F-15CとF-15Eを含めたF-15EX Eagle II初の大規模運用試験実施

2021年3月から4月に米国空軍に納入された2機のF-15EX Eagle IIの初期運用試験と評価は、順調に進んでいるようです。(運用試験は、自衛隊なら実用試験に相当すると思います。)

ここでは、2021年10月の米国空軍のニュース記事から、現在のF-15EX Eagle IIの試験状況について、米国空軍のWebサイトの情報と写真を使い紹介します。

スポンサーリンク

F-15C、F-15Eと組み合わせたF-15EX Eagle IIの運用テスト

2021年10月18日から25日の間、ネリス空軍基地(Nellis Air Force Base)のAFOTEC (Air Force Operational Test and Evaluation Center)で、F-15C、F-15EとF-15EXを組み合わせた初めての大規模な運用試験が実施されました。

2021年3月にF-15EX初号機が米国空軍に納入されてまだ半年、これまで本格的な大規模運用試験は行われていませんでしたが、運用試験自体はとても速く進んでいるようです。

F-15EXは、F-35ライトニングII、F-16ファイティングファルコン、A-10サンダーボルトIIに加えて、第6世代の戦闘機プログラムにも組み込まれる予定です。これは、航空機群のスリム化を目的とした4プラス1コンセプト(the four-plus-one concept )の一環です。

これまで、F-15EXは、機体に要求されている仕様と安全基準を遵守するための一連の開発試験を行うと共に、アラスカで行われたノーザンエッジ演習において、作戦行動を行ってきました。

F-15C、F-15Eを含めた運用試験の目的

現在進められている運用試験と評価の目的は、強大な脅威のある環境下で、エンド・ツー・エンドの観点からプラットフォームを初めて実際に試験することです。

この評価結果により、戦闘航空団や警備隊に対して、初めてのフィールドでのプラットフォームの能力を正確に示すことができます。

F-15CやF-15Eと一緒に運用試験をする目的は、F-15EXとの次の様な違いを明らかにすることです。

  • F-15EXは、デジタル・フライト・コントロール・システムを採用した、デジタル・フライ・バイ・ワイヤを採用している。
  • F-15Cは、パイロットがコントロールする標準的なハイドロ・メカニカル機でしたが、現在はコンピュータが機体をコントロールしている。

さらに、機体の運用試験に加えて、イーグル・パッシブ・アクティブ・ウォーニング・サバイバビリティ・システム(EPAWS:Eagle Passive Active Warning Survivability System)の試験も行っています。

EPAWSシステムとは、次の様なものです。

  • 第6世代の高度な電子攻撃および電子防御システム
  • より高度な脅威や空中からの攻撃を受けるような状況でも、自己防衛や自己妨害ができるようになる。
  • 現在、F-15EXとストライクイーグルで試験・開発を行っており、比較的近い将来に実戦配備されることが期待されている。

ネリス空軍基地での運用試験のメリット

ネリス空軍基地は、空対空、地対空の訓練に最適な場所であり、システムが機能したかどうかを確認するための最良のデータを得られるため、運用試験を行うのに最適な場所です。

例えば、テストパイロットが試験現場で飛行機は当然のように機能していると思っていても、データを調べるとパイロットの記憶とは違っていることがあります。

ネリス空軍基地でのメリットを列挙します。

  • 航空機の性能を瞬時にフィードバックできる。
  • データを引き出して詳細に分析し、起こっていることを確認できる。
  • 問題を発見し、そのデータを使って修正策を見つけ、できるだけ速く対策を実行できる。

今後のF-15EX Eagle IIの開発試験について

初の大規模な運用試験が終わると、2021年の残りの期間と2022年に向けて、開発テストに移行し、追加の武器ステーションやオペレーショナル・フライト・プログラムのアップグレードなど、プラットフォームの追加能力の試験が続きます。

これらの試験が終わると、Red Flag-Nellisのような演習に参加するのではないかと思われます。

今までのところ、F-15EXをより多くの状況下に置けば置くほど、より良い情報を得ることができているようです。

米国空軍にとって、複数の異なる種類の戦闘機を連携させて、より強力な戦力とするためには、これらの統合がおそらく重要だのだと思われます。

スポンサーリンク

写真で見るF-15EX

ここから、米国空軍のWebサイトの写真を使って、F-15EX Eagle IIの運用試験の様子を紹介します。

ネリス空軍基地のF-15EX テスト部隊のパッチ(ワッペン)

まずは、F-15EX Eagle IIのテスト部隊のパッチ(ワッペン)から 

F-15EXイーグルIIの試験を実施しているネリス空軍基地のテスト部隊のパッチ(ワッペン)

The F-15EX Integrated Test & Evaluation 2021 Test Patch worn by Lt. Col Wes Turner during testing at Nellis Air Force Base, Nevada, Oct. 20, 2021. Turner will be conducting F-15EX Eagle II test and evaluation operations. (U.S. Air Force photo by William R. Lewis)

図1 F-15EX undergoes first operational test mission at Nellis AFB:F-15EX運用試験を実施しているネリス空軍基地のテスト部隊のパッチ(ワッペン)

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像(トリミングしています)

はかせ
はかせ

1980年代、当時在籍していた運動部でブレザーのワッペンを作ることになり、横須賀のドブ板にあった専門店に頼み作りました。当時の価格で1万円を少し出た覚えがあります。当時学生だったので背伸びした感じででしたが、完成品の刺繍されたワッペンをみて大満足したことを思い出します。

2021年10月15日:F-15EX Eagle IIとKC-135の空中給油

下図は、空中給油機KC-135の後方で待機するF-15EXとF-15Cです。

写真のタイトルは、いずれも「Eagles and Okies」。Okiesは、オクラホマにある空中給油部隊のことです。

空中給油機KC-135の後方のF-15EXとF-15C

Three F-15Cs and an F-15EX assigned to the 85th Test and Evaluation Squadron, Eglin Air Force Base, Florida, fly in formation behind a KC-135 assigned to the 465th Air Refueling Squadron, Tinker AFB, Oklahoma, Oct. 15, 2021. (U.S. Air Force photo by 2nd Lt. Mary Begy)

図2 空中給油機KC-135の後方のF-15EXとF-15C

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

A F-15EX assigned to the 85th Test and Evaluation Squadron, Eglin Air Force Base, Florida, flies behind a KC-135 assigned to the 465th Air Refueling Squadron, Tinker AFB, Oklahoma, Oct. 15, 2021. In-air refueling allows fighter aircraft to stay airborne for longer periods of time without having to land to refuel. (U.S. Air Force photo by 2nd Lt. Mary Begy)

図3 空中給油機KC-135の後方のF-15EX

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

空中給油機KC-135のノズルとF-15EX

An F-15EX assigned to the 85th Test and Evaluation Squadron, Eglin Air Force Base, Florida, receives fuel from a KC-135 assigned to the 465th Air Refueling Squadron, Tinker AFB, Oklahoma, Oct. 15, 2021. In-air refueling allows fighter aircraft to stay airborne for longer periods of time without having to land to refuel. (U.S. Air Force photo by 2nd Lt. Mary Begy)

図4 空中給油機KC-135のノズルとF-15EX

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

下図は空中給油中の写真です、空中給油機KC-135とF-15EXは両機とも空中で飛行中、1本の燃料給油パイプで接続されていますが、空中給油のメカニズムとパイロットの操縦技術も共にすごいと思います。

空中給油機KC-135で給油中のF-15EX

An F-15EX assigned to the 85th Test and Evaluation Squadron, Eglin Air Force Base, Florida, receives fuel from a KC-135 assigned to the 465th Air Refueling Squadron, Tinker AFB, Oklahoma, Oct. 15, 2021. In-air refueling allows fighter aircraft to stay airborne for longer periods of time without having to land to refuel. (U.S. Air Force photo by 2nd Lt. Mary Begy)

図5 空中給油機KC-135で給油中のF-15EX

出典:USAF(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

スポンサーリンク

2021年10月21日:運用試験中のF-15EX Eagle II

ネリス空軍基地で運用試験中のF-15EX Eagle IIの写真です。

下図では、尾翼に001、002が確認できますので、奥の2機がF-15EX、手前の2機はF-15Eです。

運用試験に使われているF-15

F-15EX undergoes first operational test mission at Nellis AFB : Two F-15E Strike Eagles and two F-15EX Eagle II aircraft assigned to 53rd Wing, Eglin Air Force Base, sit on the ramp at Nellis Air Force Base, Nevada. The aircraft are at Nellis AFB to conduct Integrated Operational Test and Evaluation along with F-15C aircraft from the 123rd Fighter Squadron, Portland Air National Guard Base, Oregon. (U.S. Air Force photo by William R. Lewis)

図6 運用試験に使われているF-15

出典:AAFB(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

運用試験中のF-15EX Eagle II

96th Test Wing aircraft : An F-15EX Eagle II aircraft assigned to 96th Test Wing, Eglin Air Force Base, Florida taxis towards the runway prior to take off at Nellis Air Force, Nevada, Oct. 21, 2021. The aircraft are at Nellis AFB to conduct Integrated Test and Evaluation along with F-15C aircraft from the 123rd Fighter Squadron, Portland Air National Guard Base, Oregon. (U.S. Air Force photo by William R. Lewis)

図7 運用試験中のF-15EX Eagle II

出典:AAFB(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

運用試験中のF-15EX Eagle II:横から

F-15EX undergoes first operational test mission at Nellis AFB : An F-15EX Eagle II Fighter Jet assigned to the 40th Flight Test Squadron, taxis before taking off from Nellis Air Force Base, Nevada, Oct. 20, 2021. Aircraft from Nellis AFB, Eglin AFB Florida, and the Oregon Air National Guard are providing support for the Test and Evaluation of the F-15EX in operationally realistic scenarios to determine how effective and suitable the aircraft is at accomplishing its air-to-air mission for future Air Force use. (U.S. Air Force photo by William R. Lewis)

図8 運用試験中のF-15EX Eagle II:横から

出典:AAFB(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

運用試験中のF-15EX Eagle II:後方から

F-15EX undergoes first operational test mission at Nellis AFB : An F-15EX Eagle II fighter jet assigned to the 40th Flight Test Squadron, Eglin Air Force Base, Florida, taxis before taking off from Nellis Air Force Base, Nevada, Oct. 20, 2021. Aircraft from Nellis AFB, Eglin AFB and the Oregon Air National Guard are providing support for the Test and Evaluation of the F-15EX in operationally realistic scenarios. This testing will help determine how effective and suitable the F-15EX is at accomplishing its air-to-air mission. (U.S. Air Force photo by William R. Lewis)

図9 運用試験中のF-15EX Eagle II:後方から

出典:AAFB(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

運用試験中のF-15EX Eagle II:離陸かな(エアブレーキなしなので)

96th Test Wing aircraft : An F-15EX Eagle II Fighter Jet assigned to the 40th Flight Test Squadron, Eglin Air Force Base, Florida, takes off from Nellis Air Force Base, Nevada, Oct. 21, 2021. Aircraft from Nellis AFB, Eglin AFB, and the Oregon Air National Guard are flying in support for the Integrated Test and Evaluation of the F-15EX in operationally realistic scenarios. (U.S. Air Force photo by William R. Lewis)

図10 運用試験中のF-15EX Eagle II:離陸

出典:AAFB(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

スポンサーリンク

まとめ

2021年3月から4月に米国空軍に納入された2機のF-15EX Eagle IIの初期運用試験と評価は、順調に進んでいるようです。

ここでは、2021年10月の米国空軍のニュース記事から、現在のF-15EX Eagle IIの試験状況について、米国空軍のWebサイトの情報と写真を使い以下の項目で紹介しました。

ここでは、

  • F-15C、F-15Eと組み合わせたF-15EX Eagle IIの運用テスト
    • F-15C、F-15Eを含めた運用試験の目的
    • ネリス空軍基地での運用試験のメリット
    • 今後のF-15EX Eagle IIの開発試験について
  • 写真で見るF-15EX
    • ネリス空軍基地のF-15EX テスト部隊のパッチ(ワッペン)
    • 2021年10月15日:F-15EX Eagle IIとKC-135の空中給油
    • 2021年10月21日:運用試験中のF-15EX Eagle II
はかせ

振動制御を学ぶことで実験・計測とCAE、モデリングに制御と幅広く学び、出会いとチャンスにも恵まれ工学博士になりました。
CAEが珍しくない今だからこそ、実験やリアルなモノづくり体験が必要だと考えています。

はかせをフォローする
F-15EXイーグルII
スポンサーリンク
はかせをフォローする
実験とCAEとはかせ工房
タイトルとURLをコピーしました