F-15EXノーザンエッジ21で運用テストと大規模な部隊統合を初公開

2021年3月に初号機、4月に2号機が納入されたばかりのF-15EXですが、ノーザン・エッジ21において運用テストと大規模な部隊統合を初公開されたそうです。

ノーザン・エッジ21とはF-15やF-35の他爆撃機や空母も含む大規模演習です。

主にAIR COMBAT COMMAND(米国空軍)のニュース記事からノーザン・エッジ21とF-15EXの参加目的などを紹介します。

53rd Wing gears up for Northern Edge 21
More than 25 aircraft, and hundreds of Airmen, from across the 53rd Wing are headed to Alaska in support of Northern Edge 21, INDOPACOM’s premier bi-annual exer...
スポンサーリンク

ノーザン・エッジ2021に参加するF-15EX改めイーグルII

AIR COMBAT COMMAND(米国空軍)の以下のニュース記事から説明します。

例によってDeepLで翻訳した原稿を元に意訳していますので、正確な内容を知りたい場合には、以下の出典をご参照ください。

出典:53rd Wing gears up for Northern Edge 21

記事は2021年4月29日のもので、タイトルは「ノーザン・エッジ21に向け準備を進める第53航空団(53rd WG)」となります。

以下の写真は、F-15EXイーグルIIです。

F-15EX takes flight

A U.S. Air Force F-15EX Eagle II from the 85th Test and Evaluation Squadron, 53rd Wing, takes flight for the first time out of Eglin Air Force Base, Fla., April 26, 2021, prior to departure for Northern Edge 2021. The F-15EX brings next-generation combat technology to a highly successful fighter airframe that is capable of projecting power across multiple domains for the Joint Force. (U.S Air Force photo by 1st Lt Savanah Bray)

図1 F-15EXイーグルII

出典:AIR COMBAT COMMAND(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

上記写真の解説は以下の通りです。

2021年4月26日、ノーザン・エッジ21への出発に先立ち、フロリダ州のエグリン空軍基地から第85試験評価飛行隊の米空軍F-15EXイーグルIIが登場。

F-15EXは、大成功を収めた戦闘機(F-15イーグル)の機体に、次世代の戦闘技術をもたらし、統合軍のために複数の領域にわたって能力を発揮することができます。

撮影:米国空軍 大尉 Savanah Bray

それではニュース記事の内容を紹介します。

エグリン空軍基地(フロリダ州)から。

2021年5月3日から14日にかけて行われるINDOPACOMの主要な演習「ノーザン・エッジ21」を支援するため、第53飛行隊の25機以上の航空機と数百人の飛行士がアラスカに向かっています。

INDOPACOMとは:

米国のインド太平洋軍(U.S. Indo-Pacific Command

担当地域は、こちらを参照してください。

2021年5月3日から14日にかけて行われるINDOPACOMの主要な演習「ノーザン・エッジ21」を支援するため、第53飛行隊の25機以上の航空機と数百人の飛行士がアラスカに向かっています。

ノーザンエッジは、戦闘航空部隊の精鋭にとっては訓練場ですが、第53飛行隊にとっては、戦闘機、爆撃機、RPA、偵察機などのプラットフォームを対象に、ユニークで複雑な環境下でソフトウェア、ハードウェア、戦術をテストする絶好の機会となります。

ノーザン・エッジ21で注目すべき取り組み(テスト)には以下のものがあります。

  • F-15Cのソフトウェアと飽和環境下でのIRSTのテスト
  • F-15Eのソフトウェア、EPAWSS、および先進兵器のデモンストレーション
  • F-15EXの運用テストと大規模な部隊統合の初公開
  • F-35の新しいソフトウェアによる高度な戦術
  • B-52長距離極超音速爆撃機との統合
  • MQ-9の自動離着陸とハイエンド戦闘能力のテスト
  • U-2通信ゲートウェイのテスト

中でも、第4世代(F-15など)、第5世代(F-35)の統合は重要な目標であり、第53航空団は、F-15EX/F-35の統合による新たな戦場での相乗効果を発見し、検証することを期待しています。

ノーザンエッジでは実戦に近い環境で、様々なテストや戦術が使われ、その効果を確認することができる貴重な舞台ともなっています。

スポンサーリンク

ノーザン・エッジ21の主な参加部隊と装備

ノーザンエッジには、空母USSセオドア・ルーズベルト(CVN-71)などの艦艇の他、第53航空団の参加部隊は、以下の通りです。

  • 85th Test and Evaluation Squadron, Eglin AFB, Fla. (F-15C, F-15EX)
  • 422nd Test and Evaluation Squadron, Nellis AFB, Nev. (F-15E, F-35)
  • 556th Test and Evaluation Squadron, Creech AFB, Nev. (MQ-9)
  • 49th Test and Evaluation Squadron, Barksdale AFB, La. (B-52)
  • 53rd Test Management Group, Det 5, Beale AFB, Calif. (U-2)

空母と主な航空機等の写真は以下の通りです。

まずは空母から、まるで島です。

空母USSセオドア・ルーズベルト(CVN-71)

PACIFIC OCEAN (April 29, 2021) Two F/A-18 Super Hornets assigned to Carrier Air Wing (CVW) 11 launch from the flight deck of the aircraft carrier USS Theodore Roosevelt (CVN 71), April 29, 2021. The Theodore Roosevelt Carrier Strike Group is on a scheduled deployment conducting routine operations in U.S. 3rd Fleet. (U.S. Navy photo by Mass Communication Specialist 3rd Class Erik Melgar)

図2 空母USSセオドア・ルーズベルト(CVN-71)

出典:PACIFIC AIR FORCES(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

F-15EX EagleII:AF’s first F-15EX arrives at Eglin

Lt. Col. Richard Turner, 40th Flight Test Squadron commander, and Lt. Col. Jacob Lindaman, 85th Test and Evaluation Squadron commander, deliver the first F-15EX to its new home, Eglin Air Force Base, Florida, 11 March, 2021. The 40th FLTS took possession of EX1 and the 85th TES will own EX2 upon its arrival. Squadron aircrews and testers will work together to complete the combined developmental and operational testing simultaneously. (U.S. Air Force photo by Tech. Sgt. John McRell)

図3 F-15EX EagleII:AF’s first F-15EX arrives at Eglin

出典:EGLIN AIR FORCE BASE(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>からの画像

F-15E :Combat Archer 19-12: Evaluation through integration, employment

An F-15E Strike Eagle fighter jet assigned to the 422nd Test and Evaluation Squadron, Nellis Air Force Base, Nev., takes off during Combat Archer 19-12 at Tyndall AFB, Fla., Sept. 24, 2019. The F-15E is a dual-role fighter designed to perform air-to-air and air-to-ground missions. (U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Bailee A. Darbasie)

図4 F-15E :Combat Archer 19-12: Evaluation through integration, employment

出典:AFNWC(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>から。

F-35:Black Flag

An F-35 from 422nd Test and Evaluation Squadron refuels over the Nevada Test and Training Range on November 17, 2020 for Large Force Test Event 20.03. LFTE 20.03 is a premier joint operational test event hosted by the 53rd Wing that validates tactics in a combat relevant environment. (U.S. Air Force photo by 1st Lt Savanah Bray)

図5 F-35:Black Flag

出典:NELLIS AIR FORCE BASE(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>から。

MQ-9リーパー、軍用無人機です。写真ではあまり大きさを感じませんが意外に大きいです。

MQ-9:556th TES successfully launch, land first Creech AFB ATLC test

An MQ-9 Reaper performs an automated takeoff at Creech Air Force Base, Nevada, Feb. 26, 2021. The Automatic Takeoff and Landing Capability (ATLC) is possible through software enhancements, which allow the pilot to activate and monitor a pre-planned mission profile. (U.S. Air Force photo by Staff Sgt.

図6 MQ-9:556th TES successfully launch, land first Creech AFB ATLC test

出典:CREECH AIR FORCE BASE(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>から。

B-52爆撃機です。こちらもとても大きいです。地上で主翼を支えるため、主翼の両端付近には翼を支える車輪が装備されています。

B-52:U.S. B-52s Cross Atlantic for BTF Mission Supporting NATO

A B-52H Stratofortress from Barksdale Air Force Base, Louisiana, prepares to land, Aug. 26, 2020, at Minot Air Force Base, North Dakota. As the only other B-52 base, Minot has considerable infrastructure and support to ensure the Air Force Global Strike Command mission is not impacted.

図7 B-52:U.S. B-52s Cross Atlantic for BTF Mission Supporting NATO

出典:BARKSDALE AIR FORCE BASE(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>から。

U-2偵察機です。車輪自転車のように車体中央に装備されているため、離着陸には操縦技量が必要になるそうです。SR-71とはまた別の発想の偵察機です。

U-2:Civilian U-2 Instructor Pilots, Making History and Training the Nation's Future Fleet of U-2 Pilots

A U-2 Dragon Lady piloted by retired Lt. Col. Jonathan Huggins, 1st Reconnaissance Squadron U-2 instructor pilot, flies over Beale Air Force Base, California July 31, 2020. The bicycle-type landing gear and low-altitude handling characteristics of the U-2 require precise control inputs during landing. (U.S. Air Force photo by Airman 1st Class Luis A. Ruiz-Vazquez)

図8 U-2:Civilian U-2 Instructor Pilots, Making History and Training the Nation’s Future Fleet of U-2 Pilots

出典:BEALE AIR FORCE BASE(米国空軍)のWebサイト<Home > News > Photos>から。

スポンサーリンク

まとめ

2021年3月に初号機、4月に2号機が納入されたばかりのF-15EXですが、ノーザン・エッジ21において運用テストと大規模な部隊統合を初公開されたそうです。

ノーザン・エッジ21とはF-15やF-35の他爆撃機や空母も含む大規模演習です。

ここでは、主にAIR COMBAT COMMAND(米国空軍)のニュース記事からノーザン・エッジ21に参加している空母や航空機の写真を加えて以下の項目で説明しました。

  • ノーザン・エッジ2021に参加するF-15EX改めイーグルII
  • ノーザン・エッジ21の主な参加部隊と装備
はかせ

振動制御を学んだおかげで、モデリングと制御系設計、実験・計測、CAEと幅広く学び、出会いとチャンスにも恵まれ工学博士になりました。
CAEが珍しくない今だからこそ、実験やリアルなモノづくりの体験がより重要になっていると考えています。

はかせをフォローする
好きな飛行機
スポンサーリンク
スポンサーリンク
はかせをフォローする
実験とシミュレーションとはかせ工房
タイトルとURLをコピーしました