2021年10月、F-15EXとAdvanced F-15のエンジンはGE製に決定

2021年10月29日、米国空軍のWebサイトにF-15EX EagleIIを含むAdvanced F-15のGeneral Electric製エンジンの契約締結のニュースが掲載されました。

開発コストと納期、旧型機の更新と新型機の導入、難しい問題が多いようですが、F-15EX EagleIIの開発、運用試験は順調に進んでいるようです。

ここでは、以下の米国空軍のニュース内容を主にF-15EX EagleIIについて紹介します。

US Air Force awards F-15EX engine contract
The United States Air Force awarded a ,579,662,187 contract to General Electric, GE Edison Works, Cincinnati, Oct. 29, for the purchase of 29 engines — instal...
スポンサーリンク

F-15EX EagleIIを含むAdvanced F-15用エンジンの契約内容

エンジンのメーカーは、General Electric社(GE Edison Works)で、契約内容は次の通りです。

  • F-15EXイーグルII 12機分のエンジン29基の購入(予備エンジン5基を含む)
  • 契約額は、1,579,662,187ドル(1ドル114円換算で、約1,800億円)
  • 納入開始は、2023年10月

この契約には、7つのオプションが含まれており、計画通り進むと2031年に329基のエンジンが納入予定となっています。

今後10年間で、F-15EX EagleII 136機(エンジンは272機)に供給予定です。

General Electric F110-129型エンジン:Hush House Uninstalled Engine Run

An uninstalled General Electric F110-129 jet engine sits in full afterburner while performing functional checks at the 148th Fighter Wing Minnesota Air National Guard Hush House, Duluth, Minn., Feb.17, 2021. A hush house is an enclosed, noise-suppressed facility used for testing aircraft systems, including propulsion mechanics, electronics and pneumatics. (U.S. Air National Guard photo by Audra Flanagan)

図1 General Electric F110-129型エンジン:Hush House Uninstalled Engine Run

スポンサーリンク

F-15EX EagleIIの特徴

F-15EX EagleIIは、F-15の最新型で従来型に比べ次の様なアップグレードがなされています。

  • フライ・バイ・ワイヤ制御
  • デジタル・コックピット・ディスプレイ
  • 高度なアビオニクス
  • イーグル・パッシブ/アクティブ・ウォーニング・サバイバビリティ・システム(EPAWSS)

また、F-15EX EagleIIは、高速の光バスを備えたOMS(Open Mission Systems)設計となっいます。このデジタルバックボーンにより、新しい機能や将来追加される機能を迅速に導入することができるようになっています。

F-15EX EagleII

370th Flight Test Squadron conducts air refueling operations with F-15EX Eagle II’s An F-15EX Eagle II assigned to the 40th Flight Test Squadron, 96th Test Wing, Eglin Air Force Base, Fla., conducts aerial refueling operations above Northern California, May 14, 2021. The aircraft participated in exercise Northern Edge 21 in Alaska earlier this May. (U.S. Air Force photo by Ethan Wagner)

図2 F-15EX EagleII

F-15C/Dの後継機としてのF-15EX EagleII

F-15EXは、これまでに30年以上使用されてきているF-15C/Dの後継機として設計されています。

はかせ
はかせ

現時点で航空自衛隊のF-15がどうなるかは未定のようですが、改修(アップグレード)よりは新規購入の方が良さそうな気もしますが、これまでの諸々の事情もありコストだけの話ではないようです。

スポンサーリンク

F-15EX EagleIIのエンジン選定理由

F-15用のエンジンにはP&W製もあるのですが、今回F-15EX EagleIIのエンジン(F110-129型)はGeneral Electric製が選択されました。

コストと納期は、ステルス機(F-22やF-35)開発に限らず、米国空軍でも非常に大きな課題であり問題でもあります。

F-15EX EagleIIのエンジン選定についても、エンジンに求められる要求と製造コストの削減そして納期にも積極的に取り組み、F-15EX EagleIIの速やかな導入を図るため、次の2点の両立を狙っているようです。

  • 老朽化したF-15C/Dの後継機として、維持費を削減し、リスクを低減
  • 既存および将来のTACAIR(tactical air:戦術航空)ポートフォリオを補完する新しい能力の獲得

以下、私見ですが、

  • F-15は優れた設計で寿命の長い機体ですが、同時に老朽化の問題にもなっています。
  • ステルス機は新しい戦い方を実現しましたが、調達機数や稼働率の制約もあり、F-15などを含めた統合戦力の発揮が必要になっています。
  • コストと納期(開発、量産スケジュール)は、米国空軍への導入スケジュールにも影響する現実的に重要です。

まさに、国家戦略に基づき科学的なエビデンスをもって説明できないと、予算獲得だけでなく予算執行も難しいプロジェクトだと考えています。

スポンサーリンク

まとめ

2021年10月29日、米国空軍のWebサイトでF-15EX EagleIIを含むAdvanced F-15のGeneral Electric製エンジンの契約締結のニュース発表がありました。

ここでは、以下の米国空軍のニュース内容を主にF-15EX EagleIIについて以下の項目で紹介しました。

ここでは、

  • F-15EX EagleIIを含むAdvanced F-15用エンジンの契約内容
  • F-15EX EagleIIの特徴
    • F-15C/Dの後継機としてのF-15EX EagleII
  • F-15EX EagleIIのエンジン選定理由
はかせ

振動制御を学ぶことで実験・計測とCAE、モデリングに制御と幅広く学び、出会いとチャンスにも恵まれ工学博士になりました。
CAEが珍しくない今だからこそ、実験やリアルなモノづくり体験が必要だと考えています。

はかせをフォローする
F-15EXイーグルII
スポンサーリンク
はかせをフォローする
実験とCAEとはかせ工房
タイトルとURLをコピーしました