイーグルIIから初めて発射されたAIM-120Dです。

F-15EXイーグルIIのAI-120D初の実射試験(発射直後)

Eagle II fires first missile during live-fire event The F-15EX Eagle II fires an AIM-120D missile during a Weapons System Evaluation Program mission near Tyndall Air Force Base, Fla., Jan. 25, 2022. This was the first live fire performed from the Air Force’s newest aircraft. (U.S. Air Force photo by Tech. Sgt. John Raven)

図4 F-15EXイーグルIIのAIM-120D初の実射試験(発射直後)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイトからの画像

標的機のBQM-167

下図は、標的機のBQM-167です。

標的機BQM-167

BQM-167 launches A BQM-167 Air Force Subscale Aerial Target is launched from Tyndall Air Force Base, Fla. The drone provides a threat-representative target for the Air Force Weapon System Evaluation Program. (U.S. Air Force photo/Bruce Hoffman)

図5 標的機BQM-167

出典:USAF(米国空軍)のWebサイトからの画像

BQM-167の仕様は、米国空軍の以下のサイトをご参照ください。

BQM-167A Air Force Subscale Aerial Target
The BQM-167A is a high-performance, remotely-controlled subscale aerial target used to provide a threat-representative target drone to support the Air-to-Air We...
スポンサーリンク

AIM-120D AMRAAMについて

AMRAAM(Advanced Medium-Range Air-to-Air Missile)は、アムラームと呼ばれています。日本語なら「発展型中距離空対空ミサイル」ということで、単一のミサイルというより、逐次改良されています。

AIM-120の主な特徴を列挙します。

  • AIM-7(スパロー)の後継
  • 撃ちっぱなし能力を持つ(戦闘機からの発射後、戦闘機は離脱し自立誘導で目標に向かう)
  • F-15A-E、F-16A-D、F-35、F-22で使用できる。
AIM-120D:F-15CによるAIM-120Cの実射

Launch TYNDALL AIR FORCE BASE, Fla. –Capt. Scott Stadelman, an F-15C Eagle pilot assigned to the 19th Fighter Squadron, Elmendorf AFB, Alaska, fires an AIM-120C Advanced Medium Range Air-to-Air Missile. Stadelman deployed here to participate in an Air-toAir Weapons System Evaluation Program mission called Combat Archer. (U.S. Air Force photo by Tech. Sgt Michael Ammons)

図6 AIM-120D:F-15CによるAIM-120Cの実射

出典:USAF(米国空軍)のWebサイトからの画像(加工しています)

AIM-120Dについては、米国空軍の以下のサイトをご参照ください。

AIM-120の仕様については、以下のサイトをご参照ください。

スポンサーリンク

まとめ

F-15EXイーグルIIは、開発コストや旧型機更新など、技術以外にも難しい問題が多いようですが、運用試験は順調に進んでいるようです。

ここでは、米国空軍のニュースからF-15EX EagleIIの初のAIM-120D実射について以下の項目で説明しました。

  • 初めてのAIM-120D実射試験
    • 写真で見るAIM-120D実射試験
    • 標的機のBQM-167
  • AIM-120D AMRAAMについて
タイトルとURLをコピーしました